爆笑問題が芸人先生でIEバランスのとれたプレゼン講座!理屈だけでなく感情で人の気持ちを動かすコツを‼

人は擬人化しないと何かを愛せない

2019年8月19日(月)の「芸人先生」は”爆笑問題の“ちゃんと上手に褒めていますか?”講座”でした。

「上手に褒めてますか?」という言葉で、太田さんが普段番組で誰かを上手に褒めてるイメージはあまりない気がし、田中さんが大好きなアイドルの方や共演者を褒めてるイメージなので、田中さん主導の講義⁈と思いましたが、やはり太田さん主導の講義でした。

太田さん、直近では”NHKから国民を守る党(N国)”代表の立花孝志参院議員(52)の言動を厳しく批判したり、あおり運転の宮崎容疑者と交際相手の”ガラケー女”喜本容疑者の「手つながせてください。」をマネしたりと、本質的なことについては物言いをし、少しでも笑いになるところは笑いにしていっており、でも、上手に褒めてる???

放送での爆笑問題さんの講義をきくことで、「どうすれば、商品を魅力的にプレゼンできるか?」と悩む社員に、相手に共感してもらえるプレゼンのコツを伝授されており、「そういうことか!」と確かにビジネスにも活かせると納得できますので紹介します。

<Sponserd Link>



IEバランスのとれたプレゼンをするには

共感させることが大事

「自分はどうなの?」という感じだと伝わってこないですよね。

田中さん「共感したいという感じを営業の時にもいれていくといいかもしれない」

太田さん「女子高生がつまらないことでゲラゲラ笑うじゃない」「『かわいい~、タピオカ~』みたいな」とか言ってることに対して理解できないけど、感動した事実は本当だから、揺るがない」

感動したときの同じ気持ちにお客をすることは難しいかもしれないけど大事という。

説明がうまくいかないと共感まで持っていけない。

おもしろいことって深夜に思いつくことが多いけど、朝起きたらなんだそれと思うことが多いけど、深夜のテンションにお客を持っていけたら共感が生まれるn

商品が喜ぶように褒める

田中さん「相手じゃなくて、商品が喜ぶように褒めるということなんです」

太田さん「愛着って擬人化だから、結局」「人間って、擬人化しないと何かを愛したりできいんだよね」と。

そこで、商品が喜ぶように褒めることが大事ということのお手本で、太田さんの好きな人、モノを太田さんがプレゼンをしてくれました。

爆笑問題太田さんが好きなもの

出典:NHK

豆腐(ポン酢)、お茶、ポテトチップスのりしおと3つものお手本を見せてくれます。

もったいぶることもなく、大っぴらな感じで、太田さんらしいですね。

<Sponserd Link>


カリスマコンサルタントが爆笑問題の講座を後押し

カリスマコンサルタントの和田さんが、爆笑問題の講座を後押しし、言葉によって付加価値をプレゼンを教え下さいました。

商品のプレゼンというものは心を伝えることが非常に重要なのです。なぜなら人は理屈で動くのではなく感情で動くからなのです。

感情を上手に取り入れるプレゼンをIEバランスと言います。Iは情報、InformationでEは感情、Emotionのこと。

通販業界では物を売るのが非常に上手なことで有名なジャパネットタカタさんは、例えば、デジタルカメラを販売する時に性能だけでなく「お子様だけの写真を撮らないんでほしいんです、ご両親も一緒に撮ってください」「なぜかというと、大きくなったときに一緒に思い出に残ってるから、どんなに大事に育てられたか愛情を感じますよね?」と感情を動かすトークをするのです。

「きれいにとれます」「画素数が」「軽い」などのスペックだけでは動かなかったものが、言葉の感情を入れることによって爆発的に売れるんです。

<Sponserd Link>



最後に

確かに、太田さんの意見って結構いい意味で話題に上がりますよね。多くの人が共感する意見だからと思います。

太田さんの好きなものに牧野ステテコさんの名前があります。

実は、2017年12月に放送されたラジオで太田さんが、「THE W」準優勝のポールダンスをネタにした牧野を見て「ひっくり返っちゃった」「目に焼き付いちゃって」「逸材だね。アレはすごいわぁ」と感心していたということですが、今も変わらず好きなんですね。

わたしとしてはステテコさんのプレゼンをやってほしかったですが、十分におもしろく、IEバランスを意識したプレゼンも為になりそうでしたので、今回はヨシとすることにします。

<Sponserd Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK