アンジャッシュ渡部が講義、相手を気持ちよくするには「聞き上手」だけでなく「質問上手」で。

相手をどう気持ちよくさせるか

2019年4月8日(月)22:50~NHK Eテレ”芸人先生”でアンジャッシュが大手航空会社ANAで先週の1時限目はブランディングについての講座をしていましたが、今回2時限目ではコミュニケーション術の講義をしました。

最初に、芸人の渡部さんが対人コミュニケーションについて正直な気持ちを話しました。「僕の辿り着いた結論は自分のトークで盛り上げるなんて無理です!」と。

自分のトークで盛り上げるのは無理

出典:NHK

さらに「相手が気持ちよくなかったら印象はよくないのです」と。

確かに、自分のトーク力ではなく、相手を思ってコミュニケーションをとることが関係をよくしていくことですよね。

講義内容を紹介します。

<Sponserd Link>



気持ちがいいボタンを押せ

聞いてサインを見逃すな

聞いてサインを見逃すな

出典:NHK

相手からの質問=相手が興味をもっていること

相手からの質問は相手が一番興味持っていることを質問してきていることが多いのです。

「どう?家族」「息子さん、娘さんどう?」と質問してきたこの人は自分の息子や娘、家族に興味があるということなのです。

人の質問はどこかで自分の欲求を満たしてるところもあるのです。

質問は聞き返して、興味がどこがあるか探れ

非常にシンプルなのですが、相手から質問されたことは、質問し返すことで、相手がどこに興味があるか探りましょう。

全く興味のないことを人は質問してこないですからです。

相手からの新情報発信があったときはチャンス

では、相手からの質問がなかったら、気持ちいいボタンはどう探しますか?

例えば「かばん買ったんだ」と話して来たら、「どうしてそのかばんを買ったの?」など質問してあげたいですね。

物を買った話の背景には人に話したい理由やストーリーが隠れているのです。

新しい相手からの情報の発信には話したい思いが隠れているので、気持ちよく話させる質問をするといいのです。

カリスマ営業コンサルタントの和田さんから実際のビジネスでも「ストーリー思考」は使われてますと。

ストーリー思考

出典:NHK

商品を売るにしても物語を語る方が、より共感されて売れるんです。

褒めることをあきらめるな!

石田純一さんという褒めのプロと渡部さんは一緒の旅番組で出会った女性をめちゃくちゃ褒めて、気持ちよくなってもらって、話を引き出したことがあったことを例に話し始めた渡部さん。

初めて会った女性に石田さん、「かわいいですね」と褒めます。

すると、相手も嫌な気分じゃないので、話にのってきますよね。

石田さん「かわいいですね」

出典:NHK

では、そんなにかわいくない人にはどう褒めるかというと、

「洋服すごいすてきですね」と。

石田さん「洋服すてきですね」

出典:NHK

じゃあ、顔も洋服もそうでもない人にはどう褒めるかというと、

「髪型いいですね」「色もいい」「長さもいい」と。

石田「髪型いいですね」

出典:NHK

最後に顔も洋服も髪もそうでもない人がいて

渡部さんはこれはさすがの石田純一も終わったな思っていたら、

「オーラが美しい」と褒めたのですwwww

石田さん「オーラが美しい」

出典:NHK

何でもいいですよ、褒めれれない人はいない、日常的に褒める習慣をつけるのです。

 

さらに、カリスマ営業コンサルタントの和田さんからうまい褒め方の一つとして”うわさ褒め”もあり、非常に有効的とのこと。

うわさ褒め

出典:NHK

うわさ褒めとは例えば「『この間、部長が、○○さんのことをすっごくのみこみが早くて、仕事も早いし、ほんとに彼女いてもらっていいよ』と言ってたよ」みたいなこと。第三者の言葉を借りて相手を褒めるので、褒めるのが苦手な人でもやりやすいですよね。

<Sponserd Link>



最後に

渡部さん、相手を気持ちよくさせることをいっぱい考え、いっぱいしてきた結果、佐々木希さんと結婚したんだろなーと考えながら講義を聞いてました。

和田さん、ブログ

出典:和田裕美のオフィシャルウェブブログ

カリスマ営業コンサルタントの和田さんのブログにも渡部さんの”モテ講座”と書いてありましたし、渡部さんがモテる理由がわかったのはわたしだけではなかったんですね、よかったです。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK