カリスマが、くっきーの作品はヒット商品ダイソン掃除機の見えるゴミと同じように非日常的ドキドキと、間接的に褒める

2019年7月8日(月)NHK Eテレ「芸人先生」では”野性爆弾・くっきーが伝授!非日常感を描いて集客力アップ”で、西武遊園地の従業員の方に講義していました。

くっきーさんが従業員さんなどを少しいじったりしての笑いもありますが、ものすごくまじめな講義だったと驚きました。

従業員の方のアイデアにくっきーさんが「すばらしい」と褒めると、ヒットにつなげることができそうなアイデアがいくつも出てました。

今の芸風と風貌からは想像できないのですが、高校生の時に生徒会長をやっていたくっきーさんのまじめな一面を今回の放送でしっかりみることができますので、紹介します。

<Sponserd Link>



くっきーが先生だと非日常へのアンテナ感度が上がりそう

西武遊園地従業員の悩み

友人に西武遊園地で働いていると言うと、「何にもない遊園地」という反応が。どういったイベントをしていけばいいのか?

いい企画が思い浮かばない。思いついても集客につながらない。

西武遊園地従業員の悩み

出典:NHK

事前購入の入場券のお客さんばかりで、当日券を購入するお客さんがほどんといない。

他の競合のイベントより、こちらのイベントを選んでもらえないので、集客力が乏しい。

統一感を大事しよう!

くっきーさんが「メインは何ですか?」「オクトパスですか?」と尋ねても、従業員の方々は「・・・」。

「メインを決めないとね」「園内ウロチョロしてインスタに上げたとしても、『ここどこ?』とわからない」「ということは、統一感がない」

統一感がない

出典:NHK

統一感がないと印象が付きづらいのです。

<Sponserd Link>


非日常感を描こう!

くっきーさん、自分の画を披露します。

非日常のくっきーの画

出典:NHK

こういう気持ち悪いというのも、意外とお客さんにささる。

実際に2019年4月に、世界最大規模の美術市場アートエキスポニューヨークで”今年最も注目する5人”のうちの1人に選ばれ、出展した21点の作品の中から6点が1100万円で売れるなど、アーティストとしても注目を集めているということ。

「この遊園地は日常すぎて…」「今現状、スルーされているのですが、何か引っかかってくれたら、まずは興味を引いて印象付けることが大事なんです。」とくっきーさん。

印象つけることが大事

出典:NHK

遊園地内を歩きながら、どこをどうやったら非日常にできそうかを、みんなで話してますが、くっきーさん、結構優しいです。下記動画を見ればわかります。

 

カリスマ営業コンサルタント和田さんもこの非日常感はヒット商品を生むのに有効と考えてます。

こんなに変わってるの!で、人をちょっとドキドキさせることで、フィットし、購入することが結構あるのです。

例えば、今までの掃除機はゴミを見せちゃダメだったのが、ダイソンの掃除機では取れたゴミが見えるので、「こんなにとれたんだ~」と、

こんなにゴミが取れた!

出典:NHK

非日常感があるものは、見たことないからほしくなるのです。

くっきーさんの優しさがあふれる実践講座

実践講座は西武遊園地のBooBooマン(タコをベースしたオリジナルキャラクター)が認知度イマイチなので、ストーリーを考えておもしろくしてみようという内容です。

みなさん、今まで悩んでいたことが嘘のように面白いアイデアを出してます。

くっきーさんのいい教えで、みなさん良い効果が出てきたのではないでしょうか。

今回の芸人先生では真面目なんだけど、やっぱりこれは酷いねwww

以前、記事に「くっきーの白塗り前澤氏(ZOZOTOWN)がすごい!剛力の白塗りはあまりに酷いよ~(笑)」の剛力彩芽さんだけは、さすがに酷すぎますよね。

怖い剛力さんを演じるくっきー

出典:フジテレビ

逆に前澤社長は結構似てるから笑えるんですけどね。

寄りを戻す二人

出典:フジテレビ

<Sponserd Link>



最後に

でも、確かに、くっきーさんの剛力さん、ものすごく記憶に残ってるんですよね。

くっきーさんのが描いた6姉妹にはストーリーがある

出典:NHK

くっきーさん、アートエキスポニューヨークに出展した6姉妹の画が評価されたのですが、実は一個一個にストーリーがあったからと。

そう言えば、前澤社長と剛力さんの2人の真似もストーリーがあった!

だから記憶に残ってるんですね、きっと。

<Sponserd Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK