5つの指標で、子どもの習いごと選びで迷い過ぎずに、親の時間も家計も楽に合わせられる極意

水泳のレッスン

2019年2月9日の「助けて!きわめびと」は”親子で挑め!“習い事”新時代”がテーマでした。

為末さんが話す習い事の本質

出典:NHK

自分の子の可能性を狭めたくないのですが、「何を習わせればいいのか」「どのくらい家計負担を考えるべきか」「送り迎えや食事やお弁当が大変」「辞めどきの時期や理由」など、色んな要素があるので、簡単には決断ができない場合や簡単に決めてしまって後悔することがあると思います。

今回、きわめびと、育児・教育ジャーナリストのおおたとしまささんから子どもの習い事に迷わない極意の説明があり、大筋はこの極意に合わせてロジカルに考えた方が決断に迷いが生じにくいと感じましたので、紹介します。

<Sponserd Link>



5つの指標でバランス良い判断ができる!

習い事を選ぶ時に

おおたさん、習い事を選ぶときに5つの指標をあげてくれました。

習い事を選ぶ時の指標

出典:NHK

①本気度:プロを目指すのか?それとも、経験を積ませる程度なのか?それによって、入会させる教室やチームのレベルが変わります。

②お金:どの程度まで習い事に費用をかけられるかを考えておきましょう。

③時間の拘束:送り迎えに時間がかかる、また、振り替えができない、など融通がきかない習い事は親の拘束時間が長くなり、大変に。特に、共働きの家庭などは慎重に吟味。

④指導者の経歴:①に関連しますが、プロ級のレベルを求めるのか、地域のボランティアなどそれほど高いレベルを求めないのか、目標の高さによって、選択。高いレベルを求めるなら、指導者の経歴や指導方法など、事前のリサーチを綿密に。

⑤子どもの性格:気が強い子どもならば、大人数の教室やチーム、厳しく競い合う競技なども大丈夫ですが、おとなしい性格の子どもならば、少人数の教室やチーム、あまり競争を求められないものにするなど配慮。

①で経験を積ませる程度ということで、習い事をはじめたが、途中から本人がプロを目指すようになった場合は方向転換がやりやすいかもしれませんが、逆の場合で、親はそのつもりでも子供は遊び感覚で友達と楽しみに行ってるようになってるかどうかの見極めは少し難しいかもしれません。

これらを考えて、それぞれの家庭に合った習い事を選びましょう。

習い事の辞めどきは?

習い事というのははじめる前に辞めどきを話し合っておくことが重要ということです。

辞めどきをあらかじめ話し合っておく

出典:NHK

辞め方を間違えると、せっかく頑張ってきた習い事そのものに対して悪いイメージを最後に残してしまうこともありますので、最初に話し合って決めておくのがいいのです。

為末さんが、達人からのメッセージとして子供のころに多くの習い事(陸上・水泳・体操・空手)をしたが、陸上以外は全く長続きしなかったそうです。

しかし、「嫌だといったものをやめさせてくれたのは大きい」、自分で選ぶ自由を与えてくれたことに感謝してるそうです。

どの習い事も、通じて習い事の奥にある何を学ぶかということを話されていた為末さん。

子どものころのいつからか習い事を主体的に学びの場として捉えてたことがわかるメッセージで感動しました。

習い事を選ぶ前に親が考えておいた方がいいこと

おおたさんの極意のひとつに「自分の時代とは違うと心得よ」ということで、2020年度から教育改革が本格的に始まり、教育方針が大きく変わり、その流れに対応した習い事が生まれています。

親は、どのように教育方針が変わるのかチェックして、その上で、子どもは何を学ぶとよいのか、親子で考えることが必要かもしれません。

2020年教育改革

出典:NHK

主体的・対話的で深い学びは抽象的な感じがしますが、これからの教育に一番大切なことに違いないと思います。

<Sponserd Link>



最後に

おおたさんは「習い事によって得られるスキルそのものよりも、何かに夢中になって、達成感を味わって、時には挫折も味わいながら、それを乗り越えていく体験を積んでいくことが大事」と締めました。

そう思います。為末さんの話も、さかなクンのお母さんの話も、まさにおおたさんがおっしゃる通りで、すごく心にグッとくるものがありました。

さかなクンのお母さんの話もすごくよかったですので下記に動画アップしておきます。

わたしは、習い事に対してきちんと家族で話し合いを持ったことがなかったですし、色々とリサーチしてなかったと反省しています。

ペットを飼うときもそうですが、長く付き合っていくことに対しての準備は子どもの習い事も同じなんですね。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK