本日、2017年12月19日、大掃除の時期をねらって最先端収納サービス「サマリーポケット」“稲垣吾郎さんが“くらしスッキリおサめ隊 隊長”に就任!が発表されました。話題になってます。

「サマリーポケット」のホームページでは稲垣さんのくらしスッキリ初体験ムービーを公開。
<Sponserd Link>



稲垣吾郎さんと阿部レポーターの組み合わせだけでもみたくなる動画

サマリーポケットとは

サマリーポケットは、サマリーと寺田倉庫が共同で2015年から展開している収納サービスです。

「サマリーポケット」は、必要な時だけ手元(家)に必要なものがあればいい。
それ以外はポケット(寺田倉庫)の中にという”四次元ポケットがある暮らし”を、月額250円から手軽に実現できる、最先端のお手軽収納サービスなのです。

モノの取り出し、預け入れはPC・スマホで簡単に操作でき、どのボックスに何の荷物が保管されているか、1点1点写真ベースで確認することも可能です。

首都圏近郊であれば翌営業日の取り出しが可能。将来的には地域にもよるが、当日の取り出しにも対応するという。

決済には事前に登録したクレジットカードを利用。

阿部レポーターがちょっと笑える

動画では、稲垣吾郎さんの部屋の話を元に部屋を再現。

洋服、本、DVD、ゴルフクラブなどものがいっぱいあり、今必要でないものをサマリーポケット用のそれぞれの箱にしまっていく作業を稲垣吾郎さんがやっていきます。

で、阿部さんがレポートをするかというと、稲垣さんの作業中にゴルフクラブを勝手にみてたりして自由きままな感じでおもしろいです。

動画の真ん中あたりで、ねらいでしょうが、本棚に日本地図がありました。

稲垣さんが「このへんの古い地図も送っちゃおうかな」と言うと

阿部さんが一言「そうですよね。新しい地図があれば充分ですよね」って。

稲垣さんが半笑いで「うまい」の一言。

あたりが、爆笑というわけではなく、笑えます。

というより、動画をみてみてください。

<Sponserd Link>



最後に

先日、簡単にできる大掃除の記事をアップしたんですが、部屋に不要なものがあると、確かにもうひとつすっきりしないですね。

そのことをすっかり忘れてましたが、くらしスッキリおサめ隊 隊長稲垣吾朗さんのおかげで、思いだして、さらにこんな効率良いサービスがあることに気付かされました。

昨日は住友商事がサマリーポケットに5億円の出資し、住友商事と共同で展開することになり、本日は稲垣吾朗隊長です。勝負をかけてきましたね。

でも、家が狭い日本、首都圏では非常にいいサービスと思います。我が家も検討してみます。
<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK