危険!曲がったスマホ充電用コネクタ、瞬間接着剤がついた布やティッシュでやけど。注意書きは必見!

スマホなどのコネクタが曲がってしまったら再使用は危険

2019年6月10日(月)のNHK「あさイチ」の特集は”しっかり読んでますか?商品の注意書き「○○しないで下さい」”でした。

注意書きを守らないと、予期せぬことが起きて、大ケガすることになりかねないという放送内容。

今回の放送のように注意書きを守らないで起こる予期せぬことが動画でみることができると、どのくらい危ないかイメージでき、忘れにくなるのでいいと思って、紹介したいと思い記事にします。

<Sponserd Link>



注意書きを軽視するな!

電子レンジの注意事項4例

電子レンジはマイクロ波という電磁波を使い食品内部の水分を振動させることで熱を発生させるので、便利なのですが、一方危険なこともあります。

電子レンジ庫内や付属品に食品カスなどがついたまま加熱すると、発煙・発火や火花の出るおそれあり

味噌や醤油などの食品カスでどうなるか体験したところ、すぐに発火し、電子レンジは壊れました。

食品カスをそのままにしておくと、水分が失われ炭状になってしまいます。炭はマイクロ波を引き寄せる性質をもっているため、一気に熱が溜まり発火するのです。

電子レンジ注意事項4

出典:NHK

そういったことで、特にさつまいもなど、根菜の過熱は注意が必要ということです。

食品や飲み物を加熱しすぎない

牛乳やコーヒーなどの飲み物は、加熱しすぎると、突然の沸騰によって飛び散り、やけどのおそれあります。

通常、コーヒーは1分程度の温めのところを4分温めて、レンジから取り出した後に、砂糖を入れた瞬間突沸して、火山が爆発したかのように吹きこぼれました。

電子レンジは急激に飲み物を温めるため、まれに沸騰しないまま高温になることがあります。そこに振動や刺激が加わると激しく吹き出してしまうのです。

また、殻のついたままの生卵は電子レンジ温めNGということは常識ですが、殻をむいたゆで卵も実は危険なんです。

ゆで卵の中の膨張した水分の逃げ場がなくなってしまって、爆発するのです。

<Sponserd Link>


スマホ充電器の注意事項

少しでも変形や破損したコネクタは使用しない!

スマホの充電器など少しでも変形や破損したUSBなどのコネクタを戻して使っていると、プラスチックが溶け、煙まで出て、やけどの事故が増えてます。

コネクタの中にはピンがあり、コネクタ曲がったりした場合にピンも曲がるのです。形を戻してもピンはほとんどまっすぐに戻らないので、金属製のコネクタと接触しており、そこにエネルギーが溜まり、発熱してしまうのです。

曲がったら使わないでください。

今や100円ショップで売ってますので。

ドライヤーの注意事項

収納時にコードを本体に巻き付けない!

ドライヤーの付け根の部分の電源コードが曲がりすぎる巻き方を長期間していると、その部分から火花がでて、やけどするおそれがあるのです。

中の電線が半分切れてしまった状態で使うと火花が出やすくなるのです。

ドライヤーの発火に気を付けるために、コードを巻き方を緩めにすることをメーカーは推奨しています。

顔の近くで使うものなので気を付けないとですね。

<Sponserd Link>


電気ケトル

牛乳を沸かす、紅茶を沸かす、スープを作るなど湯沸かし以外の目的で使用しない!

電気ケトル調理法として、パスタやゆで卵などを調理してますが、注意書きを無視した利用方法でNGなのです。

電気ポットも同じで水以外のものを入れなでくださいとなってます。

 

例えば牛乳を沸かすと、普通に沸いてますが、1回の利用だけでケトルの底に焦げ付きが。しかも、なかなか取れないのです。

また、吹きこぼれの可能性もあり、やけどのおそれもあるのです。

吹きこぼれを繰り返すとケトルの温度センサーも壊してしまうので、自動電源オンオフが機能しなくなります。

瞬間接着剤の注意事項

布、裏革につくと発熱するので注意すること!

軍手などで作業するときにこの被害にあう方が結構いらっしゃるらしいでのです。

実験では軍手に瞬間接着剤を付けて30秒ほどすると、瞬間接着剤の水分が煙として出て発熱していき、最終的には158℃まで温度があがりました。

瞬間接着剤が軍手に付いたまま作業をしているとやけどのおそれがあります。

瞬間接着剤を使って作業するときはゴム手袋が安全です。

布や裏革以外にティッシュでも発熱するらしいです。

キッチンペーパーは大丈夫ということです。

<Sponserd Link>



最後に

注意書きの危険、警告、注意の違いも意外と知らないですよね。

注意では軽傷や物損のおそれ、警告と危険では重症、死亡、火災のおそれですが、危険の場合は切迫の度合いが高いといことで、基準が設けられてるのです。

注意書きの危険、警告、注意の違い

出典:NHK

記事で紹介した事項は火災につながる可能性があり、本当にあぶないです。

クイズや視聴者の皆様からの声などで、洗濯機がレインコートなどを洗うと回転して大崩れしたり、お惣菜の袋が電子レンジで燃えるなどについて注意書きについてのこともありこちらも動画をアップしましたので、ご参考までに。

ぜひ、記事内の全ての動画を見て危険であることをイメージで覚えて頂きたいと思います。

<Sponserd Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK