頻尿を、痛くないローラー鍼でわずか1分のツボ刺激、劇的改善!

露

2018年9月24日にNHKで放送された「東洋医学 ホントのチカラ~科学で迫る 鍼灸・漢方薬・ヨガ~」の中で放送で耳寄りな情報になることががありました。

朗報です。自分で軽くツボを刺激するだけで、頻尿がおさまるツボのことです。

夜間睡眠で一度でもトイレに起きた時と、朝まで一度も目覚めないで起きた時のすっきり感が全く違いますよね。

わたしも血糖値が高い時に喉が乾くので、夜間に起きて1、2度水分を摂ると、その分トイレに行きたくなって、その頃は身体がスッキリしてる時間が少なかった感じでした。

夜間頻尿の改善を簡単にでき、安価にすむものをご紹介します。
<Sponserd Link>



コロコロ感覚で頻尿対策

頻尿のメカニズム

膀胱は腎臓でつくられた尿を溜め、通常は膀胱の筋肉が緩み膨らんで、尿がいっぱいになると自律神経の司令によって膀胱の筋肉が収縮を開始し、尿意がもたらされます。

そして、尿道から体の外に尿を出す働きをします。

尿が膀胱にいっぱいになる前までは、がまんするようにと脳が神経を通して膀胱にゆるむよう、尿道括約筋には縮むよう命令します。

膀胱と神経の関係

出典:日本光電 企業サイト

しかし、自律神経に異常が起きると、尿が十分に溜まらないうちから脳が収縮の司令を出してしまうようになるのです。

わずか1分で効く、夜間頻尿対策

過活動膀胱は投薬治療も可能ですが、副作用で治療を続けられない人も多いのです。

ローラー鍼を使って会陰というツボを刺激することで頻尿が改善されるデータがあります。

実際に40代~60代の頻尿に悩む女性11人に実証実験を行いました。

1日1回、5日間、エストラマー製のローラー鍼で会陰をさすってもらうだけです。

ソマプレーン

出典:東洋レヂン株式会社 HP

結果は全員に改善がみまれました。中には症状が全くなくなった方もいました。

会陰をさすることで仙髄への刺激が伝わり、自律神経が遮断され膀胱の過剰な収縮がおさまるというメカニズム。

ただ、逆に強くさすると症状が悪化するおそれがあるので注意が必要です。

膀胱の排尿収縮を抑制するメカニズム

出典:東洋レヂン株式会社 HP

<ローラー鍼のやり方詳細>

さする場所 会陰部:女性は肛門と膣の間、男性は肛門と睾丸の間

さすり方 1秒に1センチ程度のゆっくりした速度で、かすかに皮膚に触れるくらいに優しく

さする回数 3センチを往復10回程度(約1分)

タイミング 基本的にはいつでもOK  夜間頻尿は就寝前、昼間頻尿は朝や昼間

ローラー鍼 ソマプレーン(ローラー部に特殊な合成ゴムを使用)
※さすり方に留意すれば専用ローラー鍼の代わりに人差し指でもOK

<Sponserd Link>



最後に

ローラー鍼 ソマプレーンは通販でも購入可です。価格は税抜3,000円ですが、番組の影響で現在売り切れ中。

次の入荷は12月とのことです。

1ケ月近く待つのなら、まずは人差し指で効果を試してみてもいいかもしれません。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK