脳は直角が好き!?又吉直樹が杉原教授と錯視の世界を味わいまくってて、まさにヘウレーカ!

代表的な錯視

2018年7月4日の「又吉直樹のヘウレーカ!」は”本当のことは目に見えないのか?”というタイトルが難しい感じでしたので、心してみていたんですが、錯視の話でした。

トリックアートなど、おもしろいな~とは思ってましたが、なぜ錯覚して視えるのかなど全く考えたことがなかったので、そうなんだ~と何度も納得しました。

興味深いので、ご紹介いたします。また、今回の記事は錯視のことなので画像でじゃないと伝わらないので画像多めになります。
<Sponserd Link>



錯視!錯視!錯視!を味わう

デルブーフ錯視

又吉さんがオープニングで窓に近づいていった後、遠ざかっていったときにおもしろいことを言ってました。

「そもそも自分が見えてるものを疑ったりしますしね」「本当に自分が見ているのと同じようにみんなに見えているのかとか」「色にしろ、形にしろ」

「説明したら大体一緒やけど、全く違うものに見えていて、国語的な表現でいうと一緒ってだけの可能性もありますよね」と、又吉さん。

出典:NHK

東京大学名誉教授、明治大学教授数理工学者杉原厚吉さんが「建物の大きさがかわらないことは理性では知っていますが、本当に知っているという理性では打ち消すことができない見え方があるのはどうしてかわかりますか?」「理性とは違うところでわたしたちの脳は判断しているから」とおっしゃいました。

が、杉原教授、言ってることが難しすぎて・・・、わたしは???ですが、後から徐々にわかってきますのでご安心を。

窓枠の大きさが異なる場合の風景の大きさ比較をわかりやすくした絵があります。

窓枠の大きさが異なる場合の風景の大きさ比較

出典:NHK

もっと、わかりやすくすると、囲まれた枠の大きさで同じはずの円大きさが違って見えるのがデルブーフ錯視です。

囲まれた枠の大きさで同じはずの円大きさが違って見える

出典:NHK

こういった、袖口の大きさで腕の大きさが違って見えるのもデルブーフ錯視なんです。

袖口の大きさで腕の大きさが違って見える

出典:NHK

ジャストローの錯視

八百屋での例で同じ大きさのバナナを下記のように広げてみると下の方が大きく視えます。

ジャストロー錯視例1-1

出典:NHK

上下ひっくり返してみても、やはり下の方が大きく視えるのです。

ジャストロー錯視1-2

出典:NHK]

同じ大きさ・形のバーククーヘンや線路も重ねたところから下記のようにずらしておいてみますと、やっぱり下の方が大きく視えますね。

ジャストロー錯視例2

出典:NHK

ジャストロー錯視例3

出典:NHK

錯視の例

又吉さんは杉原教授に連れられて、街角の錯視を探検にでかけました。

さっそく、用意してないのですが、こんなものが!床屋さんのサインポールって上に動いてるように視えますよね。

街角の錯覚の例

出典:NHK

杉原教授の錯覚作品の一部

杉原教授と番組で用意した”なんでも反発4方向すべり台”です。

上から視ると真ん中にむかって下り坂になってるように視えます。

なんでも反発4方向すべり台

出典:NHK

が、実際は真ん中に向かって上り坂になってるんです。

実は4方向のぼり台

出典:NHK

そこで、杉原教授がおもしろいことを言います。「脳は直角が大好きなので、何でも直角と思いたがるんです」

「ですので、四つのスロープが交差してますが、無意識のうちに直行してるととらえて、真上から視たら真ん中下がってるに違いないと感じるわけです」

もう一度。

車が坂を下ってるように視える錯視

出典:NHK

逆に”何でも吸引4方向すべり台”

この作品2010年ベスト錯覚コンテスト世界大会で優勝した作品です。

何でも吸引4方向すべり台

出典:NHK

杉原教授が方程式を解くと自動的に形の答えがでるという錯視作品を何点か見せて頂きました。

鏡に映ってる作品は全くべつものです。

杉原教授錯視作品1-2

出典:NHK

作品を水平に180°回転させると、逆になってます。

杉原教授錯視作品1-1

出典:NHK

これも、

杉原教授錯視作品2

出典:NHK

これも、

杉原教授錯視作品3

出典:NHK

これもです。

まだまだ、あるんですが、一部を抜粋しました。ご了承ください。

チェッカーシャドウ錯視

「脳にとってはAとBの明るさが違うかどうか訊かれても、どうでもいいことなんです。脳にとって大事なことは影が落ちていることを除いた時にどんな模様のパターンになっているか、どうでもいいことを訊かれてそこで脳が間違えたと言われることは脳にとって失礼だと思います」と、杉原教授。

そっかぁ、誰でもどうでもいいことで評価されたくないよね。


<Sponserd Link>



最後に

又吉さんと一緒にテレビの前でわたしが杉原教授に教わった言葉を書きたいと思います。

「網膜に映った映った画像は二次元で奥行の情報はありません」「同じように見える立体は実に無限に可能性があり、無限の可能性を全部脳が調べていたら、時間が足りなくて行動に移せない」

「必要なのは見て瞬時に立体の形を判断すること」「脳は正しいだろうと思う形を決め打ちしているのです」

杉原教授はここまではわかってるそうです。

でも、なぜ脳は直角と思いたがる理由かはまだわかっていないということです。

どなたでも思うかもしれませんが、人類は石器など加工するときなどに角ばったり、尖ったりしてるものが丸いものよりも殺傷能力が高いと思ってるから、瞬時に危ないと思わせる脳になってるということの話を杉原教授は示唆してるような気がしますが、確証につながるものが全くないので、言えないのではないかと、わたしは思いましたが。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK