増毛研究最前線を知っておこう!今の人工毛は天然毛髪と見分けがつかないほど。どう生まれたのか。

パンダ

2019年1月9日(水)のNHK「探検バクモン」で”増毛研究最前線”ということで、爆笑問題と松本明子さんがアデランスの商品企画開発の現場(研究所)を探検するのですが、今は昔の人口毛より格段に良くなってることがわかりやすく紹介されており、非常に興味ある放送でした。

人工毛と人工毛の元のチップ

出典:NHK

紹介します。
<Sponserd Link>



今の人工増毛なら天然毛髪との差がほぼかわらない

悩み①人前でお風呂に入るのが怖い問題

昔はウィッグをつけたまま頭を洗えなかったので、お風呂を拒まなくを得なかったのです。

天然毛髪の性質

出典:NHK

天然毛髪には不思議な性質があります。ぬれるとパーマや癖が伸び、乾くと元に戻るのですが、

昔の人工毛がぬれると

出典:NHK

昔の人工毛は水分を吸収するとベタッと髪の毛どうしがくっついてしまい、

昔の人工毛が乾くと

出典:NHK

乾いてしまうと乾いても元に戻らない、熱が加わると伸びてしまうのです。

これでは髪型が変わってしまい、風呂上りが怖くなってしまうのです。

天然毛と人工毛の昔と今

出典:NHK

今の人工毛は天然の髪のように、乾けば元のカールが復活するので、これなら一緒にお風呂にはいることができ、問題解決です。

今の人工毛は違う性質のものを二重構造にし、カールは内側の素材が形作って、ぬれると外側の素材が水を吸い重くなって伸びます。

そして、乾くと内側の素材の力で元に戻るのです。

実は、天然毛髪も同じ二重構造だったのです。

悩み②お日さまが怖い

昔の人工毛でも部屋の中では色の段差はあまりわからないのですが、外に出て太陽光が当たると色の段差が。

屋内と屋外でのウィッグの見え方の違い

出典:NHK

明るいところではほんのちょっとの違いが目立つのです。

人の髪の数の色

出典:NHK

ですので、アデランス研究所にあるだけで約700色、さらにそこから何色かブレンドして一人の髪の色を作り出せるようにしました。

人工毛の元となるチップを入れている

出典:NHK

この色の数を作り出すのに、着色するのではありません、チップの配合を試行錯誤しながらここまで作り上げたのです。

悩み③髪のセットが怖い

実は人間の髪には結構な強度があります。例えば髪の毛10本あれば1.5Kgの重さを持ち上げることができます。

髪の毛は10本で1.5Kgの重さも持ち上げることができる

出典:NHK

しかし、セットしようとウィッグをブローしていくと、ブローの途中で切れてしまうという問題がありました。これでは、ヘアーアレンジが思う通りに楽しめなかったのです。

そのお悩みにアデランスはどう改善したかと言いますと。

人工毛の素材は加熱と冷却を繰り返しながら引っぱることで内部に強い結晶ができ、強度が出ること

人工毛の強度を上げる仕組み

出典:NHK

どういう機械かは企業秘密のため見せてもらえませんでしたが、絃のように伸ばして、弛めて、200℃ぐらいまで加熱してという工程を繰り返して作ってるのです。

しかし、オレンジ色を混ぜた人工毛だけは同じように作っているのに、切れやすいという問題が起こってしまいました。

オレンジは白髪染めした髪の毛の色を表現するためによく使われる色だったので、どうしても解決しなければいけなかったのです。

原因はオレンジ色を出すために使っている粒子が他の色よりもわずかに大きかったのです。顕微鏡でもわからないわずかな差で上手くいかないことを学んで、顔料を変えたことで強い毛を作ることができるようになりました。

研究を繰り返し天然毛髪の3倍の強度に

出典:NHK

最大の悩み、頭皮を見られるのが怖い

上から覗くと黒いネットが。ネットは人工毛を結びつけるのに必要なんです。

ウィッグの黒いネット

出典:NHK

しかし、そのネットが地毛ではないとバレる一番の原因になっていました。

ネットがばれないように髪をたくさん植えるという悪循環が不自然なまでのボリュームを生んできたのです。

その頭皮問題は今はどうなってるのでしょう?

ウィッグをつけてるディディエさん

出典:NHK

そこで、フランス人のディディエさん。ウィッグを付けてるんですが、爆笑問題の2人も松本さんも信じられない感じです。

ウィッグをつける前のディディさん

出典:NHK

上記画像、ウィッグをつける前のディディエさんです。

引っぱっても動かないし、上から覗き込んでも地毛にしか見えない、爆笑問題の2人も松本さん。

頭皮をみてもわかりません。

ディディさんのウィッグとつけた頭皮を上から覗きこんでみると

出典:NHK

ネットの代わりを世界最薄の0.04mmの人工皮膚に。

人工頭皮

出典:NHK

<Sponserd Link>



最後に

この人工皮膚は光の反射の仕方が肌と一緒のため、同化してわからなくなるとのこと。すばらしいです!

人工皮膚は水でぬらすと皮膚と同化する

出典:NHK

ズレない、バレないウィッグは今まであげた大きな4つの悩みをアデランス研究所で解決していった賜物なんですね。

手作業

出典:NHK

しかし、かわらないところが。編みこむ時は1本1本手作業らしいです。各自のヘアスタイルによって流れや角度を調整しながら編みこんでいかなくてはならないので、その分、割高なんでしょうが良品質を担保しているということでしょうね。

<Sponserd Link>


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK