僧帽筋の炎症が主な原因である肩こりはインナーマッスルをうまく使ってスッキリ。しかも、1日数回で改善。

凝りがなくなった

2019年11月6日のNHK「あさイチ」は「腰痛・肩こり・ポッコリお腹の新常識!インナーマッスルを鍛えよ」というテーマ。

インナーマッスルは体の奥にあって、主な役割は関節や内蔵を支えることで、ここ最近の研究でインナーマッスルの知ら戯れる秘密が次々と明らかになってきているのです。

ただ、このインナーマッスル、意識して使わないと、正しく働かなくなるのです。

正しく働かないと、腰痛、肩こり、転倒を引き起こしたりします。そして、インナーマッスルがきちんと使われてないのに腹筋で鍛えても、逆にぽっこりお腹に。

そこで、「あさイチ」でインナーマッスルの正しい鍛え方を研究の最前線から紹介されてます。

菱形筋

出典:NHK

今回は、肩こり解消のインナーマッスルについて。
<Sponserd Link>



インナーマッスルは裏切らない! 肩こり編

肩こりの黒幕はインナーマッスルの菱形筋などの方

肩こりの主な原因は僧帽筋というアウターマッスルに負荷がかかり、炎症が起きてしまっていることによるものです。

が、元々の原因は腰痛同様、インナーマッスル。

肩の場合のインナーマッスルは菱形筋です。

その、菱形筋などがうまく働かないと、湿布や鎮痛剤などで痛みがなくなっても、また肩凝ってしまうのです。

ということで、先生から2つのエクササイズを教えてもらうことに。

<Sponserd Link>



ギューストンエクササイズ

アウターマッスルである僧帽筋の緊張をとるようなエクササイズです。

肩が凝った時、痛くなった時にやってほしいのですが、

両肩をギューと持ち上げ、ストンといきなり一気に落とします。

筋肉を使ってリラックスさせることを続けていると、筋肉の緊張がほぐれてくるのです。

3回ほどでいいそうです。

<Sponserd Link>



肩甲骨クローズエクササイズ

肩甲骨の内側の筋肉を使えるようにするエクササイズです。

手のひらを内側に向けて腕を上げ、ゆっくり3秒ほどかけながら、外側に向けながら胸を開くような意識で、肩甲骨を内側によせるような意識で、腕を下げるのです。

5回ほどで充分です。

<Sponserd Link>



最後に

ギューストンエクササイズの名前は擬音で呼ばれてるんですね。それじゃ、ゲストの方も最初に聞いた時はキョトンとしちゃいますよねww

ギューストン

出典:NHK

そのギューストンは肩がこってる方でやってるのを見かけることもありますが、肩甲骨クローズはあまり見かけないし井上和香さんが効くとおしゃってましたが、確かに、肩甲骨の内側に効きそうでうよね。

肩甲骨クローズ

出典:NHK

ところで、番組に「インナーマッスルと体幹の違いは?」という質問がありました。

体幹とは頭や四股を除く胴体部分で、体幹の中の奥深いところにあるのがインナーマッスル、アウターマッスルも体幹に含まれるということです。

次はインナーマッスルを鍛えて、ぽっこりお腹解消をアップしたいと思います。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK