ほうれい線などシワの原因は低骨密度。その対策の骨トレで出るオステオカルシンが体中の若返り効果をUP!

頭蓋骨

2019年1月30日(水)の「あさイチ」で”若さと健康!40代からの老化予防SP・体が若返る骨トレ&最強の食事術”が放送されていました。

その番組中で、昔から皮膚のシワが多い人は骨密度が低いと言われていたが、実際に色んな部位の骨密度を測ってみると、骨密度が低いとシワが多いということがわかったということです。

特に女性は40代になると、骨密度が大きくさがってくる結果が得られてます。

女性の下あごの骨密度

出典:NHK

 

どうやらハリのある肌を保つため骨密度を下げないことが大切で、40代からでもできる見た目の若さ保持する方法が紹介されてましたので、記事にします。
<Sponserd Link>



骨運動で分泌されるオステオカルシンは効果がすごい!

顔の骨密度とシワやたるみの関連性

若いころは顔にハリがあって、シワやたるみが少ないです。その理由は顔の骨に十分な骨密度があるからです。

(下記画像の左が若いころの頭蓋骨、右が年齢が増したときの頭蓋骨になります。↓)

骨密度が高い頭蓋骨と低い頭蓋骨

出典:NHK

歳をとるにつれて骨密度が減少すると顔の骨が縮んでしまい、目の周りは広がり、頬骨は薄くなり、下あごが小さくなります。

若い時の顔と歳を重ねた顔

出典:NHK

すると、皮膚にたるみができてシワやほうれい線が目立つようになってしますのです。

骨密度を上げるために

骨密度が低くなる原因は

番組で紹介されていた50代の女性は、母親が骨密度が低かったこともあり、若いころから運動にも気を付け、お酒もたばこもしない、ヨーグルトや納豆も摂取してきたのですが、顔のシワが目立つということで、測ってみたところ、同じ年齢の女性と比較して70%ぐらいしかなかったのです。

一見、骨に良さそうな生活をしてきてるので、問題なさそうなんですが、「えっ、どうして?」とスタジオ中が。

骨密度が低くなる原因

出典:NHK

紫外線は適度に浴びてないとビタミンDが作られず、減る分の骨の代わりの新しい骨ができにくいので、骨密度が低くなるのです。

脂肪から男性ホルモンから女性ホルモンに代える酵素がでているのですが、体脂肪率が20%以下の場合だと女性ホルモンが少なくなって、骨密度が低くなるのです。(この場合、骨の形成を促す女性ホルモンエストロゲンが影響)

上記の50代の女性は体脂肪率が12%低いために骨密度が低かったのではと。

最後に、体重が低い方は骨に重力がかからず、活性化しないので、やはり、減る分の骨の代わりの新しい骨ができにくいので、骨密度が低くなるのです。

骨トレ、骨密度は40代以上でも高くできる

その方法は体重をかけて、骨に振動刺激を与えて、活性化させるのです。

初級編はかかとおとしです。つま先立ちして、かかとを地面に落とす。

1日50回、脚に負担がかかる場合は25回ずつを2回に分けてやっても大丈夫です。

手を一緒にあげると安定しますので、それでも大丈夫。

大切なことは毎日続けることです。

初級編かかと落とし

出典:NHK

体重と同じ重力が骨にかかってます。

中級編、段を使ってかかとに重力をかける、右足から上がり、左足でも上がり、右足から下り、左足も下りるを50回。

50回終わったら、左足から上がり、右足でも上がり、左足から下り、右足も下りるを50回。

会談昇降骨トレ

出典:NHK

足全体で下りるイメージで骨に振動刺激を与えて、活性化させます。

骨にかかる重力は体重の1.5倍です。

子どもの頃体育の時間でやった踏み台昇降ですね。台の高さは15cm程度です。

上級編、台の上から両足をそろえてジャンプするように階段を下ります。1日50回。

ジャンプ

出典:NHK

骨にかかる重力は体重の2倍です。

階段からのジャンプだと負担が大きいという方はその場でのジャンプでも大丈夫です。

オステオカルシンの効果

さらに、骨を作る細胞が働くときにオステオカルシンというホルモンが出ることがわかってきました。

オステオカルシンは骨の中から血管を通って全身に広がり、様々な臓器に若返りのメッセージを送ってくれるのです。

オステオカルシンの臓器などへの効果を下記に記します。

脳…認知機能UP

肝臓…脂肪肝予防

腎臓…腎機能UP

腸…栄養の吸収UP

皮膚…コラーゲンUP

心臓…動脈硬化予防

筋肉…筋力UP

膵臓…血糖値を下げる(インシュリンの分泌がUP)

オステオカルチン

出典:NHK

すごい効果です。骨トレは絶対やるべきですね!

<Sponserd Link>



最後に

実は骨密度を高くするトレーニングとしてかかとおとしのことは前々から知っていたのですが、骨を作る細胞からオステオカルシンというホルモンがでており、全身の様々な臓器などに若返り効果があるということは初めて知りました。

渡辺真里奈さんと椿鬼奴さん

出典:NHK

ゲストの渡辺満里奈さんが、「骨トレ絶対やります」とおっしゃってましたが、わたしも階段上りのときに意識的に体重をかけることを絶対やりたいと思います。

顔のシワ対策をかかとで行うとは目からうろこでしたね。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK