隠れキリシタンは現存する!世界文化遺産勧告の長崎・天草でクレージージャーニー、吉田悠軌さんの長崎取材を振り返る

黒崎協会堂

2018年5月4日、深夜1時過ぎに朝日新聞デジタルで地元長崎の世界遺産登録勧告のニュースが掲載されたことを知りました。軍艦島の時ももそうですが、大浦天主堂もわたしの実家から近い場所ですので、今回もものすごくうれしく思ってます。

長崎・天草、世界文化遺産に登録へ 潜伏キリシタン遺産

ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界文化遺産に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本両県)が登録される見通しとなった。事前審査する諮問機関が「登録」を勧告した。一方、世界自然遺産を目指している「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」(鹿児島、沖縄両県)は「登録延期」の勧告で、明暗が分かれた。6月24日からバーレーンで開かれる世界遺産委員会で最終的に決まる。

潜伏キリシタン、壮絶な悲劇の歴史 世界文化遺産登録へ

フランス・パリの世界遺産センターが3日(現地時間)、文化遺産登録の諮問機関「国際記念物遺跡会議(イコモス)」と、自然遺産登録の諮問機関「国際自然保護連合(IUCN)」の勧告内容を日本政府に伝えた。勧告は「登録」「情報照会」「登録延期」「不登録」の4段階で評価される。「登録延期」は登録の可能性は認めつつも、推薦書の抜本的な見直しを求めるものだ。再提出後に再びIUCNの現地調査などが必要になり、登録まで早くても数年かかる。

文化遺産で「登録」の勧告を受けた「潜伏キリシタン関連遺産」は、江戸幕府がキリスト教を禁じていた17~19世紀、長崎県と熊本・天草地方で伝統的な宗教や社会と共生しながらひそかに信仰を守り続けたキリシタンが育んだ独特の文化的伝統を示している。島原・天草一揆の舞台となった原城跡(長崎県南島原市)や、信仰を集めた平戸の聖地と集落(同県平戸市)など12件の資産で構成される。

大浦天主堂

引用:朝日新聞デジタルより

この朗報のことはもちろんですが、それだけでなく、もう少し深く、実は隠れキリシタンはまだ実存する事実を知って頂きたく、2016年5月12日にTBS「クレージージャーニー」で放送された”吉田悠軌が今なお続くかくれキリシタンの知られざる実態に迫る”をご紹介したいと思います。

キリスト教徒への拷問や弾圧

出典:TBS「クレージジャーニー」

<Sponserd Link>



なぜ?隠れキリシタンは現存する

現存する理由

隠れてキリスト教を信仰する必要がないこの時代に、未だ隠れて信仰する地区があります。

今回「クレージージャーニー」では長崎県長崎市黒崎地区を吉田悠軌さんが取材しました。隠れながら信仰する宗教から隠すことも信仰ひとつの目的になってしまった独自の宗教として今日まで残ってるその一つの地区です。

独自の隠れキリシタン

出典:TBS「クレージージャーニー」

日本には隠れキリシタンの組織がおそらく3グループあるそうですが、Aグループ(25世帯約50人)が長崎市黒崎地区です。

40年くらい前に公表したそうです。

隠れキリシタン3グループ

出典:TBS 「クレージージャーニー」

現代の隠れキリシタンの実態

隠れキリシタンは寺請精度に形式上従わざるを得ないなかで、次第に仏教のしきたりの中にキリスト教の信仰を隠しながらおこなう独特な風習へと姿をかえていったのです。

その表れのひとつとして観音様の顔をマリア様に似せて作ったマリア観音をみててくださいました。

マリア観音

出典:TBS 「クレージージャーニー」

お坊さんが葬儀をする時は同時にどこかの家でカトリックのお祈りで送ってあげることをやっていて、お坊さんはカムフラージュだそうなんです。

仏教信仰の裏でかくれてキリスト教信仰

出典:TBS「クレージージャーニー」

禁教令後もこの地に隠れてキリスト教を布教した神父サン・ジワンのお墓をカムフラージュの為に神社にしたのが鳥居のない枯松神社です。

鳥居のない枯松神社

出典:TBS「クレージージャーニー」

Cグループは長崎港から行ける島

隠れキリシタンの人数減少もありBグループは現在存続の厳しくなりAグループの長崎市黒崎地区に合併することになってますが、Cグループはこのまま非公表で隠れキリシタンを引き継いでいくそうです。

そうですよね、自分たちが今までやってきた信仰を守ることが役目を全うすることと考える方がいても全く不思議なことではないと思います。

非公表隠れキリシタン

出典:TBS「クレージージャーニー」Cグループのリーダー

 

<Sponserd Link>



最後に

拷問や弾圧されたキリシタンだけではなく、カムフラージュしながら信仰を続けた人たちがいたことを知っていただけることも意義のあることだと思い、以前からこの記事を書こうと考えてましたが、今回、ユネスコ世界文化遺産登録勧告はいいきっかけとなりました。

また、隠れキリシタンの歴史も知って頂きたいですが、豊臣秀吉が外国人宣教師を処刑した史実を、日本二十六聖人殉教地も知って頂きたく紹介します。

豊臣秀吉の禁教令により京都や大阪でとらえられた外国人宣教師6人と子供を含む日本人20名は長崎に送られ、 慶長元年(1597)2月5日に、長崎西坂の地で処刑されました。外国人宣教師達はキリストが処刑されたゴルゴダの丘に、 ここが似ている為この地で処刑されることを希望したと言われています。

26聖人

日本二十六聖人の殉教碑 (12~14才の子供も3人いた) ※像は小雨で一部濡れている

引用:よかとこBY九州より

長崎駅からそれほど遠くないところなので、長崎に観光で行かれる際には是非コース加えて頂ければと思います。

最後の最後に、”吉田悠軌が今なお続くかくれキリシタンの知られざる実態に迫る”をご覧になりたい場合は下記動画でみることができます。是非。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK