史上最大BEST5! 陸の生物 NHK地球ドラマチック「史上最大!動物図鑑~陸の世界~」より

スピノサウルス複製

2018年8月18日(土)、NHKで地球ドラマチック「史上最大!動物図鑑~陸の世界~」の放送がありました。

史上最大の陸上の生物って恐竜なんだろうけど、そういえば知らないと思い、視聴してみることに。

ランキング(ベスト5)方式で、どうして巨大化したのか、巨大化した身体でどうやって生息できてたのかなど最新調査と最新科学による仮説がおもしろかったですので、ご紹介します。
<Sponserd Link>



陸の世界での史上最大の生物ベスト5

5位:オオトンボ

1940年、アメリカオクラホマ州で約2億7500万年前(古生代石炭紀末期)のオオトンボ(メガネウラ (Meganeura))の化石が発見され、現在ハーバード大学で保管されています。

オオトンボの羽根の化石と今のトンボの比較

出典:NHK

オオトンボは史上最大の昆虫かつ、史上最大の飛翔性節足動物で、翼長は約76cmと今のトンボの6倍、

オオトンボと現在のトンボ比較

出典:NHK

鷹と同じぐらい、

オオトンボと鷹の比較

出典:NHK

身長180cmの人の片腕の長さに匹敵するほどのです。

オオトンボと身長180センチの人

出典:NHK

オオトンボは現在のトンボと特徴ときわめてよく似ていることがわかりました。では、なぜ、オオトンボは巨大なのに現在のトンボは身体が小さいのでしょうか?

仮説になりますが、酸素濃度が現在は21%ですが、オオトンボが生息していた3億年ほど前の時代は31%あったことで昆虫が巨大化できたというが説があります。

その仮説を証明する為に、実際に酸素濃度が違う環境(12%と31%)でゴキブリを飼育する研究観察を行いました。

大きさに明確な違いがありました。酸素濃度が高い方のゴキブリが巨大に育ってます。

昆虫には肺ではなく気門があり、気管を通して体全体に酸素を供給してます。で、身体が大きくなると気管が多く必要となり、相対的に筋肉が少なくなってしまうのです。現在のトンボが小さいのは筋肉が減って、運動能力が落ちるのを避けるためと考えられてます。

4位:パラケラテリウム

1911年、パキスタンで約3000万年前のパラケラテリウム(キリンと像を掛け合わせたようなイメージ)の化石が発見され、現在はイギリスで保管されています。

パラケラテリウムの化石

出典:NHK

パラケラテリウムは史上最大の陸生哺乳類で、頭までの高さ7.6m、身長180cmの人は足の間に収まってしまい、アフリカ象の2倍の高さ、体重は約22トンでアフリカ象の3倍です。

パラケラテリウムと象・人との比較

出典:barbarossa.red

パラケラテリウムの髙い木の実を食べるために高さだけ大きくなったということだけでなく、身体全体が巨大化した原因は別にあるということです。

厳しい生息環境に適応するために必要だったと考えられてます。

身体の巨大化で水分を蓄える余裕ができ、水や食料がなくても、しばらくはしのげることができたのです。

3位:翼竜

2008年、ルーマニアトランシルバニア地方で約7000万年前(白亜紀後期)の翼竜(ハツェゴプテリクス)の巨大な首の骨の化石が発見されました。

7000万年前のこの地域の気候は今とはかなり異なり、気温が高く、熱帯性の海に多くの島が浮かび、緑豊かでさまざまな生物がいました。

足元から頭の上までの高さは4.9m、人間の約3倍あります。

翼竜と人との比較

出典:NHK

目の位置もキリン並みの高さです。

翼竜とキリンの比較

出典:NHK

翼開長11メートルと小型ジェット機に匹敵します。

翼竜と小型ジェット機の比較

出典:NHK

実は、巨大な翼竜がどのようにして空に飛び立ったかはっきりとはわかっていません。

アメリカテキサスで発見された最大級の翼竜であるケツァルコアトルス(Quetzalcoatlus)の研究で、翼の骨をCTスキャンしてみたところ内部の空洞に支柱のような構造があり、骨の強度を高めています。特に肩のあたりが頑丈になってます。

現在の鳥の翼の骨とは構造が大きく異なっており、飛行や歩行のためだけなら骨の強度が高すぎるのです。謎です。

謎を解く鍵は骨にある大きな溝で、その溝に沿って太い大きな、弾力性に富んだ腱が翼の先まであったと考えました。

翼竜の翼の腱

出典:NHK

翼竜はその弾力性に富んだ腱と筋肉の収縮する力を使って、弓と同じように空に飛び立ったと。

後ろ足をかがめてうずくまり、

翼竜がかがんでる

出典:NHK

そして両足を伸ばし棒高とびの棒のように、翼を使いジャンプします。

翼竜が飛び出す

出典:NHK

巨大な翼で地面を強く押し、ため込んだエネルギーを解き放つのです。

翼竜が飛び出した

出典:NHK

現在のチスイコウモリと同じ飛び方です。

まだ仮説ですが、計算上、250Kgの翼竜でも、50gのチスイコウモリと同じようにして、地面から2mほど飛び上れば巨大な翼を広げてはばたくことができ、大空を飛んでいたと考えられます。

2位:スピノサウルス

2013年アフリカモロッコのサハラ砂漠で今からおよそ1億年前に生息していたスピノサウルスの骨が発見されました。

スピノサウルス化石

出典:NHK

外見は他の肉食恐竜と全く違い、顎の長さは1.5m以上あり、人間ほどの獲物でも丸飲みすることができ、腕の長さも肉食恐竜としては異例の長さです。

スピノサウルスは歩くときに腕を使っていたと考えられます。

後ろ足は平たくて非常に幅があります。船のパドルのような形です。水かきがあったのではないかと考えられてます。

身体の高さは4.6m、

スピノサウルスと人の比較

出典:NHK

全長は15.2mでティラノサウルスより3m上回り、はしご車と同じぐらいです。

スピノサウルスとティラノサウルスの比較

出典:NHK

体重は22トン

スピノサウルスとはしご車の比較

出典:NHK

スピノサウルスは何を食べて生きていたのでしょう?

スピノサウルスは魚を獲物にしていたのではないかと考えられます。

というのは、不思議なことに獲物であるはずの植物食恐竜の骨はほとんどみつかってないのです。

巨大な体で素早く動く魚を捕えることはできたのでしょうか?

スピノサウルスの鼻の骨の部分に多くの穴があります。鼻の骨の内部には表面の穴と通じる管のネットワークがあることが明らかになりました。

スピノサウルスの鼻の部分に多くの穴

出典:NHK

現代のワニと同じような神経血管孔をもっていたと考えられます。

ワニ、神経血管孔

出典:NHK

ワニはこの神経血管孔のセンサーをもつため、500分の1秒の速さで反応することが可能です。

魚を捕食するスピノサウルス

出典:NHK

スピノサウルスを最強の捕食者にしたのは鼻のセンサーです。

大きなアゴを使って、水中で獲物を待ち構え、素早く捕えたと考えられてます。

ワニよりめちゃめちゃ大きいのにこの俊敏さ、超こわ~!!!

1位:アルゼンチノサウルス

2005年 アルゼンチンパタゴニア 最初に掘り出された骨は大たい骨で1.8mもありました。その後3シーズンかけて145個の骨を発掘しました。

地上棲の動物としては史上最大級と推定されている7500年前の竜脚類アルゼンティノサウルスです。

アルゼンティノサウルスの大腿骨

出典:NHK

わかります?アルゼンチノサウルスの顔の前に立ってる人と尾のところにあるのが車です。

アルゼンティノサウルスの大きさ

出典:NHK

身体の高さは9m以上ありました。3階建てのビルより高く、背の高い人でも膝にすら届かないのです。

アルゼンティノサウルスと人の比較

出典:NHK

90トンの体重はティラノサウルス11頭分の重さです。

アルゼンティノサウルスとティラノサウルスの比較

出典:NHK

頭から尾の先まではおよそ40m、スペースシャトルの長さに匹敵します。

アルゼンティノサウルスとスペースシャトルの比較

出典:NHK

しかし、アルゼンチノノサウルスの頭の大きさは馬の頭程度しかありません。植物を咀嚼せずにそのまま飲み込んでたので、大きなアゴは必要なかったのです。

1日に2トン以上の植物を丸ごと飲み込んでいました。巨体を一ヶ所に落ちつけて身体を動かくことなく、膨大なエネルギーを摂取していました。植物を食べつくすと、少しだけずれて、食べることを繰り返してました。

カロリーをあまり消費しないで大量の食料を摂取していたことで、巨大化していったのでしょう。

<Sponserd Link>



最後に

2位でしたけど、スピノサウルスが一番怖いです。考えただけで、ドキドキしました。

でも、記事を書いてるだけでおもしろかったです。次回は水の世界の史上最大の放送を記事にしたいと思います。
<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK