爆笑問題太田がソフトバンク孫正義社長をネタにボケまくり(笑)、NHK SP「マネー・ワールド」で。

softbankペッパー

2018年10月8日21時~、NHKスペシャル「マネー・ワールド~資本主義の未来~」の第2集”仕事がなくなる!?”が放送されました。

MCが爆笑問題、ゲストが孫正義さん(ソフトバンクグループ社長)と新井紀子さん(国立情報学研究所教授)で基本はまじめな話なんですが、爆笑問題太田光さんがちょいちょい孫社長をいじったりしているところがおもしろく、そこの部分だけ紹介します。
<Sponserd Link>



爆笑問題太田さんのさすが

オープニング

お茶立てロボット

出典:NHK

太田さん「田中、もう始まってるんだからさ、悠長にお茶なんか入れてる場合じゃないだろ、お前」

田中さん「いやいや、俺はこっち」

否定する田中さん

出典:NHK

太田さん「お前はロボットだろ」

田中さん「ロボットじゃねぇ」ww「今日は人工知能とかロボットに関するお話でございます」

太田さん「あっ、孫正義さんのロボット?」www

太田さん、孫さんでボケる

出典:NHK

太田さん「出来てるんだ、これ」www

孫さん、笑顔

出典:NHK

孫さん、笑顔で「本人です」www

 

田中さんが孫社長を紹介した時に軽いジョーク

太田さん「社長は、今日はNHKを買収に来た・・・?」

孫社長「いや、いや、いや・・・」www

田中さん「なんでもかんでも、そういう人じゃない・・・」

太田さん、NHKスタッフを指さしながら「今、戦々恐々としてる・・・」と。www

NHKを指さしてる太田さん

出典:NHK

経済学者ケインズの著書の孫は孫社長のことだった!?

20世紀を代表する経済学者ジョン・メイナード・ケアンズは1930年に「孫の時代の経済的可能性」という論文を発表しました。

その中でテクノロジーの急速な進歩によって生まれる失業を技術的失業を名付け、未来に警鐘を鳴らしました。

経済学者ケインズ

出典:NHK

今、そのケインズの予言がAIやロボットによって現実になろうとしているのです。

という説明の後、AIやロボットによって仕事が成立している現実の例と、その中にソフトバンクのAIやロボット(下記画像もソフトバンクの掃除ロボット)がいくつもあったからでしょう。

ソフトバンクの掃除ロボット

出典:NHK

太田さん「だから、そのケインズは”孫(まご)の時代には”っていうけど、あれもしかして”孫(そん)の時代”・・・」

田中さん「違うよ!」とすかさずツッコミwww

さらに、「同じ字だけど。”孫(そん)の時代には”って、あそこでは言うわけないでしょ」

太田さん「それすら、予告・・・」

田中さん「いやいや、確かにね」「それを予告したんじゃない、孫(まご)じゃなくて孫(そん)だったのかな」

孫さん、さすがに笑うしかない

出典:NHK

孫さんも、さすがに笑うしかない。
<Sponserd Link>



最後に

いや~、爆笑問題太田さん、おもしろい!

でも、本当はまじめな番組なんですよ。おもしろいところだけピックアップしただけですからね。

下記に念のため番組内容を。

爆笑問題と共にお届けする経済エンターテインメント。

第2回はAIやロボットが私たちの懐具合に与える衝撃。AIやロボットが、これまで人間が行っていた仕事を担うようになり、私たちは富を生み出せなくなる、当然収入も減る…。

そんな時代が、もう目の前に迫っている。ラスベガスでは、カジノホテルの従業員たちがAI・ロボットに仕事を奪われることを危惧し、大規模なデモを展開。アメリカでは、ホテルなどのサービス業や農業、金融業といった様々な分野にAIやロボットが進出し、人間の雇用に置き換わっている。

中国もまたAIやロボットによる自動化を積極的に進め、無人スーパーや無人宅配便などが続々と誕生している。

その激しいうねりは、日本にも押し寄せている。大手銀行が昨年発表した大規模なAI導入と従業員削減のニュースは、日本中の金融関係者に衝撃を与え、多くの人が転職の道を探り始めた。AIやロボットが幅を利かせる近い未来、私たち人間はどのようにして生きていけばよいのか? 知恵を振り絞って考える。

引用:NHK番組表より

今日のニュースで”爆笑問題太田光さん「日大裏口入学」記事で新潮社を提訴”とありましたが、太田さん、がんばれ!ファイト!

<Sponserd Link>


2 件のコメント

  • 所詮漫才芸人ごときが、どの面下げて孫さんと台頭に語ってるんでしょうか?
    私は吉本芸人にしろ、たけしにしろ、芸人風情が人気を傘に政治や世相をしたり顔して
    大衆を扇動するがごとくTVで語ってるのを見ると虫唾が走ります。
    どうせ、彼らの人気を盾に誤った世論に誘導するのが目的のイルミナティどもが
    彼らをおだて金を掴ませTVで語らせてるに過ぎません。
    不遇な時代を過ごした芸人ならば、彼らの洗脳技術にコロッと引っ掛って
    彼らの半ばスポークスマンのごとく、視聴者を騙し間違った方向へ世論誘導する手先と化するのは
    容易に想像できますね・

    • コメントありがとうございます。
      こういった番組の本質はTop_IDOL_Japanさんのおっしゃる通りかもしれませんね。
      きっと、孫さんと新井紀子さん(国立情報学研究所教授)だけの討論だと視聴する人は少ないでしょう。
      お笑いの爆笑問題がMCをすることで視聴率を上げる効果の狙いもあるんでしょうね。
      誰でも思惑があって生きてますからね。致し方ないことかもしれません。
      たしかに、ノベール医学生理学賞を受賞された本庶佑さんもおっしゃってた「常識を疑う大切さ」は必要というかもしれませんね。
      貴重なご意見ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    CY

    1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK