ナイナイ岡村、あふれる大阪愛だけど、大阪のおばちゃんが派手な理由を間違え叱られた!厳しいwww

チコちゃん

2019年5月24日のNHK「チコちゃんに叱られる!」で、大阪のおばちゃんのイメージというとアニマル柄の派手な服ですが、大阪のおばちゃんが派手好きな理由が、なんと歴史的なことに関係することだったのです。

チコちゃんがいつも通り「ネェネェ、岡村」「この中で一番大阪愛が強いステキな大人ってだーれ?」で、自分を指さした、挙手したナイナイの岡村さん。「住民票大阪のままだし」と。

「大阪のおばちゃんのイメージは?」というチコちゅんの問いに「派手な服を着てる」と答える岡村さん。

「なんで、大阪のおばちゃんは派手なの?」(チコちゃん)、「自己主張が強いんでしょう」(岡村さん)「そう、それはどこから来てるの?」(チコちゃん)

大阪のおばちゃんが派手なのを説明できる理由なんて、あるの???と思って見ていたのですが、意外ですがまじめな理由があったのです。

チコちゃんが教えてくれたんですけどね。紹介します。
<Sponserd Link>



将軍様の言うことを聞かなかったから!?

元禄文化が発端

江戸時代以前の庶民は経済的にゆとりがないので、質素な恰好をしていたのです。江戸時代に入って派手になります。

派手になった理由の一つとして町民文化の発達があるからです。

元禄文化

出典:NHK

江戸時代に戦が亡くなり、商業が発展したことで、庶民が経済力を持つことになって町民たちが作り上げた、華やかさが特徴な元禄文化として誕生したことが発端となります。

歌舞伎や浮世絵

出典:NHK

 

この時代に町人たちが息抜きに楽しんでいた歌舞伎や浮世絵などが、やがた流行の発信源となっていくのです。

歌舞伎役者の着物、髪型、化粧を取り入れたいというファッションリーダーということで、町人がマネていっったのです。特に女性たちの着物の派手さが目立つようになります。

元禄時代の着物

出典:NHK

<Sponserd Link>


権力に対する反骨心で派手

しかし、天保12年に行われた天保の改革で江戸幕府は倹約令を実施し、ぜいたく品は取り締まりの対象となります。

その結果、日本中の女性たちは派手な身なりから質素な身なりになります。

しかし、日本で唯一変わらなかった町が大阪だったのです。

天下の台所と呼ばれ物流の中心地で、圧倒的に町人に勢いがあった大阪の町人たちは自分たちのお金で町を作り、動かしてるという自負を持っており、お上の言うことだけをきいていたわけではないということでした。

大阪のおばちゃんの元

出典:NHK

大阪の女性たちは権力に対しての反骨心から派手な格好をやめようとしなかったのです。

着物の裏地や下着を派手にしたりと。

表面的には無抵抗で従っているように見せておいて、お上の目をうまくかわしていき、その歴史を引き継いでいったので、今の大阪のおばちゃんは派手な格好なのです。
<Sponserd Link>


しかし、なぜアニマル柄を?

大阪のおばちゃん派手な理由もアニマル柄を着る理由は、諸説ありますが、今は人を楽しませるためのコミュニケーションツールになってるということです。

それは、それで大阪のおばちゃんはすごい!愛されるわけですね。

 

<Sponserd Link>



最後に

岡村さんは大阪のおばちゃんが派手なきっかけになったのは1970年の大阪万博という答え。

ナイナイ岡村さん

出典:NHK

万博に世界のいろんなカラフルな衣装、髪の毛も金髪、目の色も違う人が大阪にいっぱい来た時に、大阪の人は「うちらも負けてられへんな」ということで、以降派手な衣装が売られるようになったということの話をした後、チコちゃんに「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱られてました。

「そんなわけおまへん」とチコちゃん。

ところで、大阪のおばちゃんが派手な理由を深堀りするなんてさすがチコちゃんだね。

<Sponserd Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK