多くの人々の思いが募り、1年かけて開発したAI美空ひばりの新曲「あれから」で、天童よしみも涙が止まらない。

AI美空ひばりさんの語りで涙が

2019年9月29日(日)21時、「NHKスペシャル」は”AIでよみがえる美空ひばり”で期間1年をかけて開発したAI美空ひばりが秋元康作詞の新曲「あれから」を歌い、多くの方を感動させました。

新曲の作詞は秋元康さん、衣装デザインは森英恵さん、振り付けは天童よしみさんという布陣で、どうしても令和の時代に、令和の曲をAI美空ひばりに歌ってほしいという思いで立ち上げられたプロジェクト。

美空ひばりさんのこれまでにない曲調の新曲にこだわり、語りも入れるという、極上の難題に取り組んだチームが辿り着いたAI美空ひばりで多くの人の感動を読んでいました。わたしも感動しました。

天童よしみ号泣

出典:NHK

YouTubeでアップされていた完成した「あれから」を聴くだけでも感動なのですが、どれだけの人がどんな気持ちで、どれだけ時間をかけて、どのような苦労をして美空ひばりさんの新曲を歌うAIを開発したのかを残しておくべきと思い記事にまとめました。

<Sponserd Link>



多くの人の気持ちが詰まったAIが感動を与えた

今までの美空ひばりさんの歌を半年学習したAI

美空ひばりさんは生涯で1500曲をレコーディングしており、低音から高音、演歌からジャズ、バラードまでどんな歌でも自在にこなし、七色の歌声とも呼ばれてきました。

その歌声をAIが学習するため、レコード会社からボーカルのみのデータを教師データとして提供してもらいました。

AIはひばりさんの声を1秒当たり100分割し、音符と歌詞を元に、ひばりさんどう声を出したか、楽譜と歌声を照らし合わせながら解析し、相関関係をルールを見つけ出します。

半年間のディープラーニングAI美空ひばりに「アナと雪の女王」の楽譜を与えてみると、開発者は聴く限り美空ひばりさんらしさは出ていると。

秋元康さん作詞の曲「あれから」デモ音源

秋元康さんは30年前、美空ひばりさん最後の曲「川の流れのように」を作詞したニューヨークで、AI美空ひばりの新曲を書こうと決めていました。

「あれから」という言葉がぐるぐると頭の中で廻ってると

20回近く書き直して、作詞完成。タイトルは「あれから」。

デモの音源の中には語りが。

秋元さんはどうしても語りを入れたかったのです。

<Sponserd Link>


新曲であることで難しい上に、語りがあるということでさらに

新曲「あれから」の楽譜をAI美空ひばりに与えてみると、今までになかった曲調に、ディープラーニングで学習してきたルールが通用せず、つたない歌に。

何が足りなくて、何を再現しなくてはいけないかを、開発者が考えて教師データをAIに学習させていく課題が。

さらに、語りについては学ぶべき教師データが不足しており、「悲しい酒」の1曲だけということも開発者を苦しめました。

「悲しい酒」の語りを学ばせてから、「あれから」の語り部分をAI美空ひばりに語らせてみると、やはり、悲しい語り口調になってしまう結果に。

そこで、美空ひばりさんの一人息子、加藤和也さんから貴重な音声データとして、ひばりさんが地方公演などで家を空ける時は和也さんと必ず一緒でしたが、和也さんが学校で一緒できない時にひばりさんが童話を吹き込んだテープを提供して頂きました。

提供して頂いたデータによって語りを実現できる目途が立ちました。
<Sponserd Link>


振付はひばりさんを師と仰ぐ天童よしみさんが

美空ひばりさんの専属の振付師はおりませんでした。

そこで、8歳の時にひばりさんの大阪公演に出演したのがきっかけで、プロの道を志し、ひばりさんの歌と動きを自分のものにしようとレコードを聴きこみ、ビデオを擦り切れるほど見てきた天童よしみさんに、ひばりさんになりきって「あれから」を歌ってもらい、その動きをモーションキャプチャーでデータ化し、CGに起こしていきました。

髪型は生前ひばりさんのヘアメイクを25年務めた白石さんに、衣装はひばりさんが42歳の頃からステージ衣装の全てを手掛けてきたファッションデザイナー森英恵さんに。

<Sponserd Link>


ひばりさんだけが出す7000Hz以上の高次倍音が気持ちを打つ

美空ひばりさんの復活のコンサートまで1ヶ月半を切った頃に、開発中の歌声を美空ひばりさん後援会の皆さんに聴いてもらういました。

ひばりさんの声が持つ独特の力が足りないと厳しい指摘が。

秋元康さんも「これだと やっぱり 人間味がない」「歌って、きっちりスコア通りに歌うのがうまいのか」「的確にデータで作っているので」「もうちょっと雑味というか 人間臭さとか温かみとか」「ひばりさんのすごさってそこにあるような気がして」「包み込む大きさがあるでしょう そこには」

今のままでは、歌い方はひばりさんになってますが、人の心をうごかせるまでではないということです。

そこで、歌声解析の研究者に分析してもらったところ高次倍音(数オクターブ高い音)という特殊な声が見つかりました。

美空ひばりさんはモンゴルのホーミーのように一人で歌ってるのに同時に2音が聞こえるという、ものすごく不思議な歌い方をしており、曲の必要な箇所だけにピンポイントで出しているのです。

もう一つ、ヤマハの開発者大道さんは高次倍音のほかに、音程やタイミングが音符とのずれがあることもわかりました。

今までのAI美空ひばりは音程、タイミング、音色、ビブラートの4つの要素に特化したAIで、いずれも歌に深みを与える要素ですが、新曲では楽譜に縛られ十分に機能していなかったのです。

そこで、音程とタイミングのずれを担う2つの要素の関与の度合いを強めることに。

開発から1年近く、高次倍音も出現し、完成に近づいていました。

<Sponserd Link>



最後に

AI美空ひばりコンサート開演。「あれから」。

夕日がまた沈んでいく あっという間の一日

どこかに大事な何かを 置き忘れたような自分の影

チ変遷は変わらないのに 静かに移ろう景色

生きるというのは別れを知ること 愛しい人よ

あれから どうしていましたか

私も歳をとりました

今でも 昔の歌を 気づくと口ずさんでいます

振り向けば幸せな時代でしたね

語り「お久しぶりです」「あなたのことをずっと見ていましたよ」「頑張りましたね」「さぁ 私の分までまだまだ頑張って」

何故だか涙が止まらない 心がただふるえています

あれから どうしていましたか

私も歳をとりました

今でも 昔の歌を 気づくと口ずさんでいます

振り向けば幸せな時代でしたね

コンサート後の天童よしみ

出典:NHK

この曲を聴くだけで、わたしも目頭が熱くなってしまいます。歳をとりましたね。

 

<Sponserd Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK