伊豆旅行はIzukoで楽ちん決済、乗合交通もわかりやすくシームレスにつなぐ 移動が可能

MaaS用アプリIzuko

2019年4月1日、伊豆で日本初の観光型Mobility as a Service(MaaS、マース)を実証実験が開始されました。

今回始った実証実験では、東伊豆や中伊豆エリアで行なわれ、日英2カ国語に対応した”Izuko”(イズコ)と呼ばれるアプリを利用します。

実証実験期間は4月1日から6月30日までと、9月1日から11月30日までの2期。

東京急行電鉄(東急)、JR東日本、ジェイアール東日本企画の3社は、伊豆エリアに点在する観光拠点間のシームレスな移動や、Internet of Things(IoT、モノのインターネット)を活用しての交通・観光事業などの最適化、キャッシュレスや多言語対応の問題解決が期待されるとしています。

では、具体的な利用についてと、注意しておかなくてはいけないことを紹介します。

<Sponserd Link>



伊豆への旅行はシームレスに

Izuko利用で一番うれしいのは乗り合い交通がわかりやすいこと

ルート検索で現在地から目的地を入力すると、所要時間が短いルートや料金が安いルートなど、複数のルートが提案されます。

予約についてはIzukoアプリ上でタブを切り替えて配車予約することが可能です。

決済についてはクレジットカードに対応し、2日間有効のデジタルフリーパスが2種類用意されています。

「Izuko イースト」(大人3,700円、小人1,850円)、伊豆急全線と伊東市内、下田駅周辺の路線バスが乗り放題になるチケットと、

Izukoイースト

出典:izuko.info

「Izuko ワイド」(大人4,300円、小人2,150円)、伊豆箱根鉄道の駿豆線全線、修善寺駅、下田駅周辺の路線バス乗り放題に加え、東海バス(修善寺―河津)、伊豆急線(河津―下田―伊東)が、一方向のルートのみ乗降自由です。

Izukoワイド

出典:izuko.info

アプリ上でチケットを購入した後は、各交通機関に乗る際にアプリ画面を見せるだけなので簡単です。

ここまでの感じだとフリーパスチケットを購入する手間が省けるくらいな感じに思えますが、以下が特に便利にかんじられるところ。

Izukoアプリでは小室山リフトや下田海中水族館など対象エリアにある観光施設の入場券が事前に最安値購入でき、入場時にアプリ画面を見せるだけです。

そして、今回の実証実験で利用者に一番便利さ感じられるところは、下田エリアで展開されるAIオンデマンド乗り合い交通に対応しているところです。

伊豆急下田駅の南側2km程度のエリアを対象に、7人乗り(運転手込み)のジャンボタクシーが平日1台、休日2台稼働しており、16ヶ所のバーチャルバスストップが設定されており、ユーザーがIzukoアプリで乗車場所、降車場所を選ぶと、近くにいる車両をリアルタイムでマッチングし、最適な走行ルートをAIで決定してくれるのです。

利用手順

出典:izuko.info

AIを活用した乗り合いタクシーは、4月1日から6月30日までは無料で提供し、9月1日から11月30日までは対象エリアを拡大し、有料で運行する計画です。

実証実験1期で注意すべきこと

今回の1期目の実証実験は西伊豆を除いた範囲ですのでご留意のほど。

AIオンデマンド乗合交通は以下をご注意ください。

・2019年4月29日~5月5日、5月17日~19日は運休

・運行時間は午前10時から午後5時10分まで、申込時間は午前10時から午後5時まで

・1度の予約で最大5名まで(4月7日までは4名)しかし、車両事故の影響で人数変更あります

・運行区域・乗降場所は下田市内限定の16ヶ所(下記バーチャルバスストップMAPご参照のほど)

バーチャルバスストップMAP

出典:izuko.info

 

<Sponserd Link>



最後に

今後、Izukoアプリでは、第2期の実証実験に合わせてホテルや旅館の予約連携を行い、Izuko専用の割安な宿泊セットプランなども打ち出す構えで、対象エリアに西伊豆も加える計画だそうです。

乗合交通がわかりやすく利用できるというのがとてもメリットがありますよね。

また、キャッシュレス化にもつながるいいサービスですね。

年輩の方が利用できるかのか?という疑問はありますが、若い人が使うことで、窓口が混雑緩和されることは年輩の方にもメリットありますし。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK