イージス・アショア配備の閣議決定。防衛守備強化もそうだが、別の裏の理由が。

F-16

2017年12月19日、弾道ミサイルを迎撃できる地上配備型の弾道ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の日本への配備が閣議決定されました。

イージス・アショアとは簡単に言えばイージス艦の陸上施設版です。

イージス艦はどういうものかと言うと、戦闘機など200以上の目標を同時に捕捉、搭載するSM2ミサイルで迎撃でき、高性能なレーダーを活かし、SM3ミサイルを用いて弾道ミサイルも迎撃可能な艦艇です。

このイージス艦を含めた現ミサイル防衛(MD)システムは、もしイージス艦のSM3ミサイルで迎撃失敗した場合は、地上配備の地対空ミサイルPAC3で対処する2段階となってます。

今回、北朝鮮の弾道ミサイル対処もあり現ミサイル防衛(MD)システムでは不足があるという政府の判断です。

日本でイージス・アショア配備の決定理由についてわたしなりに考えたこと、また、そのほかみえてきたことを書きたいと思います。
<Sponserd Link>



日本のイージス・アショア配備決定理由、みえてきたこと

今のイージス艦とPAC3では数が足りない!?現MDシステム

自衛隊はイージス艦、 こんごう、ちょうかい、みょうこう、あたご、きりしま、あしがらの6隻を現在所有しており、今年から8隻を1年に2隻づつのペースで建造し、2022年には14隻になる予定です。

イージス艦

また、日本全国にPAC3は34あります。2基が1セットとなりますので、全国で17か所にあり、射程距離が半径約25kmになりますので、守備範囲は25Km×25Km×3.14×17=33,362 km²になります。日本の領土378,000 km²の9%になりますが、日本は73%が山地なので、15~20%が守備範囲外と言えるでしょう。

PAC3

実際に戦争になった時、ミサイルの標的になるのは、自衛隊や米軍の基地、主要都市、原子力発電所になる可能性が高いと思いますが、無防備である主要都市(政令指定都市+東京で)21個所、原子力発電所54基を単純に数だけでは不足していると思えてしまいます。

イージス・アショアの費用

今年、2018年度のイージス・アショアの基本設計費が7億円で、5年後の運用開始を目指します。

イージス・アショアの設置総費用は1基あたり1千億円弱と説明がなされてますが、今後、最新型のレーダーなどを搭載すれば、費用が膨らむのは必至でしょう。

日本のイージス・アショアより前に東欧に

2016年5月19日から、既にアメリカ軍はルーマニアで、イージス・アショアの運用・管理を開始してます。アメリカは中東のイランなどから防衛する為と説明していますが、実際はロシアから欧州を防衛する為のシステムです。

さらに、NATOはBMD態勢を強化するため、 今年2018年、ポーランドにもイージス・アショアの2号システムを設置します。

今回の日本に配備予定のイージス・アショアはルーマニアのイージス・アショアとは少し異なり、ミサイル防衛(MD)システムだけでなく(爆撃機などに対する)防空能力を持ってます。つまり、対空とミサイル防衛の統合型のシステムとなっております。さらに日本の領域、領土のなかで陸上自衛隊が運営する防衛システムです。

しかし。。。

ロシアが過敏に反応したことでみえてきたこと

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官が、日本のイージス・アショア導入決定について「(北東アジア)地域に確実な平和と安定を築く努力に反するものと捉えている」と述べ、日ロ関係に負の影響をもたらすとし、ロシア政府は「深い遺憾の意と深刻な懸念」を抱いていると付け加えてます。

また、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、日本が北朝鮮の脅威に対抗して導入を決めた米国の地上配備型弾道ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」は、北朝鮮への攻撃に使われる恐れがあると警告しています。

このシステムが配備されロシアを包囲すると、ロシアの弾道ミサイルは無力化されてしまうことを恐れてると感じてなりません。
<Sponserd Link>



最後に

日本国民の多くが安倍首相の外交手腕をすごいと思っていることが、「安倍一強」のもっとも大きな要因と思ってます。

イージス・アショア配備でもわかるように、GDPの約1%防衛費でFMS契約なので少し高いかもしれないがアメリカ製の装備を導入し、日米同盟を強化しながら、中国・北朝鮮への防御態勢を整えていくことを表にだし、ロシア包囲網への加担を粛々と進めてると推測します。

ロシアを抑えることで、共産圏各国が外向けに強行する力を徐々にそぎ落とすことは今後の日露関係で優位な外交を進めるためには必要なことと思います。

イージス・アショア配備決定にわたしは異論はありません。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK