ロボットチャーハンに都内店舗従業員の9割が外国人の大阪王将。野菜炒めもベトナム女性が調理

大阪王将の店舗

2019年1月9日(水)のゆうがたサテライトで”外食からみる!2019経済(3)衝撃!チャーハンロボの実力”を約5分放送していました。

内容は品川区西五反田の大阪王将のチャーハンロボの実力については半分程度、残りは店長以外は外国人労働者3人が従業しており、その中の1人のベトナムの女性は日本語がすごく上手で野菜炒めも作っているということ。

大阪王将 西五反田店

出典:テレビ東京

野菜炒めを作ると言っても、ベトナムの女性は最後の味付けと盛り付けだけなのです。

今までの味にどう影響するのか気になりますし、ロボットやベトナムの女性がどのように作ってるかも気になると思いますので紹介します。
<Sponserd Link>



内需拡大のために必要な人手不足解消

チャーハンロボの実力は?

外食産業の人手不足解消に一役買っているこのチャーハンロボットはどんなものでしょうか?

チャーハンが作られている様子を近くから見た画

出典:テレビ東京

近くでチャーハンを作ってる様子を見ると人が作ってるようですが、実はロボットが作ってるのです。

チャーハンロボがチャーハンを作ってる様子(2)

出典:テレビ東京

水平な中華鍋で鍋自体が左右に振られながら、鍋の中にある特殊なアームがあおりを演出し、お米と具が鍋から落ちないようにかき混ぜられてます。

さらに凄いことが、調理時間が1分半という短さなのです。

大阪王将冷凍チャーハン

おそらく、既に冷凍されてる炒めチャーハンが存在し、それを適量鍋に入れてロボットで炒めるから時間が短いのではと思います。

では、出来はどうなんでしょう?

ロボットが作ったチャーハンを一口

出典:テレビ東京

しっとりとした中に、口の中でほぐれるパラパラ感、美味しいと、テレビ東京アナウンサー。

調理マシーン導入での効果

こちらの店舗では調理マシーンを2017年9月に導入したそうですが、実際どのくらいコストダウンしたのでしょうか?

調理ロボのメリット

出典:テレビ東京

店長にきいてみました。

店舗スタッフが1~2人の削減と原価ベースで月50~60万のコスト削減ができているとのことです。

ロボットを投入してからのクレームは1件もないとのことで、チャーハン一皿482円(税抜)という低価格もあり満足度は問題ないということでしょうね。

しかし、接客が悪いと安価ても入りたくないと思うのが今のお客の傾向です。

残りは日本人で、と思いきや。

残りのほとんどは外国人労働

別の調理マシーンを紹介しようと、厨房に入ると外国の男性が2人。

都内の店舗従業員の9割が外国人

出典:テレビ東京

大阪王将では都内の店舗従業員の9割が外国人とのこと。

野菜炒めを作る女性

出典:テレビ東京

しかも、野菜炒めを作る女性もベトナムの女性の方でした。アンさんは日本語がとてもお上手で流暢な方です。

カット済野菜を使用して調理

出典:テレビ東京

具材は工場からカットされて届きます。

ほぼ包丁の使用もなくや仕込みの時間がカットされてますので、人件費の削減にもつながってます。

カットされた野菜をスチーマーにセットするアンさん

出典:テレビ東京

カットされた野菜を調理用スチーマーに入れて30秒で火を通します。

フライパンに蒸された野菜を投入

出典:テレビ東京

その間にアンさんが最後の調理する味付けの準備をして、30秒後フライパンに野菜を投入し、炒めます。

長い期間修行をした職人の技が必要だったお店の料理が、今は外国のアルバイトスタッフでも簡単にしかも味のバラツキもあまりなく再現できるのです。

<Sponserd Link>



最後に

大阪王将では関東と関西の6店舗で調理マシンを導入済みということですが、店舗数の割には少ない気がします。

比較して店舗の外国人労働者の割合はすごいですね。

今後、人件費の高騰と人手不足に悩む外食業界のチェーン店の多くが調理マシーンと外国人労働でコスト削減をして生き残っていこうとするでしょう。

わたしの自宅の近所にあるイオンのフードコーナーのリンガーハットは日本人が対応してくれますが、すぐ近く(イオンから20メートルほど離れた)にある店舗は働いてる2人とも外国人だったので、驚きました。が、それが普通のことになってくのでしょうね。

工場だけでなく介護の場、コンビニ、外食店舗と日本人の働く場所はどんどん減っていくことを受けとめなければいけませんね。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK