消費税引き上げに伴う軽減税率、国税庁が新たな事例を公表。やっと、分かりにくさ解消!?

財布

2019年10月の消費税率10%に引き上げに伴う軽減税率について、2018年11月8日に国税庁が新たな事例を公表しました。

国税庁

軽減税率とは家計の負担を抑えるために一部の商品の税率を8%に据え置く制度で、酒類を除く飲料、食品や定期購読の新聞などが対象となります。

例えば、お弁当は持ち帰れば8%、イートインのスペースで食べる場合だと10%になるなど、ルールが複雑なのです。

では、新たな事例で分かりにくさが解消したのでしょうか?

2018年11月8日の夕方サテライトでわかりやすく説明されていたので、番組を元に確認してみましょう。
<Sponserd Link>



消費税引き上げに伴う軽減税率の今回の国税庁公表について

回転寿司でとった寿司を持ち帰る場合

回転寿司で一度とった寿司を持ち帰ると軽減税率措置は適用されませんので、消費税率は10%となります。

回転ずし

最初から持ち帰り用で注文すると消費税率8%になりますが…

食品だけのカタログギフト

軽減税率措置は適用されず、消費税率は10%となります。

食品ギフトカタログ

出典:concent

持ち帰りか店内で食べるか、要自己申告

イートインのスペースやベンチなどを設置しているお店は基本的に持ち帰りか、店内で食べるかを確認することになります。

ただし、今回国税庁が示した事例ではベンチや休憩スペースがある場合”店内で食べるときは申し出てください”などの掲示を出せば個別に意思確認をしなくてもいいこととしました。

お店の負担を軽減するためにお客に対応を委ねた形ですが…

お客側

パン2個買って、1個はイートインスペースで食べる、1個は持ち帰るなどわざわざそんな細かい申告なんてしないという考えもありますが、実際イートインスペースで食べてることはお店側にかってしまうので言わないといけないという考えもあります。

イートイン、パンと紅茶

お店側

お客が持ち帰ると言って購入してイートインスペースで食べていても、1回買った後に2%分のお金を下さいとは言いづらいのでそのままになってしまうという考えになるののが多いでしょう。

イートインスペース

国税庁

一例ですが、商店街などでテーブルやイスがなくても店の前に立って食べるのが常態化している場合について、外食の10%となるのか持ち帰りの8%になるのか、国税庁は実際の現場を見て個別の判断となるとの回答です。

個別の判断して争いにならないよう、争いなっても治めりために制度が必要なのに、放棄した発言としか…

<Sponserd Link>



最後に

今回国税庁は、お店側から”持ち帰りにするのか”、”店内で食べるか”をその都度確認することは大変な労力が必要という多くの声があったので、応じる形で意思確認をしなくてもいいケースを初めて示しました。

しかし、お店側の負担を少しだけ軽くしたことになったようにみえますが、まだまだお客にはわかりにくく、都度お客がお店側に確認しての購入となったり、購入後になぜこの分は10%なのかなどの説明をしないといけなくなる負担が増えるはずです。

また、コンビニのアルバイトなどでは外国人労働者が増えてきているので説明できないケースが増えるので店長などマネージャーの負担が増えると考えるべきです。

コンビニレジ

外国人労働者の受け入れを増やそうとしてたり、働き方改革などを打ち出してる国が運用を何も考えておらず、混乱を招く制度としか思えません。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK