プーチン大統領、3月の選挙再選濃厚!日本、北方領土問題解決のために今どうしてる?

ロシア国旗

2018年2月2日、ロシアは択捉島の空港を軍民共用政策することの政令をだしました。露メディアは択捉空港の軍民共用化について、空軍が拠点を置くための動きだと伝えています。

このことだけでとらえるとロシアが近年北方領土の実効支配をさらに推し進めようとしているようですが、実際は綱引き中と思います。

択捉

択捉

というのは、2017年11月10日のベトナムでの首脳会談の際にプーチン大統領が「日本が同盟国のアメリカに負っている安全保障上の義務を見極める必要がある」と述べたにもかかわらず、日本政府は2017年12月18日に北朝鮮からのミサイル防御のためにイージス・アショア導入決定をしています。

今年、2018年3月18日にロシア大統領選挙がありますが、2017年12月の世論調査で73%の支持を得てるプーチン大統領の再選は濃厚です。6年前の苦い経験を繰り返さないように法の順守を徹底的した上での圧勝をねらってます。

圧勝して、さらなる盤石な政権基盤をもって「強いロシア」の復権をねらっていると思います。

プーチン大統領が圧勝再選することを前提で今、日本政府はロシアと北方領土交渉はどうやって進めているのでしょうか。
<Sponserd Link>



日本政府が描く計画『共同経済活動』『人の往来』『北方領土4島の帰属』『平和条約締結』

近年・今後のロシア経済の読み

2000年代半ばに高成長しましたが、2010年代に入ると鈍化が続き、2015年にはマイナス成長に転落しました。
転落の要因は、2014年、米FRBによる金融緩和終えん観測の浮上、ウクライナ危機をめぐる欧米諸国による対ロシア経済制裁発動、主力輸出品である原油の国際価格下落、といったマイナスが重なり、ロシア通貨ルーブル為替相場は急落しました為です。

2016年に入ると、原油価格持ち直しを受けてルーブル為替相場が好転に生じたことによる輸入物価上昇の鎮静化が消費者心理を好転させていると見られてます。また、ルーブル高による資本財輸入コスト低下は、企業の設備投資意欲を高めていると見られ、ロシア経済が持ち直しはじめた考えられてます。

しかし、ロシアの産業は、兵器産業に関しては世界有数の力を持つが、民生産業は発展途上国レベルです。旧ソ連の社会主義経済時代が長すぎた後遺症で市場経済への移行が十分に進んでおらず、国営企業が未だに大きな影響力を持っていることなどから、民間部門が潜在力を発揮できないためであると考えられます。
この問題を短期間で解決するのは難しく、ロシア経済は、今後も低成長が続く可能性が高いと考えられます。

ロシアが持つ今後の経済成長のための大きな課題は、エネルギー以外の産業の発展となります。

踏まえて、まず日本は北方領土での共同経済活動を提案し、調査をおこなっております。

まずは今のところは共同経済活動

北方領土での共同経済活動とは海面養殖、温室野菜栽培、島の特性に応じたツアーの開発、風力発電、ごみの減容対策です。

この互恵的な経済協力のすそ野を広げていきいましょうという段階ですね。

プーチン大統領と犬が安倍首相を迎える
<Sponserd Link>



最後に

プーチン大統領は3月の大統領選挙で圧勝し、政権基盤を固め直した安倍首相との間で、在任期間中に日ロの問題を解決する考えを2017年11月のベトナムでの首脳会談で示唆したと日本政府は考えてます。

経済が少し持ち直しつつロシアがイージス・アショア配備決定で生じたロシアの懸念をどうやって共同経済活動で払拭できるか。

わたしは北方領土の共同経済活動と人の往来まで進んだとしても、ロシアは軍事基地は残す条件での北方領土返還をつきつけてくるのではないかと懸念しております。

が、まずは、今年の上半期。特に日本政府のロシア外交を注視しておかなければと考えております。

 

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK