米国の対中国、対ファーウェイに賛同!”歴史的自由な国”と”ではない国”のどちらが覇権をもってるべきかは明白。

トランプ大統領

2019年8月24日、アメリカの対中国への第1弾の関税引き上げから1年余り、第4段の発動の回避どころか関税率が上がるという事態にと、米中貿易は泥沼化になってきました。

米中報復拡大の動き

出典:朝日新聞デジタル

 

また、トランプ大統領のファーウェイに対する措置も徐々に進んでおります。

わたしは以前、「嫌だけど米国は中国からきっと覇権を奪われる!自由市場での企業統制は成しがたいから。通信5Gや南沙の海だけでない、月の裏や宇宙ステーションと中国がアメリカを凌いでも本当にいいの?」とあきらめの気持ちで記事をアップしましたが、対中国、対ファーウェイのトランプ大統領の措置に賛同です。

通信5Gや南沙の海だけでない、月の裏や宇宙ステーションと中国がアメリカを凌いでも本当にいいの?

今月の対中国、対ファーウェイのトランプ大統領の措置をまとめました。
<Sponserd Link>



トランプ大統領の対中国、対ファーウェイ措置

対中国措置

2019年8月13日、アメリカは中国製品に制裁関税を広げる”第4弾”について、スマートフォンやノートパソコン、玩具や衣類など1,600億ドル相当の特定品目の発動を12月15日に先送りすると発表。しかし、第4弾の関税自体は予定通り9月1日に発動することになってます。

2019年8月23日、中国政府は年間輸入総額750億ドル(約8兆円)規模の米国製品5,078品目に5%か10%の追加関税を課すと発表しました。

翌8月24日、トランプ大統領は、これまで(第3弾まで)に課している2,500億ドル相当の中国製品に対する関税を現在の25%から30%に引き上げると表明。10月1日から適用する。さらに中国製品3,000億ドルに課す追加関税第4弾の税率も10%から15%に引き上げるとしました。

<Sponserd Link>


対ファーウェイ措置

2019年8月16日、中国の大手通信会社のファーウェイが次世代通信・5Gに対応スマートフォンを中国国内で初めて発売しました。 価格は日本円でおよそ9万3,000円と、中国メーカー製品としては高価格にもかかわらず、すでに予約が100万台あると言うことです。

ZTEはすでに8月5日に発売開始してますが、来月以降の5Gサービスの開始にあわせ、中国では通信会社が対応するスマホを続々と発表しています。(日本での発売は未定)

しかし、中国ではまだ5G通信網敷設中で、大規模な通信網ができあがるには、まだかなりの時間が必要で、4Gと5Gの併存状態はまだかなり長く続くだろうということです。

今こそ、アメリカはファーウェイをつぶすしていき、中国の5Gやそれに関連する自動運転、AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)などの先端技術開発をすべて遅らせ、アメリカの覇権を維持していかなければならない。

2019年8月19日、アメリカ商務省はファーウェイへの制裁措置の一部猶予期間をさらに90日間延長させました。「ファーウェイに依存している一部の国内通信企業がおり、ファーウェイなしでもやっていけるよう、もう少し時間を与える」という一方で、「エンティティーリスト」にファーウェイの関連会社46社を追加する決定しました。

<Sponserd Link>



最後に

中国は共産主義体制の国です。共産主義とは財産の一部または全部を共同所有することで平等な社会をめざすことです。

では、実際どうか?

人口14億人の共産主義体制の中国には国民は2015年時点で先進国並み(年収3万5000ドル以上)の所得を得ている人は、全体の6.6%。年収1万5,000ドル(165万円)と日本人の4割程度の水準にまで広げても、その割合は24.7%と少なく、5,000ドル未満(55万円)の絶対貧困層が32.6%もいるのです。

矛盾!しませんか?

中国は「アメリカ政府の欲望には際限がない。いじめ的な態度と極限まで圧力を加えるという手段で、不合理な高値を吹っ掛け、経済貿易摩擦が始まって以来進めてきた追加関税を取り消すこともなく、中国の主権に関わる強制的要求を曲げず、双方に残された食い違いを埋めることを遅らせている」ですが、北朝鮮や韓国と同じように辛辣な言葉で攻撃し、自国政府は間違った方向に向かってなく他国が悪いという幼稚なことをやってる国です。

その中国が世界覇権を握ったとき、他国の自由は奪われ兼ねません。

どう考えてもアメリカが覇権を握っていたほうが安全が保障されるのです。どちらがいいかは明白です。

<Sponserd Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK