バイきんぐ小峠の熱い「創る切り口」講座、企画は唯一無二アイデアよりベタ設定の新しい切り口で納得!

熱く語る小峠さん

2019年8月29日、今週は坂口杏里さんが2度目の逮捕と本名が坂口でなかったことがテレビやネットで話題になっていますが、合わせて元カレの小峠さんとの破局理由の検索件数も上昇してきてます。

小峠さん、坂口さんとは大人らしい割り切り方で坂口との交際にみずから幕を引いたということですが、1年半前の「芸人先生」での講座は企画を生み出す方法を、タカラトミーの皆さまも納得しまくりで、参考にしながら企画につなげる最上級の講座と思いました。

実は、昨夜、小峠さんの「芸人先生」の講座の放送を見直して、内容について記事を書きたいと思っていたので、紹介します。
<Sponserd Link>



納得!ばいきんぐ小峠の「創る切り口」講座

タカラトミーの従業員

の悩みは

唯一無二な革新的なおもちゃを作りたいのだが、アイデアが出てこない。

タカラトミー従業員の悩み

出典:NHK

会議に出す企画がまとまらないと、企画の段階で悩んでるとのこと。

が、狙いすぎて今までにボツになった企画は

 

フルコントロールねぶた

出典:NHK

新規事業部の入社15年目の大伴さんは、ねぶた祭りを初めて見、楽しすぎる祭りだと思い、家で再現したくなり、フルコントロールねぶたというラジコンを提案したのですが、全くのボツでした。

ボツポイント

出典:NHK

また、ボーイズ事業部の入社6年目の山本さんは、タカラトミーでは昔からあるけん玉やベーゴマを商品化してヒットしているので、手をつけられてない昔からあるものはなにかということで、泥だんごでみんな作ったことがあり、男の子が気持ちよくなるように、泥だんごをぶつけ合うラジコンのバトルシステムを提案したのだが、偉い人へのプレゼン直前に、泥だんごを落として壊れてしまい着地しなかったということが。

<Sponserd Link>


設定は「ベタ」を選べ

実は、バイきんぐ小峠さんも、売れる前は、唯一無二のネタばかりを考えていたそうです。
そういったネタは自己満足で、他人から共感を得られなかったと振り返ってます。

その昔のネタとは、大工の棟梁が、釘を飲み込んでお腹が痛いと言っている弟子の背中をさするんじゃなくて、鉋で削って釘をとろうとするコントと、巨人2人が、地球や土星、冥王星などを入れ替えたりして、おもちゃのように遊ぶ、というコント。(下記動画でコントの一部が見れます)

小峠さん、コント設定で奇をてらったものは共感を得られにくく、お客さんの頭ががついてこれなかったと、今は反省し、コント設定は誰でも理解できる”ベタ”にすることにしているそうです。

0から1を作る作業は、とても難しい。でも、それに比べると、1から2にするのは、発想が出てきやすいのです。

この考えはアンジャッシュ渡部さんも「芸人先生」で同じことを言ってましたね。以前、記事にしてます。「芸人先生アンジャッシュの超納得のブランディング講座、ANA社員がメモとりまくり‼」で。

新しい観点で切り込め!

その後、試行錯誤し、ベタな設定にし、切り口を新しい観点にしたネタでキングオブコントで優勝

その時のコントネタは”帰省”で、他でもよく設定となるありきたりなベタなネタ設定。(下記動画でコントの一部が見れます)
しかし、切り口を他でやってない”性転換”にすることで、新しいネタに。

もし音信不通の娘が、性転換して帰省してきたら、父親はどう反応するのか?と思わせることで、お客はついてきやすくなるのです。

帰省はよくあるから1、性転換は面白い切り口で10で、掛け合わせると10にすることができたということです。

動画にはもう一つ。

設定がコンビニ、切り口が2回目の強盗で、共感できる状況を設定し、切り口でどんどん変化をつけることで、やっぱりウケます。

カリスマ営業コンサルタントの和田さん、ビジネスでもすでに有効な手段として使われてると、納得でした。(上記の動画で)

<Sponserd Link>



最後に

この以下の動画はぜひみてほしいです。

小峠さんの例えがものすごく上手で、超納得です!

箱で言うと、上や横は誰も見ているが、裏(底)は誰も見ていない。その裏(底)が新しい切り口で、新しい景色が見ることで、ヒントが生まれるのではと。
小峠さん、共感しやすいです。すばらしいっす!

<Sponserd Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK