オリンピック平昌大会、メダル数11個以上の過去最高有力!

オリンピックの旗

12月22日、日本オリンピック委員会(JOC)は、海外での冬季オリンピック過去最多のメダルを獲得したソチ大会の8個を超える成績を目指すことを確認しました。

冬季オリンピック、日本は1998年の長野大会で金メダル5つを含む10個のメダルを獲得したのが過去最高の成績です。

12月27日現在の代表、メダル有力選手の現状とオリンピックメダルぐあいを記事にします。
<Sponserd Link>



メダル数11個、内金メダル3個はいける!

スキー ジャンプ 女子

高梨 沙羅①
この冬のW杯 4位、4位、3位、3位の成績
伊藤 有希
この冬のW杯 5位、3位、5位、5位の成績この冬、ノルウェーのルンビュ、ドイツのアルトハウスに後れをとっておりますが、メダル圏内の二人。
最悪でもどちらかがメダルを獲得できるでしょう。

高梨選手には金を期待してます→オリンピック(平昌)で、高梨沙羅選手金メダルを

スキー ノルディック複合

渡部 暁斗②
この冬のW杯 3位、1位、11位、6位、5位、16位の成績
飛躍でTOPから30秒以内ならメダル圏内でしょう。

スキー フリースタイル 男子モーグル

堀島 行真
この冬のW杯 8位、予選敗退、7位の成績
昨春3月のW杯にて日本男子初シングル、デュアルで二冠の調子が取り戻せればメダル圏内だが。

スケート スピードスケート 女子

小平 奈緒③④
この冬のW杯は
500m 1位、1位、1位、1位
1000m -、1位、-、1位
高木 美帆⑤
この冬のW杯は
1000m 2位、2位、-、-
1500m 1位、1位、-、1位
3000m 4位、-、1位、-
お二人で2個以上のメダルが期待できます。

小平選手の記事はこちらで→冬季オリンピック(平昌)、金メダルに一番近い小平奈緒選手

スケート スピードスケート 女子 パシュート

高木 美帆/高木 菜那/佐藤綾乃⑥
この冬のW杯 1位、-、1位、1位
3戦連続の世界新です。

メダルはほぼいけるはずです。
<Sponserd Link>


アイスホッケー 女子

日本代表チーム「スマイルジャパン」
2017年2月に出場決定!
Bグループから上位2チームが決勝へ進める。
Bグループは世界ランク5位のスウェーデン、6位のスイス、22位の韓国、9位の日本。
過去2回出場のオリンピックでは未勝利だが、今回は決勝進出の希望はもてる。

カーリング 女子

藤澤 五月/吉田 知那美/吉田 夕梨花/鈴木 夕湖/本橋 麻里
混戦のため、波にのれればメダルを狙えるが、最下位もある。

カーリング 男子

両角 友祐/両角 公祐/山口 剛史/清水 徹郎/平田 洸介
カナダの強さは特筆、銀、銅メダルをねらえる。5位以上は望める。

スケート ショートトラック 女子

菊池 純礼
斎藤 仁美
神長 汐音
菊池 悠希
伊藤 亜由子
今季のW杯ではまだメダルがない。今のところ厳しい。

スケート ショートトラック 男子

坂爪 亮介
吉永 一貴
横山 大希
渡辺 啓太
斎藤 慧
3大会ぶり、がんばってほしい。

スキー クロスカントリー 男子

吉田 圭伸
この冬のW杯 68位、45位、16位、25位の成績
メダルは厳しそうですが、自己目標超えを期待。

スキー フリースタイル 女子スキークロス

梅原 玲奈
この冬のW杯 18位、14位、20位の成績
メダルは厳しそうですが、自己目標超えを期待。

スキー フリースタイル 女子ハーフパイプ

小野塚 彩那⑦
ソチオリンピックで銅メダル
この冬のW杯 8位、転倒予選落ち
前季のW杯優勝の調子をとりもどせば、メダルがとれる。

スキー スノーボード 女子ハーフパイプ

松本 遥奈  8位、欠場、
大江 光   5位、予選落ち、5位
今井 胡桃  予選落ち、予選落ち、4位
冨田 せな  予選落ち、4位、2位
安定した成績を残すのは厳しいが、冨田選手は成績を上げてきています。期待。

スキー スノーボード 男子ハーフパイプ

平野 歩夢⑧
ソチオリンピックで銀メダル
この冬のW杯 2位、1位、1位の成績
メダルはいけます。

スキー スノーボード 女子パラレル大回転
竹内 智香
ソチオリンピックで銀メダル、5度目のオリンピック
この冬のW杯 9位、予選敗退
今回は少しきびしそう。

スキー スノーボード 女子ビッグエアー

鬼塚 雅
この冬のW杯 7位、2位、2位
5月に「バックサイドダブルコーク1080」を完成、
世界で数人しかできない大技を本番でできるか
できたら、アンナ・ガッサー(オーストリア)と金を争えるでしょう。

スケート フィギュア 女子シングル

宮原 知子
坂本 花織
ロシアのメドベージェワ、ザギトワ、ソツコワ、カナダのオズモンド、イタリアのコストナーが強く、
ロシアの選手の参加がカギとなるが、宮原選手は入賞級と思われる。

スケート フィギュア 男子シングル

羽生-宇野

羽生 結弦⑩
宇野 昌磨⑪
田中 刑事
羽生選手は強い。金でしょう。
宇野選手は表現力が高く、4回転ジャンプも安定して成功し、昨年からの5戦連続300ポイント以上の実力から銀か銅メダルいけそうです。
羽生選手のケガからの復帰とその後の調整がカギだが、誰も負けるイメージをしてないはず。
<Sponserd Link>



最後に

冬季オリンピック、平昌大会まで2ケ月切りました。

メダルの数を考えるとロシア人の個人参加の動向も機になりますね。

でも、まずは、多くの日本人オリンピック代表選手の調子を追いかけていって、オリンピック本番を楽しみたいですね。

やっぱり、高梨沙羅さんに本来の実力、気持ちでオリンピックに臨んでもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK