東京オリンピック金メダル、東洋の魔女の勝因は”回転レシーブ”でも大松監督の”鬼”練習でもなかった!?

東京オリンピック女子バレー

1964年10月の東京オリンピックは日本のメダル総数がアメリカ、ソ連に続いて3番目に多い29個(金16個、銀5個、銅8個)の成績をおさめました。

ウェイトリフティングフェザー級三宅義信さんが世界記録を樹立、お家芸柔道で圧倒的な強さをみせた猪熊功さんや日本人初の体操個人総合優勝を果たした遠藤幸雄さんなどが金メダルでした。

さらに、”東洋の魔女”と言われたバレーボール女子が決勝戦で宿敵ソ連を破り金メダル。世界にその名を轟かせたのです。

その当時は”東洋の魔女”の一番の勝因は回転レシーブと言われていたが、実は”東洋の魔女”の勝因は回転レシーブではなかったという内容のことが「諸説あり!」でやっており、確かに、納得、という内容でおもしろかったので、ご紹介したいと思います。
<Sponserd Link>



東京オリンピック 女子バレー

1964年10月23日、東京オリンピック最終日、バレボール日本女子チームは宿敵ソ連と決勝戦。

身長の高さを武器にパワーで攻めてくるソ連相手に拾ってつなぐ守りのバレーの日本はストレートで3セットを奪い勝利しました。

回転レシーブではない。では何?

この勝利の要因と言われているのが回転レシーブです。

前に倒れながらレシーブし、一回転した後、素早く体制を立て直すことで次の攻撃につなげる。日本が世界で初めて開発した回転レシーブこそが日本女子バレーの強さの秘密だと信じられてきました。

その内容の映像をYouTubeにsenouoさんがアップしてくださってました。ありがたいことです。

ところが、「諸説あり!」では女子バレーの取材に定評があるスポーツライター作家吉井妙子さんは2つの根拠があり、回転レシーブが勝因ではないということを主張。

1つ目の根拠は、1962年の世界選手権で日本は既に回転レシーブを使ってソ連を破っていたので、既に研究されており、東京オリンピックではソ連チームも何度も回転レシーブを使っていたのである。

2つ目の根拠は回転レシーブより勝因の主と考えられる木の葉落としサーブということです。

木の葉落としサーブとは無回転のボールを相手のコートに打っていくサーブです。

ボールの中心をとらえて打つことで無回転になり、空気抵抗を受けて、その時その時によって伸びたり落ちたり、左右に曲がったりしてレシーブしづらいのです。

事実、木の葉落としサーブでソ連チームはことごとくレシーブミスをしているのです。

大松監督自身が著書で”わたしはトレーニングにあたって3分の1以上の時間をサーブの技術革新に費やした”と述べているのです。

大松監督の練習は鬼ではなかった!

東洋の魔女を金メダルに導いた大松監督は猛烈なスパルタで知られていたが、実はいち早くスポーツに科学トレーニングを取り入れた方であった。

例えば、レセプショントレーニング。近距離から速いボールを左右に打ち分けることは一見スパルタにみえますが、実のところ、レシーブなどに必要な反応速度を上げる合理的な練習を行っていたのです。

それは数値にも表れていて、東洋の女子の反応速度は東京オリンピック銅メダル、ミュンヘンオリンピック金メダルの男子バレーボール日本代表を上回ってる記録が残ってます。

当時は練習中に水を飲むことを固く禁じられていた時代だっだのですが、大松監督は練習中に自由に水を飲ませていたのです。

また、選手が身体が痛いと病院に行くと、大松監督のところに報告がきていたということです。選手のケガや体調の変化を見逃さないため医師と連絡を取り合っていたのです。

仏の大松監督

出典:日刊スポーツ 64年10月22日、ソ連戦を翌日に控え、河西主将(左)と打ち合わせをする大松監督

2016年の日刊スポーツの記事で”東洋の魔女に魔法をかけた 「鬼」の大松は仏だった“があり、読んでいて幸せな気持ちになりましたので、わたしの記事にここまでお付き合いいただいた方はぜひご一読頂ければと思います。
<Sponserd Link>



最後に

今ではトップアスリートの世界では当たり前になってる無回転サーブや科学トレーニングですが、1960年代から取り入れていたからこその金メダルだったと納得の「諸説あり!」でした。

バレーボール日本女子、五輪成績

出典:東京新聞Web

今でも、女子バレー日本代表は拾ってつなぐ守りのバレーですが、今までのオリンピック成績は素晴らしいと思います。バレーは女子だけしか見ないという知り合いの方もいますし、負けても期待を裏切らない一生懸命な試合をみせてくれるからなのではないかと思います。

2年後の東京オリンピックでも期待してます。
<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK