血液検査の注射とマンモグラフィーの痛いを抑えるスゴ技があるんだって、いいね!

採血

2019年2月12日の「あさイチ」は、すごく興味深い内容でした。

30~50代女性の約2割は、5年以上病院の検査を受けていないというある調査の結果を受けて、検査が苦手な人に対して、検査を受けに行ってみようかなと少しでも思ってほしいということで、”~病院のイタイ&ツライを攻略するスゴ技~”を実証していました。

そのスゴ技を実証もかねてわかりやすく紹介します。
<Sponserd Link>



知りたい!病院検査の痛い、辛いとおさらばする方法

採血の痛みを減らすスゴ技

お願いで軽減できる

採血の痛みを軽減するためにできるスゴ技は?

出典:NHK

実は採血の前にあるお願いをすれば、痛みを軽減できるすですが、そのお願いとは?と、4択のクイズ形式で。

青:採血する腕を置く台を高めに

赤:腕を縛るバンドの位置を下めに

緑:ハリを指す前の消毒アルコールを多めに

黄:採血用の注射針を細目に

ゲスト回答と視聴者の回答率

出典:NHK

正解は、注射針を細目にです。注射針はお願いすれば替えてくれるそうです。

正解は針細目に

出典:NHK

スタジオの両チームとも正解できなかったのですが、4択で消去法といのもあり、視聴者は40%以上が正解でした。

注射針が細い方が痛みが抑えられることは多くの人が知っていると思いますが、お願いできると思ってない人が多いのでしょうね。

なぜ、細い針の方が痛くないのかですが、

太い針の方が痛い理由

出典:NHK

注射が痛いのは針を刺したときに皮膚上に散らばる痛点を刺激するからで、

細い針の方が痛みが弱い理由

出典:NHK

針が細くなればそれだけ痛点に当たる数が減りますので、痛みが抑えられるのです。

実は多くの病院では子供や血管の細い人のために、太さの違う針を複数用意しているのです。

3種類の太さの注射針

出典:NHK

中でも痛みが一番少ないのが直径0.6mmの別名23番。

細い針のデメリット

出典:NHK

針が細いと痛くないなら、全員細い針を使えばいいと思うのですが、そうすると1回にかかる採血時間が長くなり、大勢の人を採血しなくてはいけないから、結果、受診者の待ち時間が長くなるのです。

採血5秒間で採取できた量の差

出典:NHK

実験で5秒間での採血量を太い針と細い針と比べた場合、上記画像の差が出ました。実際の採血で細い針を使うと1人当たり10秒ほど時間がかかるそうです。

プラス、針を替える時間もかかりますよね。

そう考えると、わたしは自分一人の採血のために査技師の方や他の受診者にストレスを与えること、よっぽどじゃないとお願いできないと思いますが…

でも、子どもや血管が細い方は技師の方も納得すると思いますので、お願いした方がいいと思います。

血管が細い方が何度も針を刺されないための技

まっすぐな血管で真ん中にあり、弾力やある程度の太さがある血管を、美人な血管ということで、技師は探して採血します。

採血する血管

出典:NHK

しかし、血管が細い方の美人な血管をみつけきれず、何度も刺してしまうことがあります。

では、どうすれば技師に美人な血管をみつけてもらいやすくできるのでしょうか?

まず、ひとつめは両腕を見せることです。

両腕とも見せる

出典:NHK

片腕だと3本だが両腕だと選択肢が6本になるので、美人血管に会える確率が上がるということです。

ふたつめは採血前に腕を下にして手をふることです。

腕を下にして手を振る

出典:NHK

心臓より手を下にすることで、血流が手の方に周りやすくなり、血管が見えやすくなるのです。

さらに、採血しやすい血管に変身させる絶大な方法は、カイロで温めることです。

カイロで温めてみる

出典:NHK

カイロで腕の関節をあたためると血管が広がって、血液の流れがよくなり、血管が見やすくなるのです。

カイロで温める前と後の血管

出典:NHK

実際2分間温めてみて、その差を比較すると、上記画像ではあまり差がありませんが、プロが見ると大違いなんだそうです。

温めることで血流が増え、弾力がアップし、採血しやすくなるのです。

番組スタッフの温める前と後の血管

出典:NHK

番組スタッフがカイロで温めたら、真ん中にくっきりと血管がみえるようになってますね。

マンモグラフィの痛みに対する攻略法

マンモグラフィは胸を挟んでX線撮影する装置ですが、乳房に相当な重力をかけるので、挟むとき痛みがものすごくて、二度と乳がん検査を受診したくないという方も少なくないのです。

マンモグラフィの痛み攻略法

出典:NHK

そこで、京都工芸繊維大学教授で、あらゆるものの弾力を測定する研究者佐久間淳さんにマンモグラフィのの圧力を確認してみると、約120ニュートン、12kgの力を一ヶ所にかけるような機構になってるということ。

2リットルのペットボトル6本が乳房に載せられるということと同じなんです。

マンモグラフィの圧力

出典:NHK

これは、想像しただけでも痛い!

人の体に作用する力についてずっと研究している佐久間さんでもかなり大きな力が作用しているということでした。

どうして、こんなに大きな力が必要かというと、圧迫して乳腺自体の組織を押し出すことにより、レントゲンの透過性が高まり、非常に画像が見やすくなるメリットがあるため、どうしても避けては通れない診察方法になっているからです。

いちじくをマンモグラフィで圧迫した画像

出典:NHK

上はいちじくをマンモグラフィで圧迫した画像なんですが、この画像の比較で避けては通れない診察方法というのがわかるということです。

強い力で圧迫した画像だけに映ってる黒い斑点は種。強くないとより奥までX線が届き内部の状態が詳しく判別できるないことがわかると思います。

避けては通れなくても、女性の胸は特定の時期だけ弾力が弱まるので、その時期に検査を受ければ、痛みが少なくてすむのです。

では、どの時期か?4択で出題されてました。

胸の弾力が弱い時期は?4択クイズ

出典:NHK

答えは生理終了直後で、最もかたい生理開始直後に比べ1.4倍ほどの弾力の小ささなんです。

ちなみに、生理開始1週間前は平均5.8(ヨーグルトぐらいの弾力)、生理開始直後は平均6.2(木綿豆腐ぐらいの弾力)、生理終了直後は平均4.4(目玉焼きの白身ぐらいの弾力)、排卵日付近は平均5.6でした。

胸の弾力の最大と最小

出典:NHK

1.4倍弾力が小さいということはつぶれ方が3割増すそいうことなんです。

弾力が小さい方のつぶれ方は約3割ほど大きい

出典:NHK

つまり、3割減の圧力で済むということなのです。

生理終了直後なら80ニュートン、8kgでも適正な検査ができるということになるそうです。

 

<Sponserd Link>



最後に

乳がん検診はマンモグラフィ以外にも検査があますが、40歳以上の場合はマンモグラフィで、40歳未満はエコー(超音波)がオススメとのこと

マンモグラフィ検査は40歳以上で

出典:NHK

40歳未満の方は乳腺が発達していてマンモグラフィでは充分に画像が映らない可能性があり、放射線を使った検査なので、あまり若いうちから受けるのはお勧めできない、厚生労働省の基準でもマンモグラフィは40歳以上が対象となっているそうです。

近江アナは20代にマンモグラフィでの乳がん検査を受けたみたいですが、無駄に痛い思いをしたのだと、かわいそうに思いました。

華丸さん、大吉さん、スタッフの皆さん、かわいそうな近江アナにもっとやさしくしてくださいね。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK