病院の長い待ち時間の主な原因は医者のせいではなくお客のつもりでいる患者が多いからじゃ?!

待合室

2019年1月14日(月)、フジテレビの「新説!所JAPAN」のテーマは”病院の待ち時間”です。

日本では古くから”3時間待ちの3分診療”と言われ、世界的にみても患者の満足度はかなり低いパーセントになってます。

医療制度に関する満足度調査

出典:フジテレビ

日本在住の外国人たちも”日本の病院は設備はすごくしっかりしてるけど、すごく待たせるよね”、”この前腰が痛くて病院に行ったら8時間もかかった”、”フランスでは医療費がタダだから我慢できる”、”日本の病院は2時間も待つらしいなら行かない”などの意見が。

“なぜ、日本の病院は待ち時間が長いのか?”に関して患者・医師・病院の3つの観点から解き明かしてましたので、紹介します。
<Sponserd Link>



待ち時間が長い理由

コンビニ感覚の受診

千葉県流山市の東葛病院は評判も良く、朝から患者が詰めかけています。

東葛病院

出典:フジテレビ

その待ち時間はというと予約時間の15分ごろ前に来た患者さんは40分で診察が終わったということですが、一方予約がなかった患者さんは5時間半待ちということ。

内科の土屋先生は午前中の3時間で受け持つ人数は設定枠24人のところ、予約数は31人です。いっぱいいっぱいになってしまうので、3人枠に4~5人入れて診るのが普通の状態になっているみたいです。

その原因の一つはコンビニ感覚の受信です。症状が軽いのに大きな病院に行って相談や慣れてる先生に診てもらいたいという方が結構多いからなのです。

応召義務

出典:フジテレビ

しかし、医師には応召義務(医師法第十九条)があるから、正当な事由がなければ拒むことはできません。

患者に対しては医師なのでこの応召義務は守るべきことと思いますが、お客の気分で来てる患者に医師の立場で対しなければいけないことは厳しい、お客なら断る店長・店員はいてもいいのが商売というものではないかなと…

しかし、線引きが難しいですね。

経営難による薄利多売

日本政府は医療費の抑制したいと思っているので、医療報酬が低い設定となっているので、日本の病院経営は大病院でさえも倒産するほどになってます。

例えば、盲腸1回の手術に対して国が病院に支払う報酬はイギリス152万円、フランス113万円と比較すると、日本は40万円と非常に少ないのです。

盲腸手術で国から病院に支払われる報酬の差

出典:フジテレビ

しかし、病院への報酬を上げるとなると、国の負担、つまりわたしたちの税金が増えるということになりますので、なかなか上げることができない状況です。

病院の収入と支出の主な流れ

出典:フジテレビ

ということで、人件費である医師をはじめとする医療スタッフを最小限に抑えて運営しないと、薄利多売の状況では病院経営自体が成り立たなくなるのです。

医者が足りない

内科の勤務医土屋先生の30時間続く勤務状況が放送されていました。

朝7時半に出勤し、9時から診察開始。

午前の診察開始

出典:フジテレビ

土屋先生「一息つく気分にもなれない、患者さんずらっと待ってらっしゃるので、早く診てあげなきゃと、あんまり動かないですね」と。

水も飲まず、息もつかずに診療を続けます。

午前診療終了

出典:フジテレビ

4時間後、午前診療が終了。

お昼の食事もさっと済ませ、午後は病棟診療に。この日は若手の医師が出張中の為、土屋先生一人で

病棟診療終了

出典:フジテレビ

約3時間後、病棟診療終了。

これで、勤務終了ではなく、今度は診療委員会に。

診療委員会

出典:フジテレビ

終わっても全病棟の回診。

全病棟の回診

出典:フジテレビ

夜間は緊急患者の外来対応が続きます。

救急外来の対応

出典:フジテレビ

で、土屋先生「現実的には一定責任の立場にある医師はなかなか当直明けだからといって帰れないですよ」「勤務時間が40時間近くなることもあります」と業務が終了したのは出勤して30時間後でした。

業務終了

出典:フジテレビ

この病院や土屋先生に限ったことではないのです。

<Sponserd Link>



最後に

番組の冒頭に”日本人は怒っている。なぜ日本の病院は患者を待たせて平気なのか”という問いかけがありましたが、平気じゃないけど、疲弊していき、目の前の患者さんの対応に集中し、待ち時間のことは極力考えないようになってしまってるのではないかと思います。

日本の病院は患者を待たせて平気なのか?の問いかけ

出典:フジテレビ

金属にも疲労があるのですから…

集中して医師に診てもらうことは患者にとってはいいことだと思うのですが、逆に待たせやがってと感じてる患者はコンビニ感覚の患者なのではないでしょうか。

本当に症状が悪くて、希望の先生に診てもらいたいと思ってる患者ならそこそこは待てるはずです。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK