不整脈、最新”カプセル型ペースメーカー”!手術30分足らず ゆうがた診9

Pacemaker-GuidantMeridianSR

テレビ東京の月~金、夕方4時54分~5時 20分に放送される「ゆうがたサテライト」という情報番組内の”ゆうがた診療所”の紹介第9段です。

2018年7月2日の放送は高齢化とともに患者数は増加、現在50万人と言われる不整脈改善の最新医療器具”カプセル型ペースメーカー”が紹介されていました。

今までのペースメーカーとは比較にならないサイズで非常に驚きました。また、患者への負担が非常に少ないので、ご紹介します。

カプセル型ペースメーカーサイズ感

出典:テレビ東京 番組表

<Sponserd Link>



入れてることを感じないペースメーカー

特徴(サイズ・電池寿命)

直径は7ミリメートル、長さは3センチメートル程度。この中に電池やセンサーが内蔵されており、心臓の中で電気信号を起こす仕組みです。

電池寿命は10年以上あります。

カプセル型ペースメーカーサイズ

出典:テレビ東京 番組表

 

従来のペースメーカーとの比較

従来のペ-スメーカーと比べて大きさはおよそ10分の1です。ですので、心臓内に留めておけるのです。

従来のペースメーカーとの比較

出典:テレビ東京 番組表

従来のペースメーカーとの手術比較

これまでのペースメーカーは手術で皮膚の下に埋め込み、細いコードを血管から心臓に通します。そこに、電気を流して心臓を規則的に動かしていました。

ただ、身体に傷が残る上に感染症のリスクもありました。

従来のペースメーカーの手術

出典:テレビ東京 番組表

最新の治療では太ももの静脈から心臓までカテーテルでカプセル型のペースメーカーを運び、心臓の内側の壁に打ち込みます。

日常生活での違和感がなく、感染症のリスクも低いのです。

カプセル型ペースメーカー手術

出典:テレビ東京 番組表 提供:日本メドトロニック

 

この最新治療なら3日程度で退院可能で、体に負担の少ない治療となってます。

今回、紹介されている施設・先生は小倉記念病院(〒802-8555 福岡県北九州市小倉北区浅野3丁目2−1)循環器内科安藤医師になります。

治療費は保険適応3割負担で、約40万円になるそうです。
<Sponserd Link>



最後に

当該ベースメーカーの製品の記事がありましたので、抜粋して下記に挿入します。

【製品の特長】
ドトロニックMicra(マイクラ) 経カテーテルペーシングシステムは、カプセル型で、小さなフックで心壁に取り付けられ、先端の電極を通じて電気刺激を送り、ペーシングを行う。
従来のペースメーカは、外科手術で皮下ポケットを設けて装置を植え込み、静脈を通して、リードを心臓内に留置する必要がある。
本製品は、このような皮下ポケットもリードも不要なため、それらに関連した合併症のおそれがない。
また、外科手術による胸部の傷もなく、外からは装置のふくらみもないため、患者さんが外観上判別できず、装置を意識することなく生活できる。
また、電池の予測寿命は約12.5年で、追加留置の際は、電池が消耗した一方の製品を電源オフにすることで、電気的にデバイス同士が互いに干渉することなく、追加のデバイスの留置ができる。

引用:放射線科情報ポータルより

ゆうがた診療所では電池寿命が来たときはどうするのか不明でしたので、少し疑問に残ってましたが、上記特徴の説明からもわかるように電池が消耗した一方の製品を電源オフし、新しい製品を追加で心臓内に留置できるそうです。

ほんと、ここ10年の医療の進歩には驚きますよね。
<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK