スギ花粉時期が去っても、花粉は飛散中。ワセリンで効果的、超簡単、邪魔じゃない新対策!

スギ花粉

2019年4月3日(水)NHK”ガッテン!”は「今ツラいあなたに!保存版 新発想の花粉症対策SP」です。

今回、保存版となっているのはイタリアフィレンツェの世界アレルギー機構国際科学会議にまでスタッフが赴き、世界の花粉症対策について調査してき、有力な情報と得てきたいうことだと思います。

そう、花粉症は200年前にイギリスで発見されたもので、イギリスは当然スギの花粉というわけじゃないですし、日本でも、スギ以外にヒノキ、白樺、オリーブ、ユーカリ、カシ、ミモザなどが花粉症の原因となる樹木があります。

スギ花粉の時期が過ぎようとしているからと対策の手をゆるめると痛い目にあうかもしれません。

花粉症の症状

出典:NHK

ということで、今回のガッテンを紹介しますので、参考にしてください。
<Sponserd Link>



日本人が知らない新発想の花粉症対策

アレルギー国際会議で徹底取材!の結果、足し対策はワセリン‼に辿り着く

4日間の世界アレルギー機構国際科学会議は出席の全員がアレルギーの専門家ばかり、ガッテン!スタッフは36ヶ国88人にお話を聞くことができました。

その専門家の中で1人が答えてくださった改善策がワセリンなのです。

しかし、その専門家の国では多くの人がやっていることで、救われているということです。

鼻バリア

出典:NHK

その国は冒頭に書きました花粉症を発見したイギリスなのです。

ワセリンを足すと症状が劇的に改善する

花粉で症状がでるメカニズム

まずは花粉が鼻の中に入ってきたときに、なぜ、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状がでるのか、知っておかないと、ワセリンがどんなふうに症状改善の効果をもたらしているのかわかりませんので、その説明からです。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状は外敵が体内に入ってきた際の免疫細胞の働きによるものなのです。

実は、花粉は鼻の中の適度な湿度と、弱アルカリ性ということで割れるのです。

花粉にはアレルギー反応を起こすアレルゲンが外側の殻と中身にも含まれてます。

ですので、割れることで強いアレルギー反応を引き起こすのです。

 

そうなると、免疫細胞がさかんに炎症物質を出して鼻の粘膜を攻撃します。

その結果、鼻の粘膜が張れ、鼻づまりに。異物を洗い流そうとして鼻水が大量に出ます。

ですので、花粉の入り込みを防ぐためにマスクをし、薬を飲んで免疫細胞を抑えたりして、また、花粉を洗い流すことをして、症状があまりでないようにしているのです。

これまでの対策にもうワンポイント、ワセリンを足すだけで劇的に症状が抑えられるのです。

ワセリンで症状が抑えられる仕組み

その抑えられる仕組みや、使い方については専門の先生から説明がなされました。

ワセリンは油なので、ワセリンを塗っているところは水分がないので、花粉は割れないということになります。

割れなければ、アレルゲンが抑えられるということです。

詳細は下記動画をご覧ください。

鼻の内側のところに少しだけワセリンを塗るだけでいいというのは簡単でいいですよね。

効き目を検証

重度の花粉症の方10人に花粉が舞っている部屋に3時間、ワセリン対策をしてない時と、した時の自覚症状、鼻水の量、鼻粘膜の腫れ、くしゃみの回数を比較検証しました。

結果は、鼻水の量はワセリン対策なしの時を100%とした場合、ワセリン対策で8%に。

ワセリン効果で鼻水の量が減った

出典:NHK

鼻の粘膜の腫れはワセリン対策をしてない場合は10人全員が腫れの症状がみられてましたが、ワセリン対策をすることで0人に。

ワセリン効果で花粘膜の腫れが激減

出典:NHK

くしゃみの回数は20回が12回にと減りました。

くしゃみの回数がワセリン効果で減

出典:NHK

自覚症状も普段の対策にワセリン対策を足すだけで効果絶大という結果が得られました。

<Sponserd Link>



最後に

以前、花粉症は日本以外の国でもあるのか?という問題がテレビ番組があった記憶あります。その時は「あるんじゃない」ぐらいの感じでしか思ってませんでした。

しかし、今回の「ガッテン!」スタッフがそこを突き詰めていくことで、イギリスではプラスアルファ対策としてワセリンが多く利用されていることに辿り着けた成果を上げてくださってんだと、最近花粉症になりかけてるのかな?と感じてる私は感謝したいです。

早速、ワセリンを鼻の中につけて出勤したところ、鼻水やくしゃみが全くでませんでした。まだ、2日だけど効果あったのかもと。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK