二日酔い対処のために、次の日に携帯すべき三種の神器

二日酔いの女性

今年もクリスマス、忘年会、新年会の時期がやってきました。

年末・年始は仕事もイベントもがんばりすぎて、体がヒィヒィ言ってるのはわかってても、
楽しいのもありますし、ついついお酒を飲みすぎる(>﹏<)
でも、やめられませんよね(@,,>∀<)ノ――ゴォォ♪ 

とくに二日酔いは、次の日に影響してしまいますので、なんとかしたいですよね。
病院で注射か点滴してもらうのが一番治るのしょうが、自分自身でなんとかしたいという方にやわらげる三種の神器をご紹介します。
<Sponserd Link>



二日酔いになったら、アミノバリュー、重曹、ブドウ糖を

肝臓の働きを必須アミノ酸でアップ

必須アミノ酸BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)には肝臓の代謝回転を高める作用があります。
この作用によってアルコール代謝も加速され二日酔いが結構やわらぎます。

大塚製薬 アミノバリュー4000 500mL 出展:Amazon

筋肉のエネルギー源、運動後の疲労感をやわらげる目的のアミノバリューが二日酔いに効くんですよね。

水分補給にもなりますしね。

吐き気や胃もたれ、腹痛下痢の解消には

アルコールには、胃酸を分泌させる作用があります。
胃酸の量が多くなることで吐き気や腹痛、下痢などの症状を引き起こします。

そんな時、中和させるために重曹水(炭酸水素ナトリウム水)を食前か食間に飲むと症状が抑えられます。

しかし、一回の目安はコップ一杯の重曹水です。(重曹を小さじ1杯、約200ミリリットルの水に溶かしたもの)
一度にたくさん飲むのはやめましょう。

一度にたくさん飲んでしまうと、炭酸水素ナトリウムの効果が切れてしまった際に胃酸が大量に出てしまいます。胃を荒らす原因にもなってしまうため注意が必要です。

症状がひどい時は1日3~4回に分けて飲んでください。

ブドウ糖、なければラムネで肝臓サポート

アセトアルデヒド。
アルコールを代謝する際に生成される成分なのですが、これが頭痛や吐き気の原因になるんです。

通常はアセトアルデヒドはブドウ糖や二酸化炭素や水分に分解されるのですが、お酒を飲みすぎるとその分解が追いつかず、
分解されないままのアセトアルデヒドが体内に残ることになります

体内に残ったアセトアルデヒドを早く分解するためにブドウ糖をとってください。
ブドウ糖は薬局で200円ぐらいで売ってます。(一粒10円ぐらいです。)
薬局が近くになければコンビニやスーパーなどでラムネを購入して食べてください。
<Sponserd Link>



最後に

アミノバリューはポカリスエットやアクエリアスより少し高めですが、二日酔いだけでなく体の疲れをやわらげるためにもいいので、普段から飲むのもいいとおもいます。

この三種の神器は1日分たった200円ぐらいですが、そうとう二日酔いが楽になります。ぜひ、お試しください。

乾杯

 
<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK