ブラックペアン、小泉孝太郎さん紹介”スナイプ”の人工弁と同じの見た!最新人口血管ゆう診5

夕方の空

テレビ東京の月~金、夕方4時54分~5時 20分に放送される「ゆうがたサテライト」という情報番組内の”ゆうがた診療所”の紹介第5段です。

2018年4月22日(日)、TBS嵐の二宮和也さん主演の医療ドラマ「ブラックペアン」放送されましたが、ライバル病院から移ってきた医師の高階(小泉孝太郎さん)が紹介した最新医療器具のスナイプというものがありましたが、元になってるだろう医療器具を2018年3月12日のゆうがた診療所でみてました。

まずはスナイプとゆうがた診療所に出た器具についてを紹介をさせて頂き、後半に自称ゆう診シリーズの意図とする内容を書くことにします。
<Sponserd Link>



スナイプからの人工弁と最新人工血管

スナイプ

小泉幸太郎さんが右手に持っているスナイプのがブラックペナンで出てきたスナイプです。その先にカテテールをつなげ、適当な個所までたたまれた人工心臓弁をカテテールで運び、しこでスイッチを押し、人工弁を放ち広げることにより心臓機能を修復することができます。

ブラックベアンのスナイプを紹介する小泉幸太郎

出典:TBS 「ブラックベアン」スナイプを紹介する小泉幸太郎さん役

大きく開胸することがないので、短時間で治療が終わるので患者への負担が非常に軽く済む術式です。「ブラックペアン」では日本では使用治療例がないという設定です。すごいことに人工弁が稼働するのです。

「ブラックベアン」スナイプで人口弁装着シーン

出典:TBS 「ブラックベアン」スナイプで人口弁装着シーン

「ブラックベアン」スナイプで人口弁装着

出典:TBS 「ブラックベアン」スナイプで人口弁装着

ブラックベアンのスナイプで人口弁装着してカテテールを抜いているところころ

出典:TBS「ブラックベアン」スナイプで人口弁装着してカテテールを抜いているところ

「ブラックペアン」をみたあと、スナイプの心臓弁をなんか見たことあるな~と思ってましたが、思い出しました。

ゆうがた診療所で紹介された最新人工血管

患者数 約4万2,000人、 体の中で一番太い血管=大動脈に起きる病気、大動脈瘤の最新治療法について、2018年3月21日にゆうがた診療所で下の写真の右側、今回の人工血管が紹介されました。

ゆうがた診療所、人工血管

出典:テレビ東京番組表 ゆうがた診療所、最新人工血管

患者自身に自覚症状がない場合がほとんどで、万が一大動脈瘤が破裂すると即死してしまうという非常におそろしい病気です。

今回、紹介されていた患者さんは過去に胸の手術を受けている為、手術ができないという問題がありましたが、最新の人工血管(形状記憶合金で囲われた作り)を使った体に負担の少ない治療を受けることになりました。

足の付け根の動脈にカテーテルを挿入し、血管を這わせ大動脈瘤が遮断できる箇所までたたんだ人口血管を運びます。

ゆうがた診療所、カテーテルで人工血管を

出典:テレビ東京 ゆうがた診療所、カテーテルで人工血管を装着して広げる直前

「ゆうがた診療所」人工血管を広げたところ

出典:テレビ東京番組表 「ゆうがた診療所」人工血管を広げた

最新の人工血管を大動脈瘤が遮断できる箇所に放ち、広げることで大動脈瘤に血液が通わなくなり、やがて大動脈瘤は固まって破裂しなくなるのです。

大動脈瘤には血が通わなくなったので画像に映らなくなります。

治療前後の大動脈瘤

出典:テレビ東京 「ゆうがた診療所」治療前後の大動脈瘤

これまでの治療だと2週間程度の入院が必要でしたが、この治療なら5日程度の入院で退院可能なくらい体に負担の少ない治療で、特にお年寄りの方に非常にいい治療となってます。

今回、紹介されている施設は小倉記念病院(〒802-8555 福岡県北九州市小倉北区浅野3丁目2−1)になります。

治療費は保険適応3割負担で、人工血管1つ使用した場合、約80万円になるそうです。

<Sponserd Link>



最後に

何人かの方が実際にスナイプが実存するかどうかを確かめられたそうですが、現在のところ実存しないとのことです。

確かに、最新治療としての人工血管がゆうがた診療所で紹介されており、その上心臓弁がついてるものは、今のところなかなかないのではと思います。

ブラックペアンのスナイプの人口心臓弁と最新人工血管は似てるますよね。わたしはスナイプのモデルは最新人工血管と考えます。

「ブラックペアン」は次から次へと展開が早くて、おもしろくて家族全員みいってしまいました。TBSの日曜ドラマとしては視聴率はもう少しみたいでしたが、わたしは来週の放送が楽しみです。

 

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK