土星ではダイヤモンドが雨のように降ってるって⁉ZOZO前澤さん、月じゃなくて土星で(m。_。)m オネガイシマス

ダイヤモンドの雨

2019年5月26日(日)NHK Eテレ「サイエンスZERO」”超リアル!太陽系の歴史を体感”であった土星の輪の誕生についてのあたらしい情報に関する記事です。

土星の輪は土星が誕生した時と同じ時期にできたと考えられていたのですが、実は全然最近できたのです。

土星の歴史は6月6日から放送される圧倒的な映像美で太陽系の歴史を楽しむ!「コズミックフロント☆NEXT」で始まる大型シリーズ「プラネッツ(全5回)」の珠玉の宇宙CGでもみれるのですが、その前に、来週月曜日の「サイエンスZERO」の再放送がありますので、見ていただくとお楽しみいただけると思います。

ザ・プラネッツ

出典:NHK

また、さらに、土星では、歴史ではなく、今、地球に生きるわたしたち人間にとって、貴重できれいなものが降っていると考えられてるCGも楽しめます。
<Sponserd Link>



太陽系の宝石、土星

土星の輪の誕生

リングができたのは1億年前~数千年前で、太陽系の長い歴史の中ではごく最近のことだったのです。

地球上で恐竜がいた頃に、直径400kmの小さな氷でできた衛星が土星の周りを周回していました。

この衛星はあまりにも土星の近くを周っていましたので、土星の強い重力に抵抗できなくなります。

重力はものを引き寄せる力と考えがちですが、ものを引きちぎることもあるのです。

潮の満ち引きは地球に及ぼす月の引力の強さが月の表と異なるために起きます。

月

潮の満ち引きを起こす力を潮汐力といいます。

氷の衛星は土星の潮汐力によって引き裂かれ始めます。

そして、バラバラになってしまいます。

最大1.5京トンものの氷が土星の周回軌道に乗ります。

わずか数日間で巨大な土星を取り囲みました。

美しいリングができたのです。

土星が太陽系の宝石と言われるのはそのためだからです。

<Sponserd Link>


土星の北極・南極ではダイヤモンドが!

最近の研究により土星と宝石の新たな関係が見つかりました。

土星の北極を覆う、六角形の不思議な渦は地球が4個入ってしまうほどの巨大な嵐が起こってます。

嵐の雲の中では強さが地球の1万倍の強力な雷が発生し、その高温、高圧の環境が大気中のメタンガスを炭素に変え、炭素がダイヤモンドとして降っていると考えられています。

<Sponserd Link>



最後に

土星の場合にはある程度の圧力で、ガス状態ですので、その中で結晶になったりあるいはその結晶に液滴がついて雨になったりするのが、水ではなくて色んなものが雨になる可能性があるのです。

土星の場合はその一つが炭素であると、しかもかなり圧力が高いので炭素がダイヤモンドのような形になって雨になって降っていると考えられています。

土星や木星のもっと奥の方では、微妙な条件によって生じるんですが、鉄が同じように雨になっている可能性も指摘されているそうです。

くっきー白塗りの前澤氏登場

出典:フジテレビ

ZOZOの前澤社長!月よりも土星にいってダイヤモンド入手のために投資すべきじゃないかと思うんですが。やってくれたらうれしいですね。

<Sponserd Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK