太陽系の初期、木星はもっと太陽に接近してた!だが、土星のおかげで、今の場所、だから地球がある。

木星

2019年5月26日(日)NHK Eテレ「サイエンスZERO」”超リアル!太陽系の歴史を体感”では、6月6日から放送される圧倒的な映像美で太陽系の歴史を楽しむ!「コズミックフロント☆NEXT」で始まる大型シリーズ「プラネッツ(全5回)」の珠玉の宇宙CGの一部がいち早くお届けされており、映像の美しさ、臨場感が感動モノでした。

ザ・プラネッツ

出典:NHK

今まで考えたことがなかったのですが、太陽系の惑星は誕生した順番があり、最初は木星が誕生しており、今の位置よりもっと太陽に近かったということを知りました。

「サイエンスZERO」”超リアル!太陽系の歴史を体感”の再放送は6月1日(土)AM11時からありますので、ぜひ多くに方に見てほしく、一部を記事にて紹介します。

そうしますと、きっと「プラネッツ(全5回)」も見たくなりますね。

太陽系の形成に大きく影響した大きな2つの惑星

<Sponserd Link>



木星の大移動が太陽系を形成した

大きさは地球の約1300倍で、太陽系最大の木星が大移動して太陽系の形成に大きな影響を与えました。

約45億年前、木星は誕生して間もなく太陽の方へ移動しはじめました。

4.5 billion years ago internal solar system

出典:NHK

現在、火星や地球のある領域には、その頃は惑星の材料となる岩石が数多くあるだけした。

岩石はあらゆる方向に蹴散らかされ、木星は太陽に向かって突き進みました。

太陽に向かって押された岩石があったり、太陽系外に放り出される岩石もありました。

太陽に向かって移動を続けていた木星ですが、あることをきっかけに太陽の外側に方向転換するのです。

<Sponserd Link>


木星が太陽系から離れ始めた理由

あることとは太陽系の外側の方で土星が形成されたことです。

土星

出典:NHK

 

そして、木星は、土星の強力な重力に引っ張られ太陽から離れて行ったのです。

あとに残った岩石で水星や金星などの岩石惑星ができました。
<Sponserd Link>



最後に

もし、土星が形成され、木星が土星の重力に引っ張られなければ、わたしたち地球の存在はなかったかもしれません。

また、さらに、もし木星が大移動および方向転換した時に、すでに地球ができていたら、太陽に向かって押されたたり、太陽系外に放り出されたりして、わたしたちの存在はなかったかもしれません。

地球上で人類が誕生したことも奇跡的なことの繰り返しだったのですが、地球が誕生して、残ってることも奇跡的なことなのです。

ですので、奇跡はそう長く続かないものと思って、ごみを他国に捨てたり、意味もなく人を殺したり、自分の優越感の為に傷つけたり、争ったりすることの虚しさに向き合うべきじゃないかなと思います。(わたしもこの歳になって、やっとわかってきたぐらいの人間ですけど。。。)

という気持ちになるために、6月1日(土)AM11時からの「サイエンスZERO」”超リアル!太陽系の歴史を体感”の再放送と6月6日から放送される圧倒的な映像美で太陽系の歴史を楽しむ!「コズミックフロント☆NEXT」は見てみてください!

 

<Sponserd Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK