ある時期まで気温25度ぐらいだった火星の地下には水があるデータが!太古の生命体が!?

火星、イーチャス谷

2019年5月26日(日)NHK Eテレ「サイエンスZERO」”超リアル!太陽系の歴史を体感”での火星の記事です。

火星には大気と水があったのですが…

「サイエンスZERO」”超リアル!太陽系の歴史を体感”の火星の歴史も6月6日から放送される圧倒的な映像美で太陽系の歴史を楽しむ!「コズミックフロント☆NEXT」で始まる大型シリーズ「プラネッツ(全5回)」の珠玉の宇宙CGの一部で、すばらしかったです。

ザ・プラネッツ

出典:NHK

再度、「サイエンスZERO」”超リアル!太陽系の歴史を体感”の再放送は6月1日(土)AM11時からありますので、ぜひ多くに方に見てほしく、一部を記事にて紹介します。

ぜひ「プラネッツ(全5回)」も見てほしいです。
<Sponserd Link>



火星の地下には氷じゃなく水が!?

火星は今の地球みたいだった

約40億年前、火星は表面の5分の1を海に覆われ水と大気に恵まれた惑星でした。

その頃の火星の気圧は地球と同じぐらいで、気温は25℃くらいでした。

39億年前、火星と降り注ぐ隕石

出典:NHK

約39億年前には無数の隕石が火星全体に降り注ぎました。

火星は表面の3分の1を焼失し、死の淵に追いやられますが生き延びました。

地球に生命が誕生した38億年前、もしかしたら火星には生命がいたかもれません。

海だった場所で生命が誕生するような条件を持つ環境の痕跡が見つかってます。

火星の堆積物

出典:NHK

水中の熱水活動から生じたと思われる堆積物です。

海底火山の熱水環境は地球で生命を誕生させた有力な候補地です。

火星の大気はなくなった

35億年前、火星は気温が急激にさがります。その理由は火星の大気が失われたからです。

火星は地球よりも小さかったので核が早く固まりました。

そのため磁場が弱まり、大気が太陽風によって吹き飛ばされてしまったのです。

凍結の時代になると火星に流れていた水は氷の中に閉じ込められてました。

しかし、この頃に火山活動が活発になり溶岩によって溶け出した氷が大規模な洪水を起こしていました。

太陽系の歴史上、特に壮大な光景がみられたはずです。その一つは雪解け水が洪水となり高さ4mの崖から流れ落ちます。

幅10km、長さ100kmの渓谷へ流れる太陽系最大の滝です。下記はそのCG画像です。

火星の太陽系最大の滝

出典:NHK

しかし、火星でこのような風景がみられたのは、この時期が最後でした。

下記画像は滝があったこと示している実際の火星の表面の一部です。

太陽系最大の滝の跡

出典:NHK

滝のあったこの火星の表面の水は消えてしまったのですね。

<Sponserd Link>



最後に

大昔の火星は地球と同じように海を持ってました。大陸を川が流れ、湖があり、滝があったと言われてます。

その水の大部分は宇宙空間に放出されたことがわかってますが、一部は火星に残ってます。

温度が低い北極・南極のクレーターの底で氷になっていたり、永久凍土として地面の下にあったりすることが分かっていたのですが、最近、北極・南極の地下に液体として湖が存在するのではというデータが出てきたのです。

ということは、46億年の間、火星は液体の水をどこかに持っていたことになります。

もしかすると、太古に原始的な生命が発生し、まだ生き残っている可能性があるということですね。

<Sponserd Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK