W杯ロシア大会、第一戦目コロンビア! W杯前大会の借りを

ワールドカップサッカー(ブラジル大会)

先ほど、W杯ロシア大会2018の抽選会が終わりました。

ロシア国旗

ロシア国旗


日本は第4スポットの抽選で最後まで残り、
グループHとなりポーランド、セネガル、コロンビアと対戦することとなりました。

日本のことわさで「残りものには福があり」とありますが、第一戦からあのコロンビアと対戦ですщ(´□`)щ オーマイガーッ!!

<Sponserd Link>



W杯ロシア大会決勝戦進出するために、コロンビア戦でいきおいつけを

6/20 VS コロンビア(13位) 対戦相手の注目選手

バイエルンでのハメス・ロドリゲス

ハメス・ロドリゲス

コロンビア戦、日本はブラジル大会では1対4で敗れました。

その試合で4得点目をあげたハメス・ロドリゲス。
以前、日本でTOYOTA「シエンタ」のコマーシャルで滝川クリステルさんと出てましたよね。
2014年ブラジルW杯ではベスト8進出に貢献し、個人では通算6ゴールで大会得点王です。

今年レアル・マドリードからバイエルン・ミュンヘンに移籍し、
11月4日の首位攻防戦となるドルトムント戦では2アシストをマーク、パス成功率96%と真価を発揮してきております。

左足のキック精度が非常に高く、ラストパスやクロス、ミドルシュートは間違いなく世界トップクラスで、
視野の広さやパスセンスも備えており、7ヶ月後調子が落ちてなければ、
日本代表はハメス・ロドリゲスをとめることはできないでしょう。

この初戦でディフェンダーが集中し、ハメス・ロドリゲスをとめることができたら、
いきおいがつき、次の2戦目に期待がもてます。

6/25 VS セネガル (23位) 対戦相手の注目選手

サディオ・マネ

サディオ・マネ

セネガルの至宝といわれるサディオ・マネは
抜群のスピードをいかした強力なドリブル突破が武器です。

公式戦43試合出場、15得点9アシストを記録し、
2016年6月、契約期間は5年間で移籍金約41億円でプレミアリーグのリバプールにアフリカ人での史上最高額しました。

2016-2017シーズンでは13ゴールをあげており、クラブ年間最優秀選手。
持久力を備えた瞬発力と加速力、それだけではなくテクニック、パス精度が高いため、
なかなかサディオ・マネもとめることはできないでしょう。

2017年11月10日に行われた南アフリカ代表との試合後に
古傷に少し違和感があることを感じて予定より早く代表チームを離脱。
ワールドカップ対戦時、もし、サディオ・マネがあまり調子がよくなければ

6/28 VS ポーランド(7位) 対戦相手の注目選手

レヴァンドフスキ。
2014年からバイエルン・ミュンヘンにて3シーズン公式戦通算67ゴールをあげ、世界トップクラスのストライカーです。

ロベルト レヴァンドフスキ

ロベルト レヴァンドフスキ

周りを生かせる柔軟性を兼ね備えた万能プレイヤー。
非常にタッチが柔らかくシュートコースを作るために相手マークを外すようなドリブル、
さらに、身長185cmで空中戦も強いため、日本のディフェンダー陣にとってはひじょうにきびしいこととなるでしょう。

<Sponserd Link>



最後に

日本代表、こんなにすごい選手のいる各代表国の中で2位までにはいり、
決勝リーグ進出なんてできないんじゃない?

そうです、ふつうに考えたら、1勝することさえも難しいでしょう。
あのイタリアでさえ出場できてないハイレベルな大会なんですから。

初戦、コロンビア戦で前回のブラジル大会で負けた雪辱をはたして応援するわたしたちも
いきおいつけたいですね(っ`・ω・´)っフレーフレー!!!

 

 

 

 

 

 

 
<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK