ドラマ99.9Ⅱの見所紹介してみた。映画化されるような感じが・・・

裁判官用ハンマー

嵐の松本潤さんが主演を務めるTBS系日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」が1月14日夜9時にスタートします。
初回25分拡大。

2016年4月期に放送されたSEASONIの時も毎週楽しみにして、みておりましたので、SEASONIIもみます。

SEASONIで一番楽しみにしていたのが、深山大翔(ひろと)(松本潤さん)と佐田篤弘(香川照之さん)とのダジャレの褒め合いでした。
また、二番目に楽しみだったのが、立花彩乃(榮倉奈々さん)のプロレスファンぶりでした。

今回のSEASONIIでも笑いもあるでしょうが、わたしは主人公・ヒロインのつらい過去を払拭していくところが一番の見所だと思います。

<Sponserd Link>



見所

深山の過去について

深山の父親が冤罪だったのか、最後まで冤罪である匂いはプンプンさせたまま、SEASONIでは明らかになりませんでした。
この件はSEASONIIで少しは明らかになるはずです。

また、「大翔の母ちゃん、大翔置いて逃げてしまうし」と深山のいとこの坂東の一言がありましたが、深山と母親のことも少しは描かれるのかは?です。

第一話のあらすじ

深山大翔(松本潤)は、99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追及する刑事専門弁護士。そんな超型破りな弁護士・深山に振り回されて、刑事事件専門ルームの室長はなかなか定着せず、所長・斑目春彦(岸部一徳)は頭を抱えていた。
そこで、斑目から白羽の矢が立ったのは、民事の仕事に戻っていた敏腕弁護士・佐田篤弘(香川照之)。
所長の打診に全身全霊で抵抗する佐田だったが、刑事事件専門ルームの後任を探すまでの兼務ということと、後任が見つかったら、マネージングパートナーを譲るということを条件に渋々承諾。
こうして、再び深山と佐田の名コンビが復活する。

そんな中、とある殺人事件の弁護依頼が舞い込む。依頼人は、加害者・鈴木二郎の娘・加代。
鈴木が借金をしていた沢村ファイナンスの社長が殺害され、鈴木は、その事件の容疑者として逮捕・起訴されていた。そして、依頼人・加代の親友で、付き添いとしてやってきたのは、元裁判官・尾崎舞子(木村文乃)だった。舞子はエリート裁判官として、順調にそのキャリアを重ねていたが、ある事件がきっかけで裁判官を退官。司法の世界から距離を置いていた矢先に、加代に相談されて、やって来たのだ。
しかし、舞子が、深山たちに求めたのは、加代の父親の無実を証明することではなく、情状酌量だった。舞子は裁判官時代の経験から、調書を見る限り加代の父親の犯行であることは明らかだと考えていた。
そのため、状況証拠から有罪は免れない事件でも0.1%の事実を追求する深山と、真っ向から対立する。一方、舞子の優秀な経歴を知った佐田は、あることを画策する。

調書だけを見れば、有罪は確実。裁判で覆すことは困難に見えるこの殺人事件…果たして深山たちは事実を明らかにすることができるのか?

引用:TBS番組表 日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ』より

佐田の画策で尾崎(木村)は斑目法律事務所へ、深山に振り回されるが

第一話あらすじでは尾崎舞子は斑目法律事務所で働いてることにはなってはないので、どういう理由・気持ちで斑目法律事務所に入るのか楽しみです。

また、最初は深山の事実優先に対する考え方に面喰い、振り回されてくのでしょうが、次第に深山の考えを受け入れていき、距離が縮まっていくはずで、毎話の見所のひとつとなるはずです。

深山、検察官に加え裁判官(笑福亭鶴瓶さん)との攻防も見所

検察官と深山との対立のみに留まらず、新たに裁判官との対立を加えることによって、より広い司法の世界をで話がすすめられるのがSEASONIIの大きな特徴です。

その裁判官として深山に立ちはだかる川上憲一郎を鶴瓶が演じます。事実よりも法廷での証拠を優先させる方針のため、深山とは考え方の相違により激しく対立するようになります。

裁判官というテーマに大きく関わっているキーパーソン?

第1話から物語の中に挿入される回想シーンのフラッシュバックに登場する謎の人物をSexy Zoneの佐藤勝利さんが演じます。

謎の人物というだけに深山の父親の事件に関係してると思うんですが、もしかして、美里を殺害した人物???まさか、ですよね。

<Sponserd Link>



最後に

SEASONIIでは深山と裁判官との攻防で、尾崎舞子の裁判官を辞めた気持ち整理がされていくスッキリさはあると思います。

しかし、深山の父親が犯罪者とされた事件の解決は映画制作のため持ち越しになりそうな気がします。

木村拓哉さんのHEROに似てるような記事も多くみますが、わたしは新参者に近い方向でSEASONIIが終わり、映画化されるような気がしてるんですが、いかがでしょう。

 

 

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK