岩田剛典さん主演「崖っぷちホテル」、「王様のレストラン」以上を期待、楽しみ!

崖っぷちマンション

2018年4月15日(日)10時30分~、日テレの日曜ドラマで「崖っぷちホテル」がはじまります。EXILE、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの岩田剛典さんが初主演のドラマです。

このドラマが2018年4月期のドラマで一番楽しみにしてます。

脚本三谷幸喜さん、八代目松本幸四郎さん(現、初代松本白鸚さん)主演の「王様のレストラン」と似てると感じてるからです。

「王様のレストラン」は1995年4月期にフジテレビで放送された22年前のドラマで、脚本家の三谷さんが「警部補 古畑任三郎」1st seasonで話題になり絶調だった頃のドラマです。

松本幸四郎さん、筒井道隆さん、山口智子さん、鈴木京香さんといった有名俳優の他、西村雅彦さん、小野武彦さん、梶原善さん、白井晃さん、伊藤俊人さん、田口浩正さんといった実力派の舞台役者で繰り広げられる、非常におもしろい人間ドラマでした。

ということもありますが、「崖っぷちホテル」の楽しみなところを書いてみました。
<Sponserd Link>



 「王様のレストラン」を彷彿とさせる要因

あらすじ

あらすじや中心人物の役の説明を読んだだけで、「王様のレストラン」に似てる!と感じており、期待してます。

「崖っぷちホテル」

かつて栄華を極めた老舗ホテル『グランデ・インヴルサ』。
若くして総支配人を務める桜井佐那(戸田恵梨香)は、プライド高いがやる気は0の超クセ者だらけの従業員に振り回され、大借金を抱えたホテル経営に頭を抱えていた。

少しでも売上を…と、佐那が受け入れた団体客は、浴衣姿でロビーを駆け回り、好き勝手な食事を注文するなどやりたい放題。密かにホテルの身売りを目論む副支配人・時貞(渡辺いっけい)から、小言を言われる中、佐那はロビーで眠り込んでいる超絶ラフな格好をした謎の男・宇海直哉(岩田剛典)を、格式に見合わないという理由で摘み出すように言われる。溜息混じりで宇海に近づく佐那。と、突然起き上がった宇海は佐那が何かを告げる暇もなく、一方的に宿泊をしたいという要望を笑顔でまくしたてる。
宇海が宿泊を希望する部屋は、このホテルで一番高価なスイートルームで……。

流れるまま宇海の宿泊を了承してしまった佐那だが、宇海は次々と不可解で面倒な注文を連発。極め付けはまだ肌寒い4月に屋外のプールで泳ぎたいと言い出す。困り果てる佐那。しかし、時貞や佐那を毛嫌いするバー責任者・枝川(りょう)をはじめ、クセ者スタッフたちは面倒な仕事はお断りと総スカン。すべてを佐那が引き受けることに……。

その時、このホテルに5年に一度宿泊に訪れる古参の客、笹川加奈子が孫の奈菜美を連れて来店する。手もみをしながら得意気に応対する時貞。一方総支配人である佐那は宇海の注文を受け、一人ツナギ姿でプール掃除へ。……そしてスタッフ控室で一人雑誌を読んでいた事務責任者・丹沢(鈴木浩介)は、謎の男:宇海の正体に気づき唖然としていた…!! 宇海の目的、そして不可解な注文の意味は?この日、破産寸前のド底辺「崖っぷちホテル」の痛快な大逆転劇の幕が開ける!

引用:日テレ「崖っぷちほてる」ストーリーより

桜井佐那役戸田恵理香さん 29歳という若さで父の後を継ぎホテルの総支配人に就任した女性。数か月後、日本中から「怪物」と呼ばれるホテル界の豪傑となることは今はまだ誰も知らず……。

江口竜二役中村倫也さん 競艇狂いの現ホテルの料理長。そんな彼にも宇海との出会いで突然転機が訪れ……?

鳳来ハル役浜辺武美波さん このホテルに勤めることになったばかりの若き女性パティシエ。宇海の登場で夢見るパティシエの彼女の人生は大きく変わることに――。彼女がこのホテルの一つの財産となる未来は近い。

「王様のレストラン」

かつては一流店として繁盛していたフレンチ・レストラン。だが天才的なオーナーシェフの亡き後、従業員たちはやる気を無くし、客足も途絶え、閑古鳥が鳴くようになってしまった。そこで新しくオーナーに就任した原田禄郎(筒井道隆)は、レストランの再建のために伝説のギャルソン、千石武(松本幸四郎)を呼び寄せることに。最初、そのやり方に反発していた従業員たちだったが、徐々に奇跡が起こり始めていく・・・。

引用:ファミリー劇場より

 

キャストの写真

キャスト紹介用の写真まで似てる気がしてきて。。。

「崖っぷちホテル」

崖っぷちホテル、くせ者キャスト

出典:日テレTOPICS

「王様のレストラン」

別の楽しみ、くっきーが寡黙なフロントマン?

野生爆弾のくっきー、栄華を極めた老舗ホテルがこんなこわいフロントマンは置かないでしょうと思うんですが、このドラマの楽しみを倍にするためには出演してくれてありがたいと思う存在です。

今の段階で期待度が倍になってます。

がっちりした体躯に、濃ゆい犯罪者顔の寡黙なフロントマン。誰も彼の笑顔を見たことのないほど能面な表情をしているのに、なぜかフロントマンをしている。誰もが配置ミスだと感じているが、顔が怖くて誰もそれを言い出せない。
身体に似合わず冷静沈着で、対立する宇海と一同との間に入っても中立な立場の男。彼が表情を失ったのには大きなトラウマが原因になっているとか……?普段から素敵な笑顔を目指し、笑顔の練習だけは欠かさない心優しき強面男性。

引用:日テレTOPICSより

<Sponserd Link>



最後に

2015年から はじまった日テレ日曜ドラマ(12期)の視聴率ですが、 窪田正孝さん主演の 2015年7月期「デスノート 」が11.6%で1位、2018年1月期の山﨑健人さん主演「トドメの接吻 」が11位の6.1%です。

岩田剛典さんはTAKAHIROさん、青柳翔さんと共演した2015年4月期「ワイルド・ヒーローズ 」、5位の8.7%は超えられる要素は多くあると思います。

来月15日を楽しみにしましょう。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK