「ぼくキセ」チェインストーリー、鮫島(小林薫)への沼袋(アンジャ児島)の妄想ツッコミで笑い

ツヤヒメサスライアリ

2018年10月期、フジテレビ系関西テレビ放送の「僕らは奇跡でできている」が感動をもたらしてくれてます。

第7話は神回と言われるほどで、感動した方が多かったのではないかと思います。


本編は感動させてくれる一方で、「僕らは奇跡でできている」チェインストーリー(GYAO)の笑えるおもしろさが盛り上がってきました。

特に7.5話目は鮫島教授役の小林薫さんとアリおたくの沼袋先生役のアンジャッシュ児島のツッコミとボケが笑えましたので紹介します。
<Sponserd Link>



妄想での沼袋(アンジャ児島)のツッコミにwww

チェインストーリー #7.5 鮫島教授に関する仮説では小林薫さんと児島一哉さんしか出演してないのですが、普段の児島さんらしさが顕著に。

児島さん演じる沼袋は鮫島教授が一輝をひと一倍かわいがるのは教え子だからだけではないはずだと、あわよくば自分自身も鮫島教授に愛されたいとも考え、仮説を脳内検証します。

鮫島教授に関する仮説①”ツッコまれるのが好きだから”で

仮説①を脳内検証し始める沼袋

出典:関西テレビ

偉い立場になって、みんなが媚びてくるからこそ、ああいうのが逆に気持ちいいんじゃ…

鮫島教授の部屋に入る沼袋

出典:関西テレビ

「失礼します」と、脳内では早速、鮫島教授の部屋に入る沼袋。

沼袋「鮫島教授って意外とおしゃべりですよね」

鮫島「ん?」

沼袋「僕のタコ好き、みんなにばらしましたよね」

鮫島「あら?ダメだった?」

沼袋「『あら?ダメだった?』って、お茶目かっ!」「お茶目ダンディかっ!」

「だいたい、サメ・ジマなのになんでクジラの研究してんだよっ」「この、チャメ島教授!!」

「お茶目かっ!」とツッコむ沼袋

出典:関西テレビ

鮫島「いやいやいやいや、俺そういうツッコミ慣れてないし、上手くボケられないし」「ごめんね、池袋先生」

一瞬驚いた鮫島教授

出典:関西テレビ

沼袋「いやっ、沼袋だよっ!」

鮫島「西武新宿線の?」

沼袋「いや、わかんないっ、そんなの」

手でつっこみしてる沼袋

出典:関西テレビ

鮫島「とりつか、とりつか」

笑ってツッコむ鮫島教授

出典:関西テレビ

沼袋「うるさい!だまって!」とつい。そしたら、「えへへへ」と笑いだす鮫島教授。

笑いだす鮫島教授

出典:関西テレビ

沼袋「ごめんなさい、すっ、すみません」

言い過ぎたと謝る沼袋

出典:関西テレビ

「えへ、えへへ」と笑い続ける鮫島教授。

なんだ、あの絶妙なボケツッコミ。あんな高等な技術もってたら、相河一輝のつたないツッコミなんかじゃ嬉しいわけないよな。超天然かよ~。

妄想から戻った沼袋

出典:関西テレビ

鮫島教授に関する仮説②”貰ってくれる人が好き”で

仮説②を脳内検証し始める沼袋

出典:関西テレビ

誰かに何かをあげるのがたまらなく好きなんじゃ~?

沼袋「いや~、鮫島教授」「このクジラのヒゲってものすごい貴重品ですよね」

クジラのヒゲを持ってる沼袋

出典:関西テレビ

沼袋「この手触り」「研究者にしか味わえないよろこび」「神秘と現実の境界線にいる感じ」

鮫島「さすが、沼袋先生。わかってるね~」

沼袋「ぼくも、こんなの欲しいな~」

沼袋「ほしい」と

出典:関西テレビ

鮫島「…あげないよ」

沼袋「…」、鮫島「…」

沼袋「じゃあ、こっちのヒゲでいいんでください」と鮫島教授の無精ヒゲを指さしながら、立ち上がり、鮫島教授に近づく。

鮫島「堪忍袋先生!」

「堪忍袋先生!」と鮫島教授

出典:関西テレビ

沼袋「いや、沼袋だよ」

否定する沼袋

出典:関西テレビ

鮫島「俺は、そういうおねだりが一番きらいなの!」

無精ヒゲももらえないって、俺の想像力も地に落ちたな~。

落ち込みながら再度妄想から戻った沼袋

出典:関西テレビ

 

<Sponserd Link>



最後に

チェインストーリー#8.5もでてます。おもしろいですので、GYAOで見てみて下さい。

GYAOでは#1.5の最初からみれますので、見てみると、どんどん盛り上がってきたのがわかると思います。

本編では虹一君のお母さん(松本若菜さん)に主人公一輝(高橋一生さん)が虹一君がダメじゃないことを伝えたく、自分の子どもの頃の話を告白。

その後、周囲を気にし過ぎていたお母さんは、こうあるべきだと思ってたことがおかしいのではないかと気づいて、虹一くんのことをダメというフィルターを通していた自分に落ち込みます。が、虹一くんに励まされます。ダメじゃない、お母さんのすごいところ100言えると。

それ以外でもじーんとくるシーンが。よかったです。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK