千鳥大悟を2回もDAIGOと間違い、また、脱力新喜劇を無理やらせる空気感が凄い「全力!脱力タイムズ」

DAIGO

2018年7月21日、録画して観み忘れていた3月16日放送分、ゲストが福士蒼汰さんと千鳥大悟さんだった「全力!脱力タイムズ」をみました。

福士蒼汰さんがDAIGOさん宛で用意した北川景子さんに関する質問に、大悟さんがDAI語で答えることになり、笑えたんですが、途中で大悟さんが「2回目やん!」と言ってたように、1回目があるんです。その1回目のインパクトがものすごかったので、ご紹介します。

また、一番爆笑の脱力新喜劇も紹介させて下さい。


<Sponserd Link>



ゲスト芸人にとっては脱力でなく緊張タイムズ

千鳥大悟はキャスティングミス、本当はDAIGO

テレビの画面に出てるゲストは千鳥の大悟さんと大石絵理さん。メインキャスターのアリタ哲平さんが大石さんの紹介はすんなり。

ところが、千鳥の大悟さんを紹介するのにやりにくそうで、大悟さんも「やりにくい、ワシ?」と。

アリタ哲平さんが「今回は完全にわれわれのキャスティングミスです」と謝罪します。

アリタ哲平さんが「千鳥の大悟さんを一生懸命全力で受け止めようとしますので」と言うと、大悟さん「とんだ、厄介者が来たって感じなんですね」「じゃあ、もしこの番組のためなら今日外れますよ」と。

アリタ哲平さんが「そうします?」と言うと、大悟さん「そうは、すな」wwwww

トークテーマも「今、モテモテの兵庫女子」とDAIGOさんと北川景子さんを前提に用意されてるので、アリタ哲平さんとスタッフは大悟さんをDAIGOさんにより似せようとかつらとグローブをするように圧力のある空気で進めます。

かつらとグローブを装着した大悟さんに、アリタ哲平さんは、よりDAIGOさんに成りきって番組を進めるという前提で受けてくださったのできちんとお願いしますという空気感にします。

街頭インタビューでの北川景子さんの私生活を教えてのVTRをみた後、「しらんて!」と大悟さん。

アリタ哲平さんは「よりDAIGOさんに成りきって番組を進めるという前提で受けてくださったのでお願いします。」「自分なりでいんんで」と。

すると、「自分なりの大悟はこれよ!」とかつらをはずしますwwww

自分なりの大悟

出典:フジテレビ

アリタ哲平さんがDAI語が減ってらっしゃるんで、DAI語で答えてという空気で促しながら、北川景子さんへの街頭質問をすすめます。

「北川景子さんが寝る前にしてるお肌のケアは?」という質問にDAIGOさん風大悟さんはDAI語で「KNP」と。意味は"きゅうりパックぬりぬり"

「北川景子さんが使ってるシャンプーは何?」という質問にDAIGOさん風大悟さんはDAI語で「OT」と。意味は"大手"

「北川景子さんのパジャマの色は?」という質問にDAIGOさん風大悟さんはDAI語で「GG」と。意味は"上下グレー"

と、「知らんて!」との言葉通り、苦しみながら適当な答えをDAI語で言いますが、番組は厳しい状況でも笑いにつなげようとする大悟さんの様子で笑いになりますwww

エンディングでアリタ哲平さんは「DIGOさんが北川景子さんとの披露宴で披露した自作の歌"KSK(結婚してください)"をスタジオにて生熱唱して欲しいとアリタ哲平さんが大悟さんに無茶振りをします。

大悟が曲を知らないままアドリブで合唱しますが、笑わずにはいられませんwwww

脱力新喜劇

内田梨央さんが「わがまま言っていいですか」「(小藪さんが)せっかくいらっしゃるので、生の吉本新喜劇をみてみたい」というお願いに。

小藪さんは「吉本新喜劇は無理です」と答えると、すかさず、アリタ哲平さんが「脱力新喜劇なら大丈夫ですけど」

小藪さん、苦笑いwww

全力解説員の岸さんも芳川さんも「ちょっと、やってみましょう」と快諾www

小藪さん、苦笑いwww

アリタ哲平さんが「いいですか、小藪さんで?」に小藪さん「お願いします言え、バカたれが」と言いながらも、脱力新喜劇「交番」をやることに。

吉川先生の"My name is ミランダ・カー"が最高ですwwww

<Sponserd Link>



最後に

脱力新喜劇の時の元官僚の岸博幸さん、元アナウンサーの吉川美代子さん、芸能リポーター駒井千佳子さんだけでなく、犯罪心理学者出口保行さんまで笑いをブルゾン出口をやらせるとは、さすが「全力!脱力タイムズ」ですね。

出口先生のブルゾン出口をやった時の記事(https://www.fujitv.co.jp/muscat/20180091.html)がありますので、もしよろしければみてみてください。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK