貴重映像!ZARD坂井泉水の「負けないで」以下151曲の歌詞への思いが詰まった500枚以上のメモ

「負けないで」の歌詞

2019年4月20日21時、NHK BS「ZARDよ永遠なれ 坂井泉水の歌はこう生まれた」では、坂井さんが16年間書き溜めた、500枚以上の歌詞のためのメモ、未公開トラック音源や坂井さんのレコーディング風景が公開されており、とても貴重な放送でした。

 

坂井泉水

出典:NHK

特にここは貴重だなと思ったところを残したいと思います。

<Sponserd Link>



坂井泉水さんの歌詞に込めた思い

生い立ちとオーディション「六本木心中」

坂井泉水、本名蒲池幸子さんは1967年神奈川県生まれ、中学時代は陸上部とギタークラブに所属し、音楽を聴いたり、本を読むことも好きな少女でした。

短大卒業後、一度は就職したのですが、退職し、モデルやレースクイーンなどタレント活動をはじめました。

1990年、23歳の時にB.B.クイーンズのコーラスのオーディションを受けられるようになり、「六本木心中」を歌います。

その歌声が残ってます。

 

音楽プロデューサーの長戸大幸さんは坂井さんの歌声を聞き、一人のメインボーカルとしてデビューさせることを決定しました。

坂井さんが曲の歌詞を作ることを条件で。

その時から16年間、155曲のほとんどを坂井さんが作詞しています。

今回の放送はその曲の作詞のための残ってたメモから坂井泉水さんがどうやって作詞していったかを辿っていく内容になってます。

レコーディング時の坂井泉水さん

デビュー曲「Good-bye My Loneliness」

デビュー曲Good-bye My Lonelinessの坂井さんの歌詞で音楽ディレクター寺尾さんが特に衝撃を受けたところが、冒頭の2行”心の奥をあなたにのぞかれそう、瞳をそらしても気づかれそうで”でした。

寺尾さんはその時坂井さんはすごくいい歌詞を書いていくんじゃないかなと思ったそうです。

1991年2月

作詞:坂井泉水 作曲:織田哲郎 編曲:明石昌夫

初ミリオンヒット「負けないで」

レコーディングエンジニアの島田さん、坂井さんがレコーディングのため歌ってる様子(スタジオのカーテンを閉めて歌)を教えてくれました。

そして、実際の坂井さんと島田さんのレコーディングの様子と坂井さんが「負けないで」の歌い方について語ってる様子が映像に残ってました。

 

また、島田さん、ZARD初のミリオンの曲で164.5万枚を売り上げた「負けないで」の坂井さんのボーカル音源(レコーディングのそのままの音なので、全くカットされてない)を探して聞かせてくれました。

 

坂井さんは良いものを作りたいということで、発売に間に合うギリギリまでがんばったそうです。

その「負けないで」フルバージョン。

1993年1月

作詞:坂井泉水 作曲:織田哲郎 編曲:葉山たけし

 

さらに、坂井さんの「負けないで」の英語バージョンの音源がありました。

 

ほんと貴重映像ですよね。

「揺れる想い」

島田さん、139.6万枚売り上げた「揺れる想い」色んな(Take7、6、5)Ver.の音源も聴かせてくれました。

その「揺れる想い」のフルバージョンです。

1993年5月

作詞:坂井泉水 作曲:織田哲郎 編曲:明石昌夫

メモからどの曲の歌詞かを

7枚のメモからできている曲

19997年に発売された「Don’t you see!」は坂井さんが残したメモ7枚の言葉を貼り合わせせた曲だったことがわかりました。

1枚のメモから3曲できている

逆に1枚のメモから「サヨナラは今もこの胸に居ます」、「愛が見えない」、「突然」の歌詞になってます。

すごく選ばれる率の高いメモの歌詞もあれば、ほぼ選ばれないものもあったりする。

坂井さん自身が書いてきた言葉を歌詞に当てはめていく

ZARDコレクション

マイ フレンド

1996年1月

作詞:坂井泉水 作曲:織田哲郎 編曲:葉山たけし

君がいない

1993年4月

作詞:坂井泉水 作曲:栗林誠一郎 編曲:明石昌夫

「あなたを感じていたい」

1994年12月

作詞:坂井泉水 作曲・編曲:織田哲郎

Foever you

1995年3月

作詞:坂井泉水 作曲:織田哲郎 編曲:明石昌夫

あの微笑みを忘れないで

1992年9月

作詞:坂井泉水 作曲:川島ダリア 編曲:明石昌夫

きっと忘れない

1993年11月

作詞:坂井泉水 作曲:織田哲郎 編曲:明石昌夫

「もっと近くで君の横顔見ていたい」

2001年2月、坂井さんは体調不良のため休養に入ります。

1年後の2002年5月、「さわやかな君の気持ち」を発表し、アーティスト活動を再開します。

2003年7月「瞳をとじて」

2004年初の全国ツアーライブに挑戦します。

さらにライブ当日に寺尾さんに申し出た「もっと近くで君の横顔見ていたい」の歌詞で、月を浮かべてのところの”か”をファルセット(裏声)でやっていいかと申し出たそうです。

守るべきところをきちんとずっと守り続けているが、もう一回挑戦、進化。前向きな姿勢でやろうとしている坂井さんのことを寺尾さんは忘れられないそうです。

永眠するまで

しかし、復帰してから4年後の2006年に坂井さんは子宮頸がんを患い入院します。

しかし、こんな時も言葉を書き続けたそうです。

入院してと書かれたメモが見つかりました。

入院して彼が布団をかぶって泣いた。

それは今まで初めて見る涙だった。

この言葉を聞いた時、胸が引き裂かれる思いだった。

『ああ、僕もここで第一線でやってたんだ』とあなたがつぶやいた。

それを聞いたとき不安な気持ちになった。

闘志がみなぎり、一瞬一瞬をかみしめながら市内がよく見える空き地で2人つないでみつめた。

もう楽になっていいんだよ。今までがんばったから。

何も言わなくてもその背中で教えてくれた。

それで、本当の恋人になれた気がする。

長い人生にはどうしても避けられない道がある。

そんなときは黙って歩くんだよ。

 

2007年5月27日、坂井泉水さんは入院先の病院で転落事故により亡くなりました。40歳でした。

<Sponserd Link>



最後に

亡くなる数日前、プロデューサーに坂井さんから「今、詩を書いてます」と。

手を上にあげて笑顔の坂井泉水

出典:NHK

2004年の全国ツアーライブで坂井さんがめずらしく会場に語りかけたそうです。

「わたしはいつも、あの~本当に言葉を詞を大切にしてきました。音楽でそれが伝わればいいなと、あの、願っています。」と。

 

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK