新着エントリー

神木隆之介さん、意識高すぎ高杉くんがやけに弁の立つ弁護士役(NHK)楽しみ!

旧制松本高校教室

神木隆之介さん主演のドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」略して”やけ弁”が2018年4月21日(土)20:15からNHK土曜ドラマで放送されます。全6回。

ポスター「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」

出典:NHKドラマ

確かに、神木隆之介さんは弁の立つ役がすごく似合います(゚ー゚)(。_。)ウンウン ぴったり!

最近はauのCM、意識高過ぎ高杉くん役がキャラが濃過ぎてすごく気になりますが、神木隆之介さんを画面でみると長瀬智也さん主演「ムコ殿」ではおとなしくて、めちゃめちゃかわいい子役だったことを必ず思いだします。

神木隆之介さんのかわいい子役姿を紹介するとともに、なぜ弁の立つ役が似合うと思ったのか振り返ってみたいと思います。
<Sponserd Link>



弁の立つ隆之介さん

その前に、「ムコ殿」で子役の神木隆之介さん

2001年4月期にフジテレビで放送された長瀬智也さん主演「ムコ殿」で新井務役にて出演してます。

新井あずさ(ママ)役が鈴木杏樹さん、その妹として新井さくら役として竹内裕子さんの夫が桜庭裕一郎役が長瀬さん(ムコ殿)。

めっちゃめちゃかわいいですよね。

神木隆之介「ムコ殿」(1)

16年前の神木隆之介さん、かわいい!

神木隆之介「ムコ殿」(2)

16年前の神木隆之介さん、セリフばっちり!

ちなみに、「ムコ殿」6話に鈴木杏樹さんの同僚役で遠藤憲一さんも出演されてました。

遠藤憲一「ムコ殿」

遠藤憲一さん、若っ!

弁の立つ神木さん1、「学校のカイダン」

神木隆之介さんは、主人公の春菜ツバメ(広瀬すずさん)に話術を授ける謎の男性雫井彗役。雫井彗は若くして言葉の魔法を操る”魔法使い”とまで呼ばれる伝説のスピーチライターです。「腐った学校を革命するために」と春菜ツバメに言葉の力を巧みに授けます。
この役によって神木さんが弁立つイメージが似合うと思わせる一番大きな要因かもしれませんね。

 

「学校のカイダン」の番宣でZIPにでてる広瀬すずさんと神木隆之介さん。「ムコ殿」のお母さん役鈴木杏樹さんが、広瀬さんを挟んで左にいます。

弁の立つ神木さん2、「サマーヲーズ」「君の名は」他、声優

神木さんは声優として活躍されてます。ヒット映画を生み出す神の声とも言われてるのです。

「サマーウォーズ 」2009年8月- 小磯健二役
「借りぐらしのアリエッティ」 2010年7月- 翔役
「君の名は。」2016年8月- 立花瀧役
「メアリと魔女の花」2017年7月 – ピーター役

神木さんのしっかり、はっきりした声は、きき触りがよく説得力があるように感じます。

弁の立つ神木さん3 、au CMの意識高過ぎ高杉くん

やっぱり、最近のこのCMですよね。意識が高すぎると本人は感じてない、何かに気付いたときや決まったときの表情(ヤッタ!て感じ)がたまらなくいいですよね。


<Sponserd Link>



最後に

敵役や頼りない役も多々やってますが、真面目でしっかりしたイメージの神木さん。

わたしが神木隆之介さんが弁の立つイメージがぴったりだと思うのは、俳優として、声優として、CM出演の話す声や表情が和谷の中で積み重なってることが要因であるとわかった気がします。

「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」のあらすじを最後にしめたいと思います。

やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる

いじめ、体罰、モンスターペアレント、教師のブラック労働・・・
まさに崩壊寸前の教育現場にスクールロイヤー(学校弁護士)が立ち向かう!!この物語は、ある新人弁護士が法律を武器に学校問題と格闘するなかで、教師や生徒と体当たりで向き合い、傷つきながら成長していく「学園ヒューマンドラマ」である。

<あらすじ>

新人弁護士・田口章太郎(神木隆之介)は青葉第一中学の校長室にいた。今春から導入された「スクールロイヤー制度」で、弁護士事務所のボス・高城(南果歩)から派遣されたのだ。対面しているのは、娘が体罰を受けたと学校に抗議してきた保護者である。「学校を訴える!」と言って聞かない保護者に対し、田口は「あなたの行為は『威力業務妨害』にあたる」と言い切り、見事に追い返す。校長の倉守(小堺一機)は事なきを得たと上機嫌だが、教務主任の三浦(田辺誠一)は田口のやり方に反発する。「学校には学校のルールがある」と主張する三浦は、生徒からも保護者からも信頼の厚い、教師の手本のような人物である。それから数日後、体罰問題は思わぬ事態へと発展する。田口の態度に腹を立てた保護者が1枚の文書を送りつけてきたのだ。そこには担任教師・望月(岸井ゆきの)が体罰を行った事実を認める文言と署名があった。保護者に呼び出された望月があろうことか、言われるがままに署名してしまったのだ。スクールロイヤー・田口章太郎はこの問題をどのように解決に導くのか?答えのない学校問題と格闘する日々が始まっていた――。

引用:NHK番組表より

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK