町田啓太(劇団EXILE)、イケメンが役で連日の土下座!!気合い入ってる~

ねこの土下座

2018年8月27日、テレビ東京のドラマBiz枠の「ラストチャンス 再生請負人」放送で銀行マン杉山誠三役を演じるイケメン町田啓太さん(劇団EXILE)が主人公樫村徹夫(仲村トオルさん)に土下座しているシーンがありました。

あれ?町田さん、昨日もNHK大河ドラマ「せごどん」で桂小五郎(玉山鉄二さん)にせごどん(鈴木亮平さん)と大久保一蔵(瑛太さん)と小松帯刀役で頭を下げてたような。

大河ドラマ「せごどん」小松帯刀

出典:NHK

放送上連日の土下座の町田啓太さんの土下座に気合いを感じてしまいました。

イケメンの連日放送の土下座をご紹介します。
<Sponserd Link>



町田啓太さんの連日放送土下座シーン

「せごどん」”薩長同盟”のための土下座

既にせごどん・吉之助は自分たちの保身ばかりで、国のことを考えてない幕府を倒さないとこの国が亡びるという考えになっており、そのために坂本龍馬(小栗旬さん)に鹿児島に来てもらったり、龍馬に長州との仲を取り持ってほしいと頼み込んだ

吉之助の元に一蔵から、まさに桂や龍馬が待つ下関への出かけようとしたときに、手紙が届きます。内容は、慶喜(松田翔太さん)が今にも二度目の長州征伐の勅命を孝明天皇に下してもらうべく各藩に圧力をかけており、一蔵だけでは止められないので、京に来て急ぎ力を貸してほしいと。

吉之助は桂や龍馬に京都に向かう旨の手紙を海江田信義(高橋光臣さん)に託すが、海江田は下関に行かなかった。

二度目の長州征伐は孝明天皇より再考するようにと指示が出たため、一度保留になってよかったが、宿に戻ると龍馬が待っており、下関での会見をすっぽかした吉之助は責められてしまう。

2018年8月25日の「せごどん」”薩長同盟”の放送まではこういった話です。

孝明天皇より二度目の長州征伐の勅命が下されます。

吉之助は長崎の亀山社中の龍馬を訪れ、「薩摩名義で亀山社中より(海外の)銃や大砲、軍艦を買い、貿易が出来ない長州に売って、その代わりに長州から米を買う」という取引の仲介を龍馬に依頼。龍馬も再び桂の元へ。

慶応2年(1866年)1月、龍馬は桂と伊藤俊輔(浜野謙太さん)を連れて、京都の鍵屋に吉之助、一蔵の元へ。桂はミニエー銃や新式の大砲を薩摩名義で手に入れることを承諾していたが、長州が示した同盟条件は、まるで薩摩が長州に許しを請うような内容だったため、薩摩方が憤慨し、この日の返事は保留となり、翌日に持ち越されます。

藩邸に戻った吉之助、一蔵は、小松帯刀(町田啓太さん)、桂久武(井戸田潤さん)らと長州から提示された同盟条件について協議。特に小松帯刀は「長州から頭を下げるまでは、こちらからは何も言わない」と言って譲らず、結論は出なかった。

翌日、小松邸に薩摩方、長州方、龍馬の面々が会したが、無言の時間が・・・

突如、大山格之助(北村有起哉さん)と海江田信義ら数名が乗り込んできて長州を罵倒します。桂も同盟は無理と席を立った時に、吉之助が伊藤俊輔に長州と薩摩の留学生は英国で共に日本の将来を語り合う仲間になったという話を振ります。

この話のあと、吉之助が長州藩の条件を全て受け入れることを承諾して、頭を下げると一蔵、小松帯刀、桂久武や乗り込んできた薩摩方もついに観念して頭を下げた。

そのシーンです。まず、吉之助が。

せごどん(鈴木亮平)の土下座

出典:NHK

続いて、一蔵が。

せごどん(鈴木亮平)と一蔵どん(瑛太)の土下座

出典:NHK

桂も心動かされかけます。

土下座される桂小五郎役玉山鉄二さん

出典:NHK

町田さん演じる小松帯刀も吉之助と一蔵の覚悟を認め、薩摩方が長州方に頭を下げる覚悟を決めます。

そして、立ち上がり桂小五郎の元へ。

小松帯刀役町田啓太さん

出典:NHK

「桂殿」と言って、土下座をします。

小松帯刀役町田啓太さん土下座

出典:NHK

帯刀に続き(薩長同盟に異論を唱えに来た)薩摩方全員が長州方、桂に土下座を。

桂が「我々の負けじゃ」と、薩長同盟が結ばれることになります。

小松帯刀に続き薩摩方全員が土下座

出典:NHK

この感動のシーンで一番の存在感ある土下座をみせた帯刀演じる町田さん。あっぱれでした(/^ー^)/”””パチパチ

「ラストチャンス 再生請負人」での手の平返し土下座

主人公樫村徹夫(仲村トオルさん)は勤務先のちとせ銀行が菱光銀行に吸収合併後、デリシャス・フードのCFOとして転職したが、前オーナー結城氏が各フランチャイズオーナーと「出店しなかったら、一定期間の後、返金する」という裏約束をつけてフランチャイズ権を結んでおり、約130億の含み損を抱えた、倒産寸前の会社だったことがわかります。

菱光銀行出身の社長の大友(本田博太郎さん)は「聞いてない!」を連発し、無責任ぶりを発揮した後、社長を辞任し、樫村が社長に就任し、会社再建に奔走します。

で、町田さんはと言うと、元ちとせ銀行で樫村を慕っていたが、今は合併先の菱光銀行でデリシャス・フードの融資担当である杉山誠三役を演じてます。

デリシャス・フード元社長の大友より含み損の話を聞いたのでしょう、ここ数回の放送では昔慕ってた樫村に対しての上から、無礼な物の言い方をしていました。

2018年8月27日の放送で、樫村が常務の小沢(竜雷太さん)に伊坂商事からのデリシャス・フードへの支援を元社長の大友抜きで取り付けることができたことを、杉山とその上司の菱光銀行の二人と元社長の大友に報告して、融資してもらえそうになっていたところで、

伊坂商事の小沢が菱光銀行頭取に「菱光銀行がデリシャス・フードに融資してる全額を返済して他銀行から融資する」旨の連絡があったことが杉山の上司に電話があり、いきなりの手の平が返しの土下座のシ-ンです。

電話の内容を知らない杉山は最初は何がどうなったかわからず、上司から頭を下げるように。

杉山誠三役町田さん上司に首を押さえつけられ土下座

出典:テレビ東京

その後、電話の内容を上司が樫村に話しているのを聞いて、杉山は状況を理解し自ら頭を下げます。

「社長!数々の失礼、心からお詫びします」「伊坂商事をご説得下さい」「なんとか、引き続き、お取引お願いします」と。

上司から事情を聞いた杉山が自分から再度土下座しようとする

出典:テレビ東京

あきれた感じで「二人とも頭をあげて下さい」と樫村社長に対し、「いえ、社長が伊坂商事にとりなすと言ってくれるまで、一歩も動きません」と杉山。

樫村が銀行マンに「頭をあげて下さい」と

出典:テレビ東京

「銀行取引の件は、伊坂商事さんと話し合いをしてますが、わたし一人では決められません」「仕事がありませので」と樫村は部屋から退出します。

このドラマで樫村社長も何度も土下座してますが、銀行マンって土下座慣れしてるんですかね~。ドラマだけ?

ちなみに、下記動画は7話目放送の予告です。

 

<Sponserd Link>



最後に

町田啓太さんの連日の土下座シーンはそれぞれの役で違った感情での土下座です。

わたしはこの2日間で町田さんの気合いを感じ、印象に残りました。

今までで印象に残ってる下記動画の土下座と同じぐらい、わたしの土下座イメージ俳優として残ると思います。

ちなみに今までで印象に残ってる土下座はシーンは、やはり「半沢直樹」の大和田常務役の香川照之さん、

コント関東土下座組、組長のウッチャンです。

全て色が違いますが。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK