連続TV小説’18後「まんぷく」主人公=「てるてる家族」の梅雀さん

安藤百福とカップヌードル

2018年10月からの朝の連続テレビ小説「まんぷく」は日清食品創業者、安藤百福さんの夫人の仁子さんをモデルにしたドラマです。

日清食品創業者!?

そういえば、石原さとみさん主演の朝の連続テレビ小説「てるてる家族」に中村梅雀さんがチキンラーメンを開発する博士を演じてました。

チキンらーめん

「まんぷく」のあらすじを読んでると、中村梅雀さん、奥さん役の堀ちえみさんの顔が浮かんできます。

「てるてる家族」は最初おもしろくなさそうかなと思ったんですが、大阪人のおもしろさが随所にでており、最後まで楽しく拝見させて頂きました。
たまに、「若いってすばらしい~」とこどもと一緒に歌ってるほど、エンディングも頭に残ってます。

「まんぷく」期待してますが、まず、どんなドラマか簡単に。

<Sponserd Link>



「まんぷく」も「てるてる家族」同様、誰でも元気に

「まんぷく」の脚本家は福田靖さん

福田靖さんは日本屈指の超有名脚本家。

今までのヒット作品は「救命病棟24時」シリーズ、「特命係長 只野仁」、木村拓哉さん主演「HERO」、「ワンダフルライフ」、「海猿」シリーズ、「ガリレオ」シリーズ、「龍馬伝」、「DOCTORS〜最強の名医〜」など。

その福田さんから下記お言葉頂いてるとおり、「てるてる家族」同様、家族が楽しくみれて、元気になれるドラマとなるでしょう。

誰もが元気になれる楽しい“朝ドラ”にしなければ意味がありません。
「毎朝15分の美味しいエンターテイメント!」をお届けします!

引用:NHKドラマ ドラマトッピックス 「連続テレビ小説 まんぷく」より

 

「まんぷく」は当然人生大逆転の成功物語

舞台は戦前の大阪。三人姉妹の末っ子で、貧しいながらも愛情をいっぱい受けておおらかに育ったヒロイン・福子。ある日、‟父親代わり”となって母子家庭を支えた長姉が、病気で亡くなってしまう。次姉も結婚で家を出ていたため、「わたしがしっかりしなければ!」と、人生で初めての岐路に立たされ、健気にがんばろうと決意する福子。そんな時に出会った運命の人は――バイタリティーあふれる青年実業家・萬平だった。やがて二人は恋に落ち、結婚することになる。

しかし!! 萬平はメリヤス、航空機エンジン、製塩、食品加工、金融など、次から次へと事業を手がけ、大成功したかと思えば大失敗、敗者復活戦の繰り返し。まさかこんな浮き沈みの激しい生活が待っていようとは…!

「日本一の商売人」を目指して前に進み続け、穏やかな生活など考えもしない夫。
武家の末えいで、“商売”に理解が乏しく、娘の結婚生活に口を挟まずにはいられない母。
その間に立たされて、子どもを育てる福子に必要なのは、究極のマネジメント能力。
初めは夫に振り回され、耐えるだけだった福子は、やがて夫を支え、背中を押し、引っ張っていく強い女になっていく。
そして、すべてを失ったどん底からの最後の敗者復活戦、ついに夫婦は
「インスタントラーメン」を創り出す。それは世界の食文化に革命を起こす大発明だった!

引用:NHKドラマ ドラマトッピックス 「連続テレビ小説 まんぷく」より

ある番組で、生物界で特に動物のオスは生殖期を過ぎると必要性がなくなるとみました。

確かに、人間の男性は必要性を誇示するために何かを目指してなければと本能的に夢を追いかける生き物なのかもしれません。

常に夢を追っかける男性の手綱をひいてコントロールする女性がいないと成り立たないようになってるんでしょうね、きっと。

身につまされますね@(;・ェ・)@/反省…

石田あゆみさん姉妹の一人がチキンラーメン開発時の百福さんとつながり 本当?!

【インスタントラーメン発明記念館にある事実】
当時無名の安藤百福氏がインスタントラーメンの研究に自宅の庭に研究室と言う小屋を建てて研究開発しておられました。

【事実?】
そこに、石田家の姉妹の一人が安藤氏と知り合い、一緒に遊び半分で開発をしたのです。
そして大人の発想では考えられない発想を子供の一言で現在のチキンラーメンが完成しました。」

「てるてる家族」のモデルになった石田家を知っていると思われる方の日記サイトがあって、そこにドラマそのままのことが書かれてるそうです。

これが事実なら、安藤氏と石田家は関わりあることになりますが、同じ池田市ですし、わたしはつながりがあったとしておきたいです。
<Sponserd Link>



最後に

「てるてる家族」のお母さん役の浅野ゆうこさんが、昨年末結婚していたと、昨日ニュースになってましたね。
おめでとうございます\(^o^)/
57歳だったんですね。
年齢を感じさせ須、お美しくてお若いです。

また、安藤百福さんの名言のひとつに
「即席めんの発想にたどり着くには、48年間の人生が必要だった。
過去の出来事の一つ一つが、現在の仕事に見えない糸で繋がっている。」があります。

「確かに」と納得しているのですが、今のわたしは、結果を出して人生に満足した方だけのお言葉のように感じてます。

わたしは今年、年男の48歳。この記事を書きながら、反省もしましたが、あきらめたら終わり、生涯学習・生涯挑戦の意欲が湧いてきました。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK