菅田将暉・遠藤憲一が入れ替わるドタバタドラマ「民王」、池井戸潤ドラマで一番おもしろかったかも!

野田内閣

2年前の2015年7月期にテレビ朝日で放送された原作池井戸潤さんのドラマ「民王」がTVerにて菅田将暉dele(ディーリー)放送記念として7月27日22時まで無料視聴できますので、みはじめました。

2年前は自分の中にある池井戸潤さんドラマっぽくなくてイマイチちゃんとみれてなかったんですが、今みるとおもしろい!ヘッドホンをつけてみてますが、子供に「なんでそんなに笑ってるの?」と言われるくらいに、笑ってしまってます。

しかも、とても豪華なキャスト!遠藤憲一さん、菅田将暉さん、高橋一生さん、草刈正雄さん、西田敏行さんと主役級の方、知英さん、本仮屋ユイカさんと魅力的な女優さんが出演されてました。

その中で一番印象に残ってるのは、エンディングでmiwaさんやみなさんと一緒にニコニコ顔で踊る遠藤憲一さんです。このドラマでは総理大臣役で、自分自身でワニ顔(原作にはそんなセリフないので、アドリブ?)と言ってるくらいのコワ面なのに、妙にかわいいんです。

いまさらですが、ドラマ「民王」を記事に残します。
<Sponserd Link>



「民王」はヒューマンコメディドラマ

あらすじ

二代続けて任期半ばで総理大臣が辞任している民政党の総裁選に立候補した武藤泰山(遠藤憲一さん)は、民政党のドン・城山和彦(西田敏行さん)の力を借りて内閣総理大臣になります。
組閣後、スキャンダルだけは避けたい泰山の懸念は泰山の息子・翔(菅田将暉さん)の事。

一方、地位と権力にしか興味がなく、家庭を顧みない父親の泰山に嫌気がさして、大学生になると自宅に寄り付きもしなくなった翔は”キッチンやみくも”に居候していた。泰山は翔の居場所を見つけ出し事件だけは起こさないように釘をさします。

しかし、ただでさ強い向かい風の中で、早速、経済産業省大臣の江見が「中小企業の社長は企業努力が足りないんだバカヤロー」と暴言を吐いたと知らせが入ります。その日の予算委員会では江見大臣の任命責任で野党に追及されてるその時に、元々痛んでいた奥歯がさらに痛み始めました。

一方、同時間、”キッチンやみくも”では借金取りが入ってきて、追い返そうと勇んだ居候の翔に連来保証人を迫られ、保証人欄に名前を書いてる途中で、”やみくも”常連のストリッパーからフライパンで頭を叩かれることに。

その瞬間、目が覚めると翔は予算委員会の真っ只中に、泰山は”キッチンやみくも”で目覚めていた。なぜか、ふたりの心と体が、なにかのきっかけで入れ替わってしまったのです。

ここからの遠藤憲一さん演じる泰山がほんとおもしろいのです。池井戸潤さん原作らしくないと思うと、またさらにです。

おもしろさ

背景

民生党は民主党(現立憲民主党)、武藤総理大臣は野田元総理大臣がモデルなんでしょうが、麻生現財務大臣や森元総理大臣のエピソードがネタになってたり、政治を滑稽に描いており、その頃を思い出しながらみれるので、いまだからこそおもしろさが倍増なのかもしれません。

遠藤憲一さん

あのワニ顔(?)のエンケンさんが、入替ってから、見た目泰山・中がおバカ大学生の息子翔を演じてます。

1話目の最後にエンケンさんが、”未曾有”を”みぞうゆう””補填”を”ほちん”、”善処する”を”ぜんどころする”、”直面”を”ジカメン”とほとんどの感じが読めないので、周りが大笑いしているのに、全く恥ずかしがる感じがない表情で読み続けるシーンは爆笑です。

見た目泰山・中が翔の首相は心根がすごくいいので、ぽつりぽつり、じわりじわりと話す、翔ありのままの言葉が周りの政治家や民意を掴んでいくところもいいんです。

やっぱ、エンケンさんいいですよね。

菅田将暉さん

少しナヨナヨしてるようにみえるが、とても優しいので女性に人気があるんだが、勉強は全くできない大学生の翔。1話目の最初半分までは菅田さんが翔を演じており、今までの落ち着いたイメージ菅田さんなので、あまり違和感を感じなかったんですが、入替った時から父親の泰山っぽい演技。

自宅で、見た目泰山・中が翔の遠藤健一さんのパンツの中を覗き込んで、下半身を確認し、入替ってることを確認するところは本当にオヤジっぽくて笑えます。

高橋一生さん

武藤泰山の公設第一秘書の貝原茂平を演じてます。

大ブレイク直前の高橋さんは最初は泰山の息子翔を”おバカ息子”と言っていたが、泰山と翔が入替ってからも、無表情に淡々と、でも親身にサポートする役を演じてます。

気持ちイラっとしてるようなときは泰山のことを”無能”や”ワニ顔”など、少しトゲのある言葉をサラッと言ってるのがおもしろくて、気になりますよね。

スピンオフでは主役ですし、ナイスキャラですよね。


<Sponserd Link>



最後に

途中途中、会話の間で”ポン!”など効果音でシーンの雰囲気を出したり、警視庁公安新田山内圭哉さん)のアクセントや貝原が急に怒鳴り声を出したり、トリックっぽい笑いの要素満載です。

CIAから脳波を入れ替える技術を盗んで、武藤泰山と翔親子だけでなく蔵本志郎(草刈正雄さん)と村野エリカ(知英さん)を入れ替える指示を出してた犯人は民政党のドン・城山(西田敏行さん)なんですけど、こんなあほらしい話の池井戸さんドラマ初めてだったので、2年前にもっときっちりみておけば良かったなと思いました。

が、TVerでみれたのでラッキーでした。まだ、あと1ヶ月以上ありますので、ぜひ。


<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK