鶴瓶、上岡龍太郎のパペポ最終回、さんま、紳助、寛平の中でショージ渾身の「ドゥーン」!

メガネ

昨夜、小学4年生のこどもが最近食事になると、テレビをみながらやしゃべりながらとだらだらしながら食べるので、おいしく食べてないのではないのかなと考えてたところ、ふと、なぜか上岡龍太郎さんがおっしゃってたことを思い出しました。

「レストランのシェフは男が圧倒的に多い。女性は体温に波があり、それに応じて味覚も変わる。だから、常に同じ味を提供しなければいけないレストランでは、男が調理をする」
「そう、家の味が毎日同じだと飽きるでしょ。お母さんの日々体温のによって『今日はちょっと味が薄いな』『今日はちょっとしょっぱいな』というほうが飽きずに食べられる。毎日、レストランの料理食べてもおいしないって」と。

久しぶり、パペポTVみたいな~と思って、動画をぐぐったところ、最終回の動画がアップされており、おもしろ過ぎて深夜にたくさん笑いました。(アップしてくださってたWagamama norikoさんに感謝です。)
<Sponserd Link>



伝説トーク番組パペポTV最終回、17年前でもトークは新鮮!最高!

ひたすら上岡龍太郎さんと笑福亭鶴瓶さんとトークだけで約13年

番組開始前、制作側は二人に用意した台本で番組をスタートしたいと提案。しかし、上岡さんと鶴瓶さんから「俺たちに任せてもらいたい」と逆提案され、台本をなしで番組をスタートしたとのことです。

上岡さんと鶴瓶さんとの番組上の「ボケと突っ込み」の関係です。

鶴瓶さんがいろんな出来事、などなど、些細な世間話をするのですが「ウソか本当か」「ありそうで、なさそうな話」で視聴者をハラハラドキドキさせながら爆笑の渦に巻き込んでいきます。
上岡さんは鶴瓶さんが次から次に繰り出す話に持ち味の雑学を駆使し、冷静に鶴瓶さんの話をいじくりながら、ちょくちょくおもしろい突っ込みを入れていくパターンです。

しかし、そのパターンがとてつもなく面白い!

深夜の時間帯(主に25時過ぎ)なのに総平均視聴率「4.6%」総平均占拠率「31.8%」とのことです。ほんと、伝説の番組ですよね。

伝説、最後の山口百恵

伝説と言えばももえちゃん

最終回を迎えた理由

上岡龍太郎さんの引退によってこの番組は最終回を迎えました。

1997年の新春に引退することを公表。「ボクの芸は20世紀で終わり。21世紀には新しい人生を歩みたい」と複数の看板番組をもっていたにも関わらず、本当に綺麗さっぱり全て降板したのです。

この凄いメンバーでも一瞬の爆発力が凄い村上ショージさん

最終回は前半の途中から島田紳助さんが参加して3人になり、後半から明石家さんまさん、間寛平さん、村上ショージさんが加わります。さんまさんが出てきてから全部持っていきますが、元々そんなことは全員わかっており、しかし、それぞれ全員の味を出しながら、ギスギスしてない笑いが繰り出されてるからとても安心した気持ちで楽しめた最終回でした。

さんまさんが鶴瓶さんの後頭部をみて、
さんま「兄さん、後ろが死にかけのセイウチみたいになってるやん」からはじまり
鶴瓶「おい、ちょっと待て」「おい、おい、、紳助!」「お前、俺の頭みてなんて言うた!」(笑)
紳助「お前セイウチや俺はあったかご飯から湯気がって言ったんや」(大笑)

そこで、上岡さんがいきなり
「これな若手の芸人集めといいて、ぱっと頭をみせてどう表現するか片っぱしからテストしてみたらええんや。したら、センスがわかる」と一言

さんまさんがまたいきなり
「これね~、この二人が突っ込みあかんのですわ」と寛平さんとショージさんに。「練習したいって言うから」と

鶴瓶さんが寛平さんの手を引っ張り、観客のみなさんが拍手
寛平「お前の頭~干からびたスキー場かっ」(くすっ)
さんま「いゃ、いや中途半端やん」「お兄さん、そんなあかんねん、中途半端やっ」(笑)
鶴瓶「うけへんかった、俺も悲しいねん・・・」(笑)

ショージさんを指さす鶴瓶さん
紳助「今、ショージプレッシャーかかってるやろ」
ショージ「いや、全然かかってません。言うたって、例えなんぼでもありますねん。引き出し山ほどありますねん」(序笑)
さんま「今日はどのの引き出しか楽しみやな」(序笑)
ショージ「今日は上から3段目あけますわ」(笑)
さんま「え~、それはやめてお父様」(大笑)
ショージ「兄さんのあた、頭」(大爆笑)
さんまさんこけ、ショージさん裏に下がろうとするところを鶴瓶さんが止めながら頭をはたく(爆笑)
戻りながら、「すみません、今日、笑わせ疲れとまんねん」と笑いながら言い訳するショージさん

さんま「でもね、上岡師匠・・・」
紳助「やめたんか、やめたんか」とショージさんを指さしながら
さんま「そんな、あほなことあるかい」「でも、顔死んどったやないかっ」(小笑)
ショージ「なに言っとるん、今関西で一番輝いとると言われてんねん」(笑)
鶴瓶「いくのか?」
ショージ「当たり前ですがな、兄さん」「もう、もう、絶対笑わしまんがな」
ショージさん渾身の「ドゥーン」(爆笑、拍手)が下の画像です。

村上ショージ ドゥーン

ショージ「ほらっ(うけた!)」(ドヤ顔)

ショージさん、打席に立つのは少ないが、当たればホームランタイプですよねニコ. (o^∇^o)ノ

<Sponserd Link>



最後に

4人を送り、最後に少しだけいつも通り鶴瓶さんと上岡さんのトークで締めました。

上岡「それでは、引退を決めた上岡龍太郎を惜しむような、皆さん方の歌に包まれながら去っていこうと思います」と相変わらず流暢に。
鶴瓶「どういう歌ですか?」
上岡「みんなで、君が代斉唱」(爆笑)
鶴瓶さんが上岡さんの手を引っ張り、二人とも笑顔で掃けます。(全員が大拍手)

鶴瓶と上岡、パぺポの最期

「君が代斉唱」でピシッと落ちるところが、上岡龍太郎さんらしいい、清々しい感じでみてた方全員が納得したパペポの最終回だった思います。

いや~みてほしい。ので下記に動画を貼り付けてます。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK