スニッファー、事件解明話も好きだが、阿部寛さん役と井川遥さん役との展開が気になる

においクンクン

2018年3月21日(水)NHK総合22時〜、ドラマスニッファー スペシャルがあります。

待ってました!

最終回、華岡信一郎(阿部寛さん)と小向達郎(香川照之さん)の10メートル程前に現れた仮面を被った男が「わたしはお前のことを知っている」と言ったら、華岡がニオイを嗅ぐシーンでの終わり方でしたので、続編があるはずと思ってました。今回スペシャルがあってよかったです。

阿部寛さんが特殊嗅覚を活かして事件解決を協力するカウンセリング華岡信一郎というキャラを演じており、新参者シリーズの加賀恭一郎ばりの人情味もあるところも大好きでした。

が、わたしは華岡信一郎(阿部さん)と末永由紀(井川遥さん)関係、野生身あふれる容姿の男と美女の大人の恋が、視聴者からみるとカンペキに両想だけど、この後付き合うの?と気になってました。

スペシャルだけでも楽しめると思いますが、2016年に放送された本編も少し知っておいた方がいいと思いますので、記事にのせてみます。
<Sponserd Link>



2016年のスニッファー本編とスペシャルについて

華岡信一郎の特殊嗅覚で事件が解決

7話とも事件に関しては一話完結です。(下記にNHK公式サイトから各話のあらすじを切り抜いてます。ご参照の程。)

特殊嗅覚の変わり者、華岡は色々な窮地に立たされてしまいますが、小向達郎(香川照之さん)、特別捜査支援室が華岡の人格と特殊嗅覚からの情報を認め、サポートして事件を解決させていくところが毎回おもしろいです。

最終話

総合:2016年12月3日(土)よる10時 10分拡大スペシャル

華岡(阿部寛)は女医の由紀(井川遥)に思いを打ち明け、自宅に誘う。しかし約束の時間になっても、彼女は来ない。その頃、由紀は夫・桐生(戸田昌宏)と刑務所で会っていた。桐生はある事件で有罪判決を受けていた。一方、華岡には差出人不明の荷物が届けられる。中身は多発する失踪事件の手掛かり、そして犯人からの無臭の挑戦状だった。華岡は達郎(香川照之)と捜査に乗り出すが、その後も次々とメッセージが送りつけられる…。

安田顕

第6話

総合:2016年11月26日(土)よる10時

華岡(阿部寛)の娘・美里(水谷果穂)が殺人容疑で逮捕された。華岡は恵美(板谷由夏)と警察に行くが、担当の鬼島刑事(尾美としのり)は事件について一切話さない。不審に思う華岡は、達郎(香川照之)と犯行現場に潜入、匂いを調べると、美里が違法薬物の取引に巻き込まれていたことがわかる。そんな中、華岡の家にも捜査が及ぶ。帰る場所を失った華岡は小向家に世話になり、達郎の母(吉行和子)から思わぬ歓迎を受ける…。

尾美としのり

第5話

総合:2016年11月19日(土)よる10時

人気キャスター鹿島吾郎(原田泰造)の隠し子が誘拐された。犯人の要求は一億円。さらに今晩のニュース番組で、不倫を告白しろと言う。華岡(阿部寛)は誘拐現場に残された匂いから、犯人像を分析。さらに達郎(香川照之)とテレビ局に潜入、鹿島に恨みを抱く人物を極秘に探り始める。そんな中、新たな脅迫状がテレビ局あてに送られてくる。鹿島は華岡に、夜十時の生放送までに犯人を捜し出せと厳命。残された時間はわずかだった…。

第4話

総合:2016年11月12日(土)よる10時

ある宗教施設の中で、教団の女性幹部が殺される事件が起きた。教祖の徳大寺照子(黒木瞳)は、旧知だった華岡を呼び出し、教団に潜む裏切り者を嗅覚で捜し出すように依頼する。そんな中、さらなる事件が教団の内部で起き、達郎たち警察も本格的な捜査に乗り出す。どの殺人現場にも残されている謎の植物の香り、その正体を突き止めようとする華岡だが、何者かに命を狙われる…。

黒木瞳

第3話

総合:2016年11月5日(土)よる10時

天才画家・佐伯雲天の名画がドイツから返還されることになった。報道陣への公開の場に居合わせた華岡(阿部寛)は、絵の匂いから、これがニセ物だと主張する。文科省を巻き込んだ大騒動になるが、科学鑑定の結果、絵は本物と証明され、華岡は窮地に立たされる。華岡は美術館の館長・塔子(川原亜矢子)がニセ物作りに関わっていると疑い、達郎(香川照之)と捜査を進める。そんな矢先、華岡は何者かに襲撃を受け、嗅覚が使えなくなる…。

川原あやこ

第2話

総合:2016年10月29日(土)よる10時

白昼オフィス街で起きた連続狙撃事件。遠く離れたビルの屋上から、ライフル銃で狙ったプロのスナイパーによる犯行だった。特殊嗅覚を持つ華岡信一郎(阿部寛)は、射撃現場の匂いから犯人は日本人と推定した。そしてわずかに残された花と土の香りから、事件の真相を探る。一方、小向刑事(香川照之)は聞き込みを続ける中、競技射撃の選手時代にチームメイトだった仙崎(トータス松本)が、渡米したまま行方不明であることを知る…。

トータス松本

第1話

総合:2016年10月22日(土)よる10時

大物代議士のパーティーが行われた豪華客船。不審な人物を匂いで嗅ぎ当てた男がいる。特殊な嗅覚で事件を解決するコンサルタント・華岡信一郎(阿部 寛)、アメリカではスニッファーと呼ばれていた。一方、警視庁の特別捜査支援室では、人情派刑事の小向達郎(香川照之)が着任早々、華岡との事件捜査を命ぜられる。正体不明の凶器で要人たちが次々と狙われる難事件。華岡は現場に残されたわずかな匂いから、犯人像をあぶりだす……。

劇団ひとり

 

引用・出典:NHK公式サイトより

 

 

華岡信一郎(阿部寛)に興味を持っていく末永由紀(井川遥さん)の表情がいい

出会いから、距離がだんだんと近くなって、お互いが気になっていってるところがすごくいいです。最後の診察室での末永の華山に心許した笑顔で終わるんですが、でも、もう少しハッキリさせてほしーなー(≧∇≦)/

スペシャルあらすじ

今回は小向ではなく、プロファイラー七条(波瑠さん)がサポートするじゃないかなと思ってるのですが、ぶつかりそうですよね。そこで小向が裏からサポートしていくという話になりそうですね。でも、最後はプロファイラー七条も華山を認めるような展開の話だと想像してます。

死体が花びらで彩られた謎の連続殺人事件。嗅覚捜査官・華岡信一郎(阿部寛)は細菌を培養したような謎の匂いを遺体から嗅ぐ。一方、小向達郎(香川照之)は捜査チームから外され、代わりにFBIで学んだプロファイラー七条香奈(波瑠)がチームに加わることになる。達郎は独自に捜査をすすめていくが、謎の男に拉致、監禁されてしまう。華岡は遺体から嗅ぎ取った匂いの正体を突き止めようと、かつての同僚の研究者・岩渕幸雄(松尾スズキ)を訪ねていく。そこで細菌兵器によるバイオテロの可能性が浮上。薬害で家族を失った男・佐伯誠二や、かつての厚生労働大臣(西村雅彦)ら裏で糸引く男たちの思惑が絡み合うなか、華岡はバイオテロを防ぐことが出来るのか!

引用:NHK公式サイトより

スニッファー、主な出演者とその役

阿部寛:華岡信一郎 スニッファー コンサルタント
香川照之:小向達郎 特別捜査支援室の刑事 華岡の相棒
波瑠:七条香奈 FBIで学んだプロファイラー
野間口徹:上辺一郎 特別捜査支援室を統括
高橋メアリージュン:特別捜査支援室一員
馬場徹:特別捜査支援室一員
竹森千人:特別捜査支援室一員
井川遥:末永由紀 耳鼻咽喉科の美人女医
板谷由夏:片山恵美 華岡信一郎の元妻
水谷果穂:華岡信一郎の娘
吉行和子:小向達郎の母親
西村雅彦 :かつての厚生労働大臣
松尾スズキ:華岡のかつての同僚、研究者
<Sponserd Link>



最後に

なんでしょうね(^^)少し変わり者であまりハンサムにみえない男性と美人の女性の恋愛が上手く行くのが好きな人は多い気がします。

101回目のプロポーズ、やまとなでしこ、美女と野獣などなど、誰もが応援したくなるから話題作

なんでしょうね。ただし、男性が実直なキャラということが絶対条件ですけど。

でも、ほんと井川遥さんはめちゃめちゃ美しいです。

ちなみに、原作「The Sniffer」は2013年にウクライナで制作された世界的な大ヒットドラマで、2016年世界に先駆けて日本でリメイクされたものだそうですよ。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK