綾野剛主演「ハゲタカ」テレ朝ドラマ化、20年分を1期でやるなら、きっと「グリード」の鷲津も!?

GREED上下巻

2018年7月から毎週木曜21:00から綾野剛さん主演のドラマ「ハゲタカ」がはじまります。

わたしはプロフィールにも書きましたが真山仁さんの本が大好きで、その大好きときっかけとなったのが、NHKの土曜ドラマ枠で放送された「ハゲタカ」。放送時から話題沸騰し、この数年前大ヒットした「半沢直樹」は「ハゲタカ」の影響を受けてるのではと言われてるくらいの伝説の社会派ドラマです。

真山仁さんの「売国」「黙示」などもおもしろいのですが、「ハゲタカ」シリーズと比べるともう少しだけ物足りなくなるくらいインパクトがもの凄かった原作及びドラマです。

今回のテレ朝の「ハゲタカ」は1クールで鷲津の20年を描いたドラマとなるということなので、「グリード」での鷲津がドラマでみれるとうれしく思いながら、NHKドラマ「ハゲタカ」、鷲津政彦の魅力を紹介したいと思います。
<Sponserd Link>



NHKドラマ「ハゲタカ」及び鷲津政彦の魅力

魅力1、鷲津のセリフ

バブル崩壊、金融ビッグバン後、経済至上主義に向かう人といい意味で「これで良し」とあきらめていった人の二極化に進んでいく中で、前者の方には魅力あるセリフが随所にあり、ピックアップしました。

まず、日本企業世直しの思いが強い鷲津の本音が表れており、非常に多くの視聴者が共感したのではなかかと思います。

地獄だよ、日本は。生ぬるい地獄だ・・・

あなたが言った資本の論理って何ですか? きれいごと言っても金がなくちゃ何も始まらないってことでしょう。そんな当たり前のことに、ようやく気付き始めたんですよ。この国も。

目標はただひとつ。腐ったこの国を買い叩く・・・買い叩く・・・買い叩く!

晴れた日に傘を貸して、雨の日にとり上げるんだよね?今日は貸してくれるんだ・・・雨なのに。

死んだあとじゃ意味がない。  大木会長は、戦後日本経済のシンボルだ。  彼が生きているうちに、大空にメスを入れる。  今回のディールは、ホライズン・ジャパンにとっても  最大のディールなんだ。  プライドをかけ、我々の手で、日本を再生する。

政治家、官僚、大企業…腐りきった既得権益層がテーブルのまん中に居座り、馬鹿な国民はただそれをヘラヘラ見ているだけ…。そんな国がありますか?

効率化、効率化のあなたのかけ声の下、現場では人件費を切り詰め、1円単位のコスト削減を地道に積み重ねている。でも結局、そのすべてをあなたがゴミ箱に捨てたようなものだ。

俺は日本人の勤勉さや誠実さに誇りを持っている。このまま終わってたまるか。まだまだこの国は捨てたもんじゃない。

魅力2、鷲津のメガネ・服装

決して怖そうな目をしてるとはいえない大森南朋さんがこのフォルムのメガネをしないでスーツを着こなしていても鷲津っぽくない気がします。

ドラマをみた後だからなおさらそう思ってしまうのかもしれませんが・・・

スタルクアイズ

出典:BLESSのスタッフのブログ 鷲津政彦着用メガネ

 

ラフな鷲津

出典:「ハゲタカ」公式HP

ドラマをみた後、初めて原作を読んだのですが、主人公鷲津は大森南朋さんではなく真山仁さんみたいな人をイメージしながら読んでました。(真山さんの容姿をみたことなかったのですが、なぜか?)

魅力3、音楽

ハゲタカの曲と言えば「ROAD TO REBIRTH~a Chainless Soul~」「His Wings」ですね。じーんと来るものがあります。

もしよろしければ、楽曲検定で視聴してみて下さい。

魅力4、キャスト

大森南朋、柴田恭兵、中尾彬、松田龍平、宇崎竜童、菅原文太、大杉漣、志賀廣太郎、栗山 千明、松重豊超実力派キャストで、非常にみ応えがありました。

また、ドラマでは恋愛など余計な要素が全くなかったので、原作での鷲津とリン・ハットフォードとの少しだけの男女の関係がすごく印象に残ってるんです。

原作「グリード」について少し

タイトルである「グリード」は強欲といった意味です。

真山さんは「グリード」を連載する前に日経ダイアモンドのインタビューに下記のように答えてます。

現代は成長の限界に直面しています。地球温暖化問題が象徴的ですが、先進国は成長の限界をどうとらえるのか、真剣に考えなければなりません。にもかかわらず、マネーという怪物が世界を席巻して成長幻想を植え付けている。「グリード」では、ハゲタカ本来のテーマを踏まえながら、文明論や、死生観などに移らざるをえませんね。

引用:DIAMOND ONLINEより

人を支配するのはマネー、強欲こそ善という信念に翳(かげ)りがさしてきた時代背景のもと、原作「グリード」で鷲津は「強欲におぼれた愚かなアメリカにお灸(きゅう)をすえてやるために参上した」と、大国アメリカに啖呵を切ってます。

真山さん自身の意気込みや真山さんが日本の方に望んでる思いがこの「グリード」という「ハゲタカ」シリーズの4段目でよく表れてる気がします。
<Sponserd Link>



最後に

綾野剛さんが主演ということで、NHKドラマ「ハゲタカ」と同じぐらいスタイリッシュな鷲津を期待しているのですが、クランクインの綾野剛さん演じる鷲津の髪型・服装をみると微妙な感じですよね。

確かに綾野剛さん演じる鷲津の方が時代にあった服装・髪型に近いと言えばそうなんですが・・・

しかし、一番大切なのは内容ですので、「グリード」の鷲津をドラマ化してくれてると思いますので、ものすごく期待してます。


<Sponserd Link>







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK