矢口真理、脱力タイムズでスキャンダルのことをぼかすわけでなく、すがすがしい自虐

クローゼット

2018年9月21日の「全力!脱力タイムズ」で元トップアイドルの矢口真里さんが特別解説員としてテーマは”アイドルと日本経済”の関係を徹底解説してくださるということで出演されてました。

脱力タイムズ解説席の矢口さん

出典:フジテレビ

現在のアイドル事情や、モーニング娘。の歴史など、台本を読みこんで、読み込んで、読み込んできた特別解説員の矢口さんに説明してもらうはずだったのですが・・・。

コメンテーター・芸人席に座っていた柳原可奈子さんのコメントが完璧なので、矢口さんより特別解説員が適任なのではという場の空気で先日のベッキーさんと同じように解説席からコメンテーター・芸人席に・・・。

さらには、「全力!脱力タイムズ」のコメンテーター・芸人をじわりじわり辱める方向へと。今回もおもしろかったのでご紹介します。
<Sponserd Link>



矢口さん、自分で自分の事を不潔です!

解説員席で・・・

矢口さんが現在のモーニング娘。’18について解説しようとする前に、有田さんがコメンテーターの柳原さんに振ってしまい、柳原さんに丸々解説されてしまいます。

有田さんが「矢口さん、解説お願いします」と振ると、「全部、言われました」「えっ?えっ?あれ?」と矢口さん。

「すごい、打ち合わせをして・・・」

 

岸博幸さんが、親指を矢口さんに向けて「有田さん、大丈夫っすか?」と。そして「柳原さんが解説員に座った方がいい気がしてきたもんで」と。

レギュラー解説員岸さんの一言

出典:フジテレビ

有田さんも「柳原さんが解説員になることも可能なんですか?」と柳原さんに確認すると、

柳原さんは「わたしは、大丈夫ですけど~、こっち結構訂正したりとかアリタさんのボケとかかなりツッコまないといけないから~」と。

そこで、有田さん「それは矢口さん得意ですもんね、よく考えたら」と矢口さんに。

アリタ哲平のダメ押しの一言

出典:フジテレビ

柳原さん「じゃ」に対して「替わりますか、替わりますか」と有田さん。半ば強制的に

矢口、コメンテーター・芸人枠ということに

出典:フジテレビ

コメンテーターとして芸人席で頑張るが、変な方向に

有田さんが「70年代一世を風靡し、人気絶頂の21歳で電撃結婚&引退」とパネルのシールをめくると、「山口百恵」が「山口桃恵」になってるのを、すかさず柳原さんが「字違ってる」と指摘します。

柳原さんに感心する矢口さん

「早い」と柳原さんに感心している矢口さん。有田さんが「柳原さんは解説員ですから、そういうのは全部矢口さんが今後やりますから」とジャブ。

感心してる場合ではないことに気付く矢口さん

出典:フジテレビ

「あー そっかぁ」と感心してる場合ではないことに気付き、うなだれる矢口さんwww

有田さんが「1980年『裸足の季節』で鮮烈デビュー」とパネルのシールをめくると、「青いスートピー」「赤い珊瑚礁」となっているのを、矢口さんが挙手で「違いました」「タイトル逆です」「赤いスートピー、青い珊瑚礁」「テレコです。テレコ」と。

パネルの間違いにツッコムことをコメンテーター矢口に求められる

出典:フジテレビ

有田さん「矢口さん、いいじゃないですか」と。お褒め。

ほっとした矢口さん

出典:フジテレビ

矢口さん、その言葉にほっと一安心。

有田さん「みんな(松田聖子さんの)髪型を真似しましたね」と人気絶頂時の写真のシールをはがすと、いとうせいこうさんの写真www

だが、「いわゆる聖子ちゃんカット」「前髪を揃えた感じの・・・」とそのまま続けてるところに、矢口さんが「違う、違う、せいこうカットです」

いとうせいこうさん

出典:フジテレビ

有田さん、ニヤつきながら「これはせいこうちゃんカットですね」「すみません、誰も真似しておりません」と。

そして、もう一人のコメンテーター伊藤健太郎さんに矢口さんのことを「どうですか?」と。健太郎さんが「素敵ですね」「好きになりそうでした」と答えると、有田さんが「あー、そうですか」「水を得た魚のように喋り始めましたもんね」と少し小馬鹿にするような発言を。

有田さん「80年代はアイドル黄金期!数多くのアイドルが活躍!」とシールをはがすと、パネルでは酒井法子さんのところをマジックで雑に二重線で消してるが誰もがわかるところに、矢口さん「見えてる、見えてる、見えてる」「消すなら消しましょう、じゃあ」wwww

酒井法子の部分中途半端な二重取消線

出典:フジテレビ

有田さん、笑いながら「消すなら消しましょうの指摘でよろしい?」「なんで消してるんですか?ではなく」の確認に「はい、消すなら消しましょう」「どっちかにしましょう」で会場が笑いに。

有田さん「90年代つんくプロデュースでオーディション番組からデビュー」、「また、間違えてんの」とスタッフに確認後、「また、指摘してくださいね」とパネルのシールをめくると、会場笑いに。

歴代ハロプロメンバーの今

出典:フジテレビ

有田さん「スタッフが変なミスをしております、もし間違いが」のところで、矢口さんが苦笑いしながら「別にいいでんすよ、このままでも」「いいですよ、めちゃくちゃ、いい文章ありがとうございます」と。しかし、有田さんが「ミスがあるみたいなので、しっかりと指摘してください」と矢口さんに念を押します。

矢口さん、悶えてましたwww

「さぁ、いきましょう」「清潔感に溢れみんな大好き!テレビに出ずっぱりの矢口真里」と有田さんが読むと。

矢口さん「いいですけどねー、響きはすごくありがたいんですけど」「いや、もう、あの、不潔ですよね!」wwww 会場の誰も我慢できず、爆笑!

矢口さん立て続けに「印象で言ったら、全然、ごめんささい、違いますよ」「与える印象はもうそっちです」「清潔感なんて一切ない」www

有田さんの「みんな大好きはどうですか?」に、矢口さん喰い気味に「大体嫌われてる」wwww

有田さんの「テレビに出ずっぱりはどうですか?」に、矢口さん「そこも、ちょっと違う」「テレビはちょいちょい、ネットがメインです」wwww

有田さんが「不潔で、みんなが大嫌い、ネットを中心に活躍する矢口真里でいいですか?」に、矢口さん、頭の上で”まる”と。www

それでOKと矢口さん

出典:フジテレビ

やられた!最後に上手なスキャンダルネタ

矢口さんの自虐に輪をかけて、有田さんと脱力タイムズスタッフは上手いネタを仕込んでました。

クローゼットに隠れてたのは、確かに矢口さんですwww

笑いとしてはここが一番おもしろかったです。
<Sponserd Link>



最後に

矢口真理さん、元モデルの梅田 賢三(現在は会社員)と今年3月26日に結婚したことを公表し、番組内であったようにネット中心に活動しているとのこと。

この秋、2006年の「ギャルサー」で矢口さんが”Angel Hear”メンバーとして共演していた戸田恵梨香さんがTBS「大恋愛~僕を忘れる君と」で主演、新垣結衣さんが日テレ「獣になれない私たち」で主演と女優として一線で活躍を続けてますが、この放送を見て、矢口さんもタレントとしてのさらなる飛躍が見込めそうなすがすがしさでした。

結構笑えましたけどwww

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK