日本語が「ぎぼむす」での佐藤健の役どころレベルの吉崎綾がバラエティ再挑戦でъ( ゚ー^)イェー♪

ラストアイドル3

秋元康プロデュースの究極のアイドルグループ”ラストアイドル”をご存知でしょうか?

現在、AbemaTVレギュラー放送で展開中のプロデューサー(秋元康、後藤次利、近田春夫、つんく♂、指原莉乃)バトル第2弾シングルが”ラストアイドル”の4thシングルが10月24日(水)に発売決定と話題の、テレビ朝日の土曜日深夜放送の”ラストアイドル”という番組から生まれたグループです。

今回記事にしたい吉崎綾さんは、2017年8月12日深夜に放送開始した”ラストアイドル”(テレビ朝日)の暫定メンバーとして応募総数4932人の中から選ばれ、2度の対決に勝利し、2017年12月16日深夜の放送で正式メンバーに決まり。
その後、2018年6月末まで”ラストアイドルファミリー”および”LaLuce”としての活動をしてた美女です。

8月9日放送の「アウト×デラックス」でTBS「ぎぼむす(義母と娘のブルース)」の佐藤健さん演じる麦田章レベルのテキトーな日本語で笑わかせてよかったです。

実は約1年前の「さんま御殿」では滝沢カレンさんの後ろの席で圧倒されたのか、噛み噛みでかわいかったのですが、トークが少なかったので、この夏放送の「アウト×デラックス」でバラエティ再挑戦、無事に笑いをとれることができてましたので、ご紹介します。
<Sponserd Link>



福岡の奇跡、吉崎綾

2018年8月9日「アウト×デラックス」の吉崎さん

マツコデラックスさんが、吉崎綾さんのに天然のひどい言い間違いに斬新と言ってくださいましたよ。

 

差し入れのジュースのORANGEをオランゲと読んだり、打ち合わせの録音音声に誹謗中傷を脂肪吸引、亭主関白を帝王切開と言い間違えの話を。

最高なのが、セルフのガソリンスタンドのことをセフレといったこのかわいらしい顔でのおバカな下ネタの話を。

バラエティ再挑戦で、天然な笑い話を多く披露できてホントよかったですね。

2017年9月19日放送「さんま御殿」の吉崎さん

「さんま御殿」ではテーマ”インテリ芸能人VS最強おバカ軍団が激突! “で初出演。

おバカ軍団の一人でしたが、顔が小さすぎてかわいいからか、それとも前列の滝沢カレンバズーカーの存在が凄すぎた、さんまさんも振りやツッコミが少なかったような気が。

でも、おもしろ回答が出来てましたよ。


吉崎さんの「夢は海賊になりたかった」に関して、出演者のみなさん含めさんまさんがまじめに「今でも、おるからな」「日々、海賊が・・・」という話に「え~、~」の驚いた顔で笑われたり、目標は「色んな役ができる女優になりたいです」で、さんまさんが「たとえば?」と訊くと、「藤原竜也さん」と、周りから「黙っていれば可愛いのに」とツッコミを入れらてましたwww

<Sponserd Link>



最後に

吉崎綾さんは2016年の週刊ヤングジャンプでキャッチコピーが”福岡の奇跡”として表紙に初登場したくらいのかわいさ。

お父さんが日本人、お母さんがスペイン系のフィリピン人のハーフで、小さい頃はフィリピンで過ごしてたため、日本語が「ぎぼむす(義母と娘のブルース)」の佐藤健さん演じる麦田章レベルなんでしょうね。(2018年9月4日の「ぎぼむす」では麦田店長はステッカーをクラッカーと間違えてました、くらいのレベル)

もしかして彼女は日本語だけでなく、「アウト×デラックス」での鶴久さんの話から察すると、感覚が少し日本人離れしてるのかもですね。

<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK