気象庁発表の「ラニーニャ現象」は大雪!? 今年は早めの対策を

南半球

2006年、日本全体で20年ぶりの大雪となり、雪下ろし・除雪関連やスリップ事故などで死者・行方不明者152人、負傷者2,136 人、一部損壊含む家屋損壊4,713棟の被害が発生した。
新潟県津南町では2月5日に最深積雪416cm が記録したほどの大雪でした。

この年の大雪の原因の1つとされているのが「ラニーニャ現象」でした。

気象庁は、「ラニーニャ現象が発生していると見られる」と発表しました。
各メディアで2006年の大雪の被害もふくめ報道しており、各自に対策を求めるメッセージと受け止めないといけないんですが、では、何をすればいいんでしょう?
<Sponserd Link>



大雪対策、豪雪(多雪)地帯と小雪地帯で対策が違う

その前に、ラニーニャ現象とは

太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面水温が平年の基準値より5度以上低くなる期間が6ヶ月以上続くと、ラニーニャが発生したとされます。

ラニーニャ現象で日本の冬が大雪になる理由は

ペルー(南米)沖の海水温が低くなると、東風(貿易風)が強くなり、温かい海水がンドネシア・フィリピンなど(アジア)にたまります。
上空には温かく湿った水蒸気が集まり、雨や雪を大量に降らせる雲ができていきます。
冬には大陸にあるシベリア高気圧の勢力が強くなってくると、低気圧は平年より西寄り(日本の太平洋側近海)に発生するので、西高東低の気圧配置が強まり寒く、大雪の原因となるのです。

 

大雪対策について

小雪地帯、都市部で準備しておきたい、3つのおすすめ対策品

【融雪くん】

玄関前、外階段や車庫前のスリップ防止、アイスバーンが短時間でシャーベット状になる、事前・事後散布とも効果の発揮できる凍結防止剤です。(散布後約30分)
尿素を成分としてますので、従来の塩化剤(塩化カルシウム)と異なり金属の腐食やコンクリートの侵食が少ないため安心して散布できます。
効果てきめんです。

 

凍結防止剤 融雪くん

凍結防止剤 融雪くん            出展:Amazon

 

 【いざっ という時にスプレーチェーン】

雪道でタイヤが滑りやすいときにスプレーするだけでスリップ軽減効果があります。(時速30km以下の走行で最大10km効果が持続)
本商品一本で、普通車(2000ccクラス)のタイヤ約10~15本分に使用できます。

※お気をつけください
・公共道路等でチェーン規制の場合、当商品を使用しても走行は出来ません。
・当商品は、スノーチェーン、スタッドレスタイヤと同等の性能を保障するものではありません。

いざっ というときに スプレーチェーン

いざっ というときに スプレーチェーン                                        出典:Amazon

MRG 靴底用 滑り止め スパイク】

スニーカーやビジネスシューズ、子どもから大人までサイズがあり、雪が降りそうな日は携帯しておき、雪がふったらさっとつけれる。すべり防止に有効です。

靴底用滑り止めスパイク

靴底用滑り止めスパイク 出典:Amazon

豪雪地帯で準備してほしい対策は国や自治体からの支援

雪国では高齢化・過疎化が進行しています。

高齢者は体力や運動機能の低下により作業での危険性がおおきい。
日中は家族が出払って高齢者が雪下ろしをする機会がふえたり、
単独で作業をせざるを得ないため事故発生に気付くのが遅れるなど、
被害につながる要因があげられています。

さらに、雪下ろし作業委託費にかんしての自治体からの支援費は条件にそぐわないことが多く、いき届いてないのが現実です。

株式会社テクノあいずさんの「ヤネラク」は融雪ヒーター線を収納した金属パイプを設置、自己温度制御センサーにより、常に一定量の積雪で屋根雪を融雪して強制落雪されるシステムで、すばらしいとおもいます。

「ヤネクラ」は助成金対象の地域がありますが、それでも高齢者にとっては初期費用が大きく、半額残ります。

「地方創生」を目指す安倍内閣。少しでも住みやすい地方を創生し、過疎化とめていくために、こういったシステムの個人宅設置に予算を割くことができないのでしょうか。

<Sponserd Link>



最後に

豪雪地帯での対策は個々人での対策だけではどうにも厳しいです。
マスコミがもっと報じて、地方自治体がもっと動いていく必要があるんでしょう。

小説地帯の首都圏では雪が少し多く降ると全て麻痺してしまいます。
そうなることを想定して、一番大切なことはけがをしない、けがをさせないために個々人でできる対策を求められてますし、対策すべきとおもいます。

 

雪の足跡

 

 
<Sponserd Link>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

CY

1970年長崎県五島生まれ 現在、家族は妻、息子の2人 品川区在住、品川区勤務 好きな作家:池井戸潤、伊坂幸太郎、真山仁 好きなドラマ:救命病棟24時、医龍 好きな映画:グローリー 好きな女優:石田ゆり子、イングリッド・バーグマン 好きなスニーカーメーカー:PATRICK